自家製 手打ちうどん めんどーる 前編/アルデンテの隠れ家

発端は、紅千鳥さんのブログだった。
いの町、天王ニュータウンにフッと現れた新星『ちっ子亭』に出向いた千鳥さんは、
その際に、『めんどーる』という名のうどん屋を見つけたと記していた。

<めんどーる・・・!聞いたことがねぇ・・・!>

さらに、千鳥さんに端を発して行かれた山雀さんのブログの記事を読んでも、
その「めんどーる」は、数年前には存在を確認されている店で、新店では無いらしい。

<なるほど・・・!つまり「めんどーる」は・・・!
今の今までゴク限られた人にしか知られずに・・・!
天王の住宅街の中で・・・ひっそりと佇んでいたというわけか・・・!>

そう考えると、なんだか神秘的なものを感じる。

かつて、ペルーの奥地の山の上に、
『マチュ・ピチュ』を発見した人も、
きっと体感したに違いない、ワクワクと高揚した気持ちが高まる。

<聞けば・・・めんどーるの本職は喫茶店・・・!
だが・・・!そのうどんは手打ち濃厚な気配・・・!>

マチュ・ピチュみたいな喫茶店が打ち放つ・・・!
正真正銘の・・・手打ちうどん・・・!か・・・!

神秘性たっぷり・・・!
抜群に面白い・・・!

こんな未知なる魅力に溢れた店には・・・!
そうそう出逢えるもんじゃねぇ・・・!

迷いは無いっ・・・!
幾ばくもっ・・・!

行けっ・・・!分け入れっ・・・!
一寸先も見えぬ・・・アルデンテの密林へっ・・・!

“竜一・・・目指す・・・!
ちっこ亭以来・・・再びの天王・・・!”

<まったく・・・!今年は・・・!
いの町やら土佐市に・・・よく行く年だぜ・・・!>

自家製 手打ちうどん めんどーる

『自家製 手打ちうどん めんどーる』

<近い・・・!ちっ子亭のスグ近く・・・!歩いても5分かからねぇ・・・!
ちっ子亭の向かいにあるサンプラザの西・・・脇にある道を南に進入すれば・・・!
瞬間・・・見える・・・風に揺らめく・・・”手打うどん”と書かれた・・・のぼり・・・!>

こんなに近くに・・・もうひとつ・・・!
うどん屋があったとは・・・!

ちっ子亭に行った時・・・ちっ子亭を行き過ぎちゃって・・・!
車を回すために・・・この道に進入したのに・・・まったく気が付かなかった・・・!

物事は・・・一歩引いた視点から見てなきゃダメ・・・!
がっつく奴は・・・目の前のアルデンテをも獲り逃すっ・・・!

<が・・・世はネット社会・・・!
大いに助かった・・・追ってて良かった千鳥足の行方・・・!
俺はアルデンテを獲り逃さず・・・!逆に取り込んでみせるっ・・・!>

自家製手打ちうどん めんどーる 店内

入ったソコは・・・異空間・・・!
インテリア・・・小物が漂い知らす空気感は・・・!
若干にアジアンテイスト・・・!そんな風にも感じる・・・!

「めんどーるうどん・・・!?」

メニューのトップに記載された・・・!
店名を冠したそのうどんに・・・竜一の目はクギヅケっ・・・!

<なんだこれっ・・・どんなものなんだろう・・・!
んんっ・・・でも大体・・・店名を冠したうどんは・・・!
その店のトッピング全盛りみたいなのが定番だから・・・そういうのかな・・・!>

だけど・・・!それにしたら・・・!
五目うどんよりも20円安い値段設定が解せないっ・・・!

<五目うどんほど高価なものは盛っていないのか・・・!?
だとすれば・・・なんだ・・・!何を盛っている・・・!
ぐっ・・・ぐっ・・・!まるで想像が付かない・・・!!>

“ワケも分からぬまま・・・!
竜一・・・めんどーるうどんをオーダー・・・!”

<正直言って・・・どんなうどんが出てくるのか・・・皆目検討も付かねぇ・・・!
めんどーるうどんの仕様を聞くことぐらいは・・・さすがに出来る・・・!
だが・・・!あえて聞かねぇのさ・・・!!>

分からないほうが面白い・・・!

恋はミステリー・・・!
恋は謎から始まる・・・!

めんどーるうどんの答えを聞いて・・・!
だったら要りません・・・なんて抜かすぐらいなら・・・!

(どんなうどんが来るのかなぁ・・・!
あんなのかなぁ・・・こんなのかなぁ・・・!)

なんて想像して・・・!
ワクワクしながら待ったほうが・・・!

断然に面白いっ・・・!

「当店は切りたて湯がきたてを食して頂くため、
少々お待たせする場合があります」

メニューに記載された・・・この文言どおり・・・!
登場までの待ち時間は少しあった・・・!
が・・・それでも他の一般店と比較して・・・気になるほどの待ち時間ではない・・・!

<喫茶店は・・・!久し振りだな・・・!
野市の『ショパン』以来・・・!それでも10ヶ月ぶりか・・・!
思ったより・・・!経ってねぇんだな・・・!!>

“朝はモーニングよりもオバ=ア汁・・・!
うどんが食べれでもしない限り・・・!
喫茶店に行くことが・・・まったく無い男は・・・!”

束の間の喫茶店の雰囲気・・・!
それを・・・スッカリ楽しんでいた・・・!

<通常のうどん巡礼の中では味わえない・・・!
知らない世界に来たみたいな・・・!この波長・・・!
やっぱり・・・めんどーる・・・!マチュピチュっ・・・マチュピチュっ・・・!>

天王の丘の上に築きあげられし・・・!
空中アルデンテ都市・・・めんどーる・・・!

その歴史の扉が・・・!
迫り来る軽快な足音と共に・・・!
今・・・開かれる・・・!

(後編へ続く・・・!)
『自家製 手打ちうどん めんどーる 後編/個性の強打』

押して頂けると励みになります!
【人気ブログランキング】
押してでふ!

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By れみれみ

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    久しぶりに竜一さんのブログに飛んできました。
    メイド服の竜ちゃんではなく「馬と竜一くん」?・・・でも内容が「うどん」で確信。
    「うどんの」ブログなのに 推理小説を読んでる気分になりました。続きが楽しみです。
    楽しいひと時をありがとうね。((れみれみ)

  2. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    そろそろメイドも飽きてきたので、次は何にしようかと考えたときに、
    メイドと来たら、次はやっぱ馬に行くのが常識かなーとか思いまして、それで・・・。(*´σー`)エヘヘ

    うどんを食べるときは、いつも心理戦ですわー!(^ω^)

コメント投稿

*

Return Top