こってり味噌ラーメン 鈴木食堂 | 生姜農家の野望Online

こってり味噌ラーメン 鈴木食堂

霜っ・・・霜っ・・・!
霜っ・・・!!

毎朝・・・!大地を凍りつかせ・・・!
実力・・・真価を見せ付ける・・・!冬将軍っ・・・!

<いやぁ・・・!ありがたいなぁ・・・!
身体の芯からキンキンに冷やしていただけてっ・・・!>

ありがたいなぁ・・・!

<これまで・・・冬とは思えないほど暖かかったのに・・・だよ・・・!
冬将軍ってば・・・!ここに来て・・・!突然の本気モード・・・!!>

いやぁ・・・ありがたいなぁぁぁ・・・!
ぼかぁ・・・旬の寒波を体感しているよっ・・・!

“この時、竜一の体感温度はマイナス2000℃。”

<おおぉぅっ・・・!それにしてもクソ寒いっ・・・!
今にも凍りつきそうだ・・・!!>

“寒いっ・・・!寒いっ・・・!
竜一・・・これだけ寒いと・・・伝家のうどんを回避してでも・・・!
こってり・・・熱々のラーメンが食べたくなる・・・!なってしまうっ・・・!”

「あぁっ・・・!
それにしても味噌ラーメンが食べたいっ
・・・!!」

<そうさ・・・!そうなんだよ・・・!
寒い日にはラーメン・・・味噌ラーメンが食べたくなるんだよっ・・・!
こってり豚骨も捨て難いが・・・今日は味噌だ・・・!断じて味噌の気分・・・!>

それも軽いのじゃなくて・・・!重たいのっ・・・!
ズッシリ胃に落ちるみたいな・・・!

こってり味噌ラーメンがイイッ・・・!

<でも・・・こってり味噌ラーメンっつったって・・・!
コレという店が思いつかねぇ・・・!>

どうすれば・・・!どうすれば・・・!
迷える子羊農民はどうすれば・・・!

神様っ・・・!

“その時、
竜一に、電流走る。”

<そういえば・・・!前に西のほうへうどんを食べに行った際・・・!
それこそ・・・”こってり”と”味噌”の両方を満たしてくれそうなラーメン店が・・・あったなぁ・・・!>

畑から・・・!
ひとっ飛び・・・!

鈴木さんちへっ・・・!

こってり味噌ラーメン 鈴木食堂

『こってり味噌ラーメン 鈴木食堂』

<来たよぉ・・・!来ちゃったよぉっ・・・鈴木さんちに・・・!
配色がいいなぁ・・・白に黒っ・・・!これだぁ・・・!>

到着した瞬間には、店前の駐車場は満車。
店の裏側にも駐車場があると書かれていたから、裏側に停めた。

こってり味噌ラーメン 鈴木食堂 店内

大きく二部屋に分かれているような、変わった造りの店内。

入ってスグにある空間はほぼ満席だったから、どうしたものかと一瞬躊躇したけれど、
U字型の構造になっていて、奥に進んで行くと、さっきの空間とは壁を隔てて、もうひとつ空間があり、
そこは空いていたから、ヨシヨシと着席。

<これは面白いなぁ・・・この店内の構造は面白いよぉ・・・!
渡辺篤史だったら二時間・・・!最低でも二時間は眺め倒すだろぉ・・・!>

注文。

<さて・・・どうする・・・味噌か醤油の二択・・・塩や豚骨は無い・・・!
んんん・・・!やっぱり味噌か・・・!味噌ラーメンいっとくか・・・!>

で。

<上に乗せるもの・・・!ノーマル・・・唐揚げ・・・豚バラ・・・バターコーン・・・!
うぅん・・・!カツだな・・・あぁ・・・圧倒的にカツだ・・・!味噌カツだ・・・!!>

だって、高知県民だもの。

暫し、待機。
竜一、瞑想。
のち、登場。

こってり味噌ラーメン 鈴木食堂 味噌カツラーメン(大盛) & 半チャーハン

『味噌カツラーメン(大盛) & 半チャーハン』

こってり味噌ラーメン 鈴木食堂 味噌カツラーメン(大盛)

青龍・・・舞うドンブリ・・・!
カツ・・・!ドガーンッ・・・!
チャーシュー・・・!べろーんっ・・・!

褐色の衣を剥き出しにして・・・!
襲い掛かってくる鈴木食堂っ・・・!

こってり味噌ラーメン 鈴木食堂 味噌カツラーメン アップ

味噌の歪から放たれる・・・!
ネギとモヤシと豚と豚っ・・・!!

<おやおや・・・!これは大変なことになっているぞ・・・!
一口カツじゃなくて・・・!バリバリのトンカツだぁぁぁ・・・!
その下に・・・これまたバリバリのチャーシューが涼しい顔で居座っていやがるという・・・!>

天使の誘惑っ・・・!

