高知空港緑の広場

今回は、『高知空港緑の広場』の楽しさをお願いだから教えて欲しい!
『高知空港緑の広場』の楽しさが、心の底から知りたいんだ!
むしろ、『高知空港緑の広場』こそが世界の中心だと思っている!

という皆様のご期待にお応えして、前回に引き続き、『高知空港緑の広場』の楽しさを、自分で体感してご紹介したいと思います。

トリム広場

猫たちと遊んだ海の方からテクテクと歩いて、遊具があるゾーンにやって来た。
遊具のあるゾーンは、『高知空港緑の広場』の中でも、『トリム広場』と呼ばれるようです。

いや~、いろんな遊具があります。
平日の昼間に行ったのですが、ソコソコ人がいて、孫かひ孫を連れた爺ちゃんや小さい子を連れたお母さんが、
12月とは思えない春のようなポカポカ陽気の中で、キャッキャと遊んでいるのでありますね。

これは俺もキャッキャと遊ぶしかないな。
郷に入れば郷に従えだ。
ここは童心に返るしかない。

と思ったら、本当に童心に返ってしまうタチでして・・・。

滑り台

キャッキャ☆

滑り台

キャッキャ☆

竜一に遊具。
それは、出逢ってはいけない禁断の組み合わせ。

つーかね、滑り台の横に靴を脱いでいる辺り、ヤラセ感満載ですいませんね。

ともあれ、大人も子供も楽しめるとっても楽しい『高知空港緑の広場』
お友達、ご家族、ご近所、知らない人、お誘いあわせの上、行ってみると良いかもしれませんよ。


大きな地図で見る

人気ブログランキング ← 人気ブログランキング - ドンブリをセンターに合わせてクリック!

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top