ベトナム料理・XUAN(スアン)

私が子供の頃。
高知は本当に田舎だった。

飲食店も少なく、
ラーメンと言えば、『豚太郎』
うどんと言えば、『ビックうどん』
そのぐらいしか、選択肢が無かった。

そう言うと若干大袈裟なのだけど、
あながち間違ってもいないと思う・・・。

そんな高知にも、
近年、異国の料理を扱うお店が増えてきている。

今日、レポートするのは、
高知市にある、ベトナム料理のお店。

「いやぁ~、
高知でベトナム料理が食べられるなんて、嬉しいね~♪」

嬉しさの余り、
数十キロの道のりを、スキップして行った。

どれぐらい、
スキップしただろうか・・・。

疲れ果て、足は棒のようになり、
「ボクもうスキップ出来ないよ・・・」
と泣きそうになっていた頃に、着いた。

ベトナム料理・XUAN(スアン)

『ベトナム料理・XUAN(スアン)』

『暖流ビル』である。

ベトナム料理・XUAN(スアン)

当然、カツオのように、
暖流に乗って2階にあるスアンまで上がった。

ベトナム料理・XUAN(スアン) おしぼり

大きな窓から柔らかな光が射し込む店内。

それほど広くはなくて、
6つほどのテーブル席があるのみ。

入り口に近い席が、
ちょうど一席だけ空いていた。

席に座った竜一。
テーブルの上に置かれている、
ある物に目を奪われた。

ベトナム料理・XUAN(スアン) 箸置きが可愛い

(゚Д゚ )アラヤダ!!
箸に蝶が止まっているわ・・・!
なんか羽が固いんだけど、新種かしら・・・!

新種だったら、自分が命名しちゃっていいのかな♪
「リュウイチモンシロチョウ」とかって付けちゃおうかな♪

青なのに・・・!
“モンシロ”・・・!(`ω´)グフフ

夢はドンドンと膨らんだ。
膨らんだのだけど、よく見てみると、
蝶は新種ではなく、箸置きだった。

ちぇっ!
来月の学会で発表しようと思っていたのに・・・!

ベトナム料理・XUAN(スアン) フォーセット生春巻き

ゴタクを抜かしている間に来た。

『生春巻き』

説明しよう!
『フォーセット』とは、
“生春巻き、焼飯、海鮮フォー、デザート”がセットになった、
とってもお得で皆様に大満足して頂けるセットなのである・・・!

実は、竜一。
数年前まで、生春巻きが大嫌いだった。

美味しいと、感じなかった。

皮のムチャムチャとした食感が、
自分には合わないと思った。

だが、
生春巻きには作り手の腕の差が、かなり出る。
上手な人が作れば、本当に美味しいものなのだ。

いろいろと食べている内に、そのことに気が付いて、
それからは、生春巻きが少し好きになった。

そして、スアンの生春巻き。

皮は、モチモチ。
包まれた食材は、シャキシャキ、
ブリブリと砕けて瑞々しい。

生春巻きが、大好きになった。

好きよ・・・。
好きよ・・・さk・・生春巻きちゃん・・・。

ベトナム料理・XUAN(スアン) フォーセット 焼飯

『焼飯』

ベトナム料理・XUAN(スアン) フォーセット 焼飯アップ

「ベトナムにも焼飯があるのかな」
そう思って調べてみると・・・。

あった・・・!

そして今ココに、
新たなる法則が生まれた・・・!

アジア人は、焼飯が好き・・・!

ベトナム料理・XUAN(スアン) フォーセット 海鮮フォー

『海鮮フォー』

ベトナム料理・XUAN(スアン) フォーセット フォー 麺アップ

箸が透けて見える、麺。

ベトナム料理・XUAN(スアン) フォーアップ

ホタテ、エビがゴロゴロと入ったスープ。
野菜は生に近い状態で、歯応えが良い。

ベトナム料理・XUAN(スアン) フォー スープ

素材の旨みはスープに溶け、
麺と共にアジアの風を生み出して調和する。

見えたっ・・・!
今・・確実に・・・!

