うどん・そば処 味里 前編/記憶の糸、辿って | 生姜農家の野望Online

うどん・そば処 味里 前編/記憶の糸、辿って

讃岐ほどでは無いにしても、
土佐にもたくさんのうどん屋さんがある。

「行きたくても、なかなか行けない店」
それは多い。

切望する小麦から成りし麺線。

日々の農業との兼ね合いさえ付けば、
スグにでもアクセルを踏み込んで逢いに行きたかった。

コインパーキングに車を停めて、
高知市中心部の静かな裏通りを歩く。

穏やかに吹く風からは、
畑でいる時みたいに土や草の香りはしてこないけれど、
それでも、ゆったりと時が流れる週末のこの界隈の空気感は素敵だ。

「カツカツ」とアスファルトの上で靴を鳴らしながら、のんびりと歩いて到着。

うどん・そば処 味里

『うどん・そば処 味里』

5~6年ぶりだった。
久々に対峙する、味里。

<看板・・・綺麗になってないか・・・?>

遠い記憶と、目の前にある現在を照らし合わせながら呟いた。

<濃紺に白・・・!
いいな・・・この配色っ・・・!>

年季の入った木の戸をソロリとスライドさせて、踏み入る店内。

彼方に霞んでいた記憶よりも一回り小さく映ったその中で、
中年男性ばかり数人が、「ズルズル」と軽快なリズムを刻んで麺をすすっている。

そして、これまた年季が入って、
良い具合にくたびれた深い茶色のカウンターの向こうには、
店の看板と同じ色の服を着たおばちゃんが3人ほど見えた。

カウンター席のみの『味里』
厨房を囲む正面のカウンターは満席に近かったから、
店の周囲の壁に沿って設けられたカウンター席に座る。

目を向けるは、壁に貼られたメニュー。

<以前来た時は、たしか味里名物のカレーうどんを食べたよな・・・
店の記憶はかなり薄くなっていたけれど、カレーうどんの感じはよく覚えている・・・
それだったらカレーの対極・・・あえてのシンプル路線で勝負するか・・・!>

チラリ。
背中側にある厨房に視線をやる。

一番近くにいるおばちゃんの位置、確認。

振り絞る、なけなしの声量!

「す・・・すいませぇ・・・ん・・・!」

だがっ・・・!
おばちゃん反応なしっ・・・!

他二人のおばちゃんも、
コチラを見向きもしてくれず、まったく聞こえていない様子。

<めげるな・・・もう一度・・・!
いけっ・・・腹の底から振り絞れ・・・!
出せば出るさ・・・!圧倒的声量っ・・・!>

自分に言い聞かせて、
再度、発す。

「す・・・す・・・すすすす・・・すいま・・せ・・ぇ・・・ん・・・!」

劣化した。

一発目のほうがまだマシだった・・・!

<くそっ・・・ダメか・・・!
万事休す・・・注文不能っ・・・!>

かなり困っていた私に奇跡が起きたのは、
数秒の間を置いた後だった。

下を向いて何かを作っていたおばちゃんが、
コチラに顔を向けたではないか。

「はぁーい!」

えっ・・・!おばちゃん聞こえてたんやん!反応遅くないか・・・!
いや・・・それか・・・”なにか聞こえた気がする”と思って顔を上げたら、
俺と目が合ったから反応したのか・・・まぁそんなことはいい、とにかく注文・・・!>

この局面・・・重い手は要らない・・・!
軽い手でシンプルに・・・!

「ぶっ・・・ぶっかけ・・・!」

(後編へ続く・・・!)
うどん・そば処 味里 後編/アルデンテの独奏

押していただけると励みになります!
【人気ブログランキング】
押してでふ!
スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)