ハイテンションなラーメン店

いつもテンションが高めで元気な人もいれば、テンションが低めでクールな人もいる。

数ヶ月前のある日、知人とラーメンを食べに行くことになり、
最近出来たばかりで「美味しい」と評判になっている、とあるラーメン屋に入った。

「いらっしゃいませ!二名様ですか?」
可愛らしいお姉さんが出てきて席に案内してくれる。

席に着いてラーメンを注文し、しばらく待っていると
店の奥の方から、

「は~い!味噌ラーメンあがり~!」

と、威勢のいい声が聞こえてきた。

お!私の頼んだラーメンが出来たのかな。
と思ってワクワクしていると、次の瞬間、
40代ぐらいの店主らしき男性が、ウェイトレスの女の子に超ハイテンションで叫ぶ。

「○○ちゃん、3番テーブルぅ~、

最高の笑顔で行ってらっしゃぁ~い☆」

思わず噴き出してしまう私。
なんなんだこの異様なテンションは。
珍しいキノコでも食べてるんじゃないのか。

尚も、そのハイテンション掛け声を注文があがる度に、

「○○ちゃん、5番テーブルぅ~、

とびっきりの笑顔で行ってらっしゃぁ~い☆」

とか、バージョンを変えながら発する店主。

ラーメンを食べる前に私、

腹筋崩壊寸前。

ウェイトレスの女の子たちの目が、明らかに冷たい目になっているのが、また笑いを誘う。

笑っちゃいけない、笑っちゃいけない。ここで笑うのは失礼にあたる。
と、笑いを堪えようとすればするほど、

込み上げてくる笑い。

なんでここの店主こんなにハイテンションなんだろう。
普段からああいう人なのかな。
客の前で思いっきり名前(ニックネーム)呼ばれちゃってるけど、ウェイトレスの女の子たちはイヤじゃないのかな。

そんなことを思いながら、出来上がったラーメンをすする。

その時だった。

「ご来店のお客様に、ここでお知らせがあります!」

店主の大きな声が店内に響いた。

何事だ!?
と思いつつも、声のする方向を絶対に向こうとしない私。

なぜならば、向いた先に、

とってもお寒い光景が待ち構えているのが分かりきっているからだ!

そして次の一言で全ての謎は解けた。

「今月○日の○○(地元のローカルテレビ番組の名前)
当店が紹介されることが決まりました!是非ご覧になってください!!」

店内 : しーーーーーーーーーーーーーーーーん

どうやら店主は、自分の店がテレビで紹介されるのが天にも昇るほど嬉しくてモチベーションが上がり過ぎてしまい、
それが原因で、誰もが引くほどの超ハイテンションになってしまっていたようでした。

なるほどね、なるほどね。
それが嬉しかったんだね。
テレビに出れるとなったら舞い上がっちゃう人とかたまにいるもんね。
解るよ、解る。うんうん。なるほどなるほど。

だがあえて言おう。

私は浮き足立った中年が見たくてここに来ているのではないと。

その後、知人と車の中でさっき起こったラーメン屋での出来事を
「俺もう笑いを堪えるのに必死だったよ(爆」
と、振り返りながら帰りました。

味はさすがに評判になっている店だけあってホントに美味しかったです。
ホントに美味しいから、いずれこのブログでもキチンと紹介したいと思っています。
その時は、「以前記事で書いたハイテンション店主の店ですよ~!」とは書かずに、素知らぬ口調でコッソリと書きますが。(笑

次は、店主のテンションが落ち着いた頃に行きたいなと思うのであります。

人気ブログランキング ← 人気ブログランキング - クリックすると良いことが起こります。私に。

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top