<へんしも・・・!へんしも食べておかねぇと・・・!
コイツは・・・俺をラーメン派に転向させかねない・・・!>

こってり味噌ラーメン 鈴木食堂 味噌カツラーメン 麺アップ
(※ 北海道の『西山製麺』という製麺所から、直送で仕入れているらしい、卵入り中太ちぢれ麺)

行くぜ・・・!ズルリと・・・!

<ぐっ・・・!コイツ・・・グリングリンにちぢれてやがるっ・・・!
そのちぢれている部分で・・・!スープを絡め取って・・・!>

ひたすらに・・・!あぁっ・・・!ただひたすらに・・・!
ゴンッゴンッ絡めて・・・!釣り上げてくる・・・!

入れ食い・・・!
入れ食い食堂っ・・・!

こってり味噌ラーメン 鈴木食堂 味噌カツラーメン スープ

“こってり”と言っても、むせる様なドギツイこってりではなく、
クセも感じず、想像していたより、飲みやすいスープ。

しかし、弱いわけではなくて、
コク、奥行きの深さでシッカリと主張してくる雰囲気。

スープの中には、千切りにされたニンジンやタマネギも沈む。

すすりつつ飲みつつ・・・。

こってり味噌ラーメン 鈴木食堂 半チャーハン

ラーメン、時々、半チャーハン。

こってり味噌ラーメン 鈴木食堂 ギョーザ

さらに、ギョーザ。

<ラーメン屋に来ると・・・ギョーザはイッてしまうなぁ・・・!
代金高うなりはるなぁ・・・思うても・・・!ギョーザやからなぁ・・・!
お金”ぎょうざ”ん要っても・・・まぁしゃあないかなぁ思うて・・・どうしてもイッてまうんやわぁ・・・!>

こってり味噌ラーメン 鈴木食堂 からあげ醤油ラーメン

『からあげ醤油ラーメン』

味噌推しの鈴木食堂の片翼を担っている醤油、
その「からあげエディション」

重量級の唐揚げが、三役揃い踏み。
そして、やはりチャーシュー、べろーん。

ドス黒くなく、
茶色っぽい色をした醤油スープである。

満腹。

食べ終えて、外に出ると、
突き刺してくる冬の冷気。

吐く息が白い。

スープの温もりが逃げない内に、
車へ急いだ。

こってり味噌ラーメン 鈴木食堂

◆ こってり味噌ラーメン 鈴木食堂(高知市城山町)
営業時間/11時30分~22時30分
定休日/無
駐車場/7台(店前と店裏)

(味噌カツラーメン980円、からあげ醤油ラーメン890円、ギョーザ300円、
半チャーハン・ラーメンの値段+300円、大盛100円増)
『鈴木食堂』の場所はココっ・・・!

押して頂けると励みになります!
【人気ブログランキング】
押してでふ!

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)

『こってり味噌ラーメン 鈴木食堂』へのコメント

  1. 名前:夏子 投稿日:2011/12/26(月) 11:39:12 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そうそう~ココは昔っから豚太郎だったのに~お店の名前が変わってるって思ったの☆
    こってり味噌って文字見ると國丸想像しちゃって~味は豚太郎と違う?
    チャーハンとギョーザの誘惑って絶大だよね~。゚(゚^∀^゚)゚。

  2. 名前:ぱーこ 投稿日:2011/12/26(月) 22:39:20 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ここはおすすめ絶対おすすめ(`・ω´・)b

    しょうゆラーメンたのんだけど、しょうゆらしからぬ汁が、いや、スープがうまい!

    チャーハンやけに塩辛かったです(´・ω・`)

  3. 名前:竜一 投稿日:2011/12/27(火) 08:40:02 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    豚太郎とはまったく違う味ですねー。(;^ω^)
    鈴木食堂は、それこそ、いわゆる「高知ラーメン」っぽくなくて、
    ツボにはまる人も多い味じゃないかと!(^ω^)

  4. 名前:竜一 投稿日:2011/12/27(火) 08:43:32 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    味付け、ちょっと濃い目かもしれないですねー。
    トンカツも塩コショウが結構利いている感じがしたので。(^ω^)

  5. 名前:リカ 投稿日:2011/12/27(火) 18:25:47 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私、醤油ラーメン食べた~。
    なんかなんとか玉子いうののせて。。。

    あえて醤油にしてみたよヽ(´▽`)ノ

  6. 名前:竜一 投稿日:2011/12/28(水) 08:38:42 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    実は、リカさんのブログの記事、鈴木食堂に行く前に見てました。(*´σー`)エヘヘ
    あえての醤油にはウケました。(TωT)アハハ