手打ちうどん たも屋 春野店

2012!春の四万十ぶらり旅!
「手打ちうどん たも屋 春野店」 → 『四万十へ、新風追いかけて』 → 『UDON KUA’AINA (うどん・クアアイナ)』
→ 『西の西、足摺岬へ』 → 『道の駅 めじかの里・土佐清水』 → 『足摺海洋館』 → 『竜串海岸』 →
『グッバイ!土佐清水!』 → 『いろりや 肉醤油うどん & 力豚のカレーうどん』 → 『番外編』


うどん屋からうどん屋へ。
長く様々なうどんを食べ歩いていると、ますますわからなくなってくる。

なにが私をうどん屋へと向かわせているのか。

美味しいうどんに出逢いたいからだと思っていた。
けれども、それはおそらく違う。

自分の好みに合致する美味しいうどんを提供してくれる店は、すでに何軒か心にある。
美味しいうどんが食べたい、ただそれだけであれば、その数軒にだけ行っていれば良いからだ。

それに美味しいうどんが食べたければ、
当然、讃岐うどんの本場、香川県にもっと行くべきだろうけど、
実は私の中には、うどんは絶対に讃岐でなくてはならない!という讃岐至上主義的なものは無い。

旨ければ「伊勢うどん」でも「吉田うどん」でもなんでもかまわない。

そして、ここ数年で私が辿ったうどん食べ歩きの経路を眺めると、
ほとんどは高知のうどん屋で、むしろ私は高知うどん至上主義なのか、
と、そんなつもりはまったく無かったから、余計に困惑してしまう。

<なんだ、なにを求めて私は高知のうどん屋ばかりに通っているのだ・・・!>

答えが出ないまま、私は次のうどん屋へと向かう。
しかも、これから行こうとしているうどん屋は、香川よりも遠い。

高知県西部、四万十市だ。

もちろん日帰りの予定で、
その四万十のうどん屋に行くこと以外、予定はなにも立てていないが、
行き当たりバッタリのこの短い旅は、楽しい旅になる予感が漠然とする。

目指す店は新規店だが、
先に食べたうどん好きの人々のあいだでも、なかなか評判が高い様子。

四万十まで行って麺切れで食べられなかった、なんていうオチは最悪だから、
安全牌である「開店勝負」を仕掛けるために、朝から西進する。

手打ちうどん たも屋 春野店

『手打ちうどん たも屋 春野店』

途中、春野町の「たも屋」で朝ごはん。
8時から開いているのが、ありがたい!

「南国店」が出来て以来、めっきり来なくなった高知一号店の「たも屋」と、数年ぶりの再開。
入って右側に飲食スペースがあるのは覚えていたけれど、左側にもあったことは忘れていた。

その左側の飲食スペースでは、
小さな子を二人ほど連れた家族が、テーブルを囲んでうどんを食べている。

朝からなんだか”ほのぼの”とする光景だ。

私の注文は、異例の小。

いつも「たも屋」では「特大」だが、
今回はこの約3時間後に“未知なるうどん”と闘わねばならないから、
ここで特大勝負するのはあまりにも危険すぎる。

それに「七子峠」辺りの登りながらのクネクネで、
特大3玉が”無事の生還”を遂げてしまったりしても大変である。

<今回は小で堪忍・・・!>
とカウンター越しに念を送り込みながら、男性店員さんに注文。

<大したことないのう竜一・・・四万十の店にビビッてウチでは小かいや・・・!>
なんて念を返されると覚悟していたけれど、意外にも笑顔で丼に麺を入れて渡され、
5秒から10秒ほど温めてくれと、南国店でもお馴染みの、いつものセリフを言われた。

たも屋春野店の優しさに触れて嬉しくて半泣きになりながらも、
「5秒から10秒ほど」のあいだを取って、7秒温めた。

南国店でも毎回私は7秒。

ラッキーセブンである。
(ジェット風船飛ばさなきゃ!)

<盆に付いている”滑り止め”の量が南国店よりも多い気がする・・・!
そうか・・・そういうことかっ・・・春野は南国よりも滑らないっ・・・!

などと盆を眺め回しながら、会計して着席。

手打ちうどんたも屋春野店 ゲソ天 on the かけうどん(小)

『ゲソ天 on the かけうどん(小)』

さすがは春野。
南国よりも、あじさい街道風味。
“春野出汁”が効いている。

南国みたいな“龍馬空港ジェット風味”は無いけれど、
その分、駆け抜けてくる、春野が全力疾走で。

食べて飲み干し私は目指す、
西を目指す、まだ見ぬ麺線を求めて・・・。

(つづく・・・!)
「手打ちうどん たも屋 春野店」 → 『四万十へ、新風追いかけて』 → 『UDON KUA’AINA (うどん・クアアイナ)』
→ 『西の西、足摺岬へ』 → 『道の駅 めじかの里・土佐清水』 → 『足摺海洋館』 → 『竜串海岸』 →
『グッバイ!土佐清水!』 → 『いろりや 肉醤油うどん & 力豚のカレーうどん』 → 『番外編』

手打ちうどん たも屋 春野店

◆ 手打ちうどん たも屋 春野店
(高知県高知市春野町弘岡下3454-1)
営業時間/8時~14時30分
定休日/無
営業形態/セルフ
駐車場/有

『たも屋春野店』の場所はココ・・・!

押していただけると励みになります!
【人気ブログランキング】
押してでふ!

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント

  • Comments ( 9 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By かくれんぼみお

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    えっ(≧∇≦)四万十市ですか(^_^)v楽しみです。
    春野のたも屋さん
    ステキな笑顔いいですね(≧∇≦)温かい気持ちになります。
    で、明日も ワクワクます(≧∇≦)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まさかあの店・・・っ!もしや乾麺?
    ガッテンガッテン!!

  3. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    去年の夏以来の四万十です!
    四万十まで早く高速道路が通れば良いですねー!
    そしたらもっと行きやすくなるんですけど。(;^ω^)

  4. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    すいません、暫く考えましたが、ちょっと意味がわからないです・・・。(T▽T)

  5. By まるまる

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    四万十市は遠いですよね!

    私は、もっと遠い土佐清水市で育ちました。
    3時間半・・・・。

    凄い田舎ですが海は綺麗です。
    四万十市にはとんぼ公園があり、小川が流れてるんですが、そこに赤ちゃんの拳くらいの
    おたまじゃくしがいたんです。
    どんなカエルになるんだろう??

  6. By れみれみ

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    竜ちゃん 「うどん」に対する思い(あい)が深すぎて・・・・・ついていけないです。 ごめんなさい(>_<)

    でも 続きが気になる。

     

  7. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    実はこのあとちょっと土佐清水のほうにも行きますよ!
    四万十市も遠いですが、土佐清水は本当に遠かった!(T▽T)アハハ

    そのおたまじゃくしは、かなりの大物になりそうですね・・・。(;・`д・´)

  8. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    たまに「この人普通じゃねぇ!」と思われる箇所があるかもしれませんが、
    そこは上手いこと読み流していただけると、より良いです!☆(ゝω・)v

  9. By れみれみ

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はい。そこは、上手く読み流し 自分なりに 楽しみますね。      

コメント投稿

*

Return Top