ベトナムの町並み・・・!
ハロン湾がっ・・・!

麺を食べ終わり、
いつものように、器に口を付けてグビグビとスープを飲み始めた竜一。
(基本的に竜一は余程不味くない限りスープも一滴残らず飲み干します)

隣の席では、
オシャレな服装の若いお姉さん二人が談笑する。

その時、襲った、
とてつもない・・違和感・・・!

あかん・・・!
ここは客層からして普段とは違うんや・・・!

ドンブリ・・・
いや・・器に口を付けて飲むなんてダメッ・・・!

ドンブリ、ダメ、ゼッタイ・・・!

こういう場所では・・・!

レンゲ・・・!
レンゲを使うんや・・・!

そうして、慣れないレンゲを使い始めたのだけど、
段々と面倒になってきちゃって、5,6回すくったところでやめて、
結局、器に口を付けて飲んでしまった。

やっぱり・・・その方が旨い。

以下、『ロータスランチ』

※ 一杯のうどんを食べた記事が3部作になってしまう私が、
これについて感じたことを細かく書いて行くと5部作ぐらいになっちゃうんで、
ロータスランチについては、料理名のみを記載します。(;^ω^)

ベトナム料理・XUAN(スアン) ロータスランチ 前菜

『前菜』

ベトナム料理・XUAN(スアン) ロータスランチ ミニフォー、四万十鶏とウ卵の炒め

『ミニフォーと卵焼き』

ベトナム料理・XUAN(スアン) ロータスランチ 四万十鶏とウ卵の炒め

『四万十鶏とウ卵の炒め』

ベトナム料理・XUAN(スアン) デザート

『デザート』

普段、荒々しい店ばかり行っているせいで、
穏やかな環境に慣れていなくて、始めは少し居心地が悪かったのだけど、
それは最初の内だけで、次第に慣れて行き、
むしろ帰る頃には、スアンに住民票を移そうかなと検討するほどだった。

帰り際。
出て来た扉を振り返る。

あの中にあるベトナム。
高知に居ながらにして来られるベトナム。

また来よう。
スアンの旨さの魔法が解けた頃にまた来よう。

ベトナム料理・XUAN(スアン)

◆ ベトナム料理・XUAN(スアン)
営業時間 11時30分~14時30分・17時~22時(21時オーダーストップ)
定休日 月曜日
駐車場 無

(フォーランチ900円、ロータスランチ1050円(ご飯をフォーに変更したので240円増しでした(´ω`*)))
『ベトナム料理・XUAN(スアン)』の場所はココ!

人気ブログランキング!倍プッシュだ!
1位になったら竜一が全裸になると言われているランキング。

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    竜一さんもこんなお洒落なところに行っているのですね。
    うどんもイイけど、フォーも?
    私もベトナム料理、行ってみたいなぁ~。
    チャーハンはベトナム風なのかな?

  2. SECRET: 0
    PASS: 5db5629a087c4faf035445ac6dc643df
    なんだかおいしそうです!
    行きたいな~1番気になるのが駐車場なんですぅ~
    だって刻々とお金マシーンが回るもの・・・
    そんな中、明日3日(水)は高知大学農学部(空港北)ですが、各国留学生料理もありますので生姜取りが忙しいでしょうが、楽しみに来てくださいね♪

  3. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    うどんもイイけど、フォーも・・・と言うか、
    このごろ、麺だったら何でも良くなってきました・・・・・。(T▽T)アハハ

    チャーハンは、ベトナム風がどんなのかよく分からないから何とも言えないんですけど、
    たぶんベトナム風です!!

  4. SECRET: 0
    PASS: 4f44d48564d1f24e93fae513b11d0069
    高知市中心部にあるお店は、どうしても駐車場が問題になってきますよね~。(;^ω^)

    料金メーターに追われているような感じがして、
    ゆっくり食べたり買い物をしたり出来ない部分は、たしかにあります。(苦笑

    高知大学農学部のイベントがあったんですね~。
    生姜掘ってて行けなかったです~。(;ω;)

コメント投稿

*

Return Top