セルフうどん さぬきや 後編/饒舌の釜玉

前編を読む


そろりと戸を開けた。

セルフ店だということは、
事前の調査でわかっている。

注文カウンターまで進むと、店主らしき男性がいた。

店主”らしき”男性というか、
この人が間違いなく店主さんだと言い切れる。

地元タウン情報誌、「ほっとこうち6月号」の企画で、”うどん特集”があり、
その際に「さぬきや」と共に、眼前の男性が写真つきで掲載されていたからだ。

私の前には作業着姿の男性が二人並んでいた。

「ぶっかけの大で・・・!」
「ぶっかけの大で・・・!」

直前の二人は共に、「ぶっかけの大」

廻ってきた私の順。
「ぶっかけの大」が二人続いたこの局面。

私で”三連続ぶっかけ”となれば、
“スリーぶっかけ”でフィーバー。

心なしか、店主さんも、
フィーバーを望んでいるように見えた。

梅雨入り直前だった6月初旬。
サッパリと「ぶっかけ」・・・それも悪くない。

悪くないが、
そう簡単にフィーバーさせるわけにはいかない・・・!

「釜玉の大で・・・!」

店主さんから告げられた時間を正しくは覚えてはいないが、
とにかく、数分、時間がかかるけれど良いか、という旨を訊かれて、私は同意した。

すると、これに薬味を入れて待てと、
刺身醤油を入れるみたいな小皿を渡された。

私は、その小皿の容量の限界まで
「ネギ」や「天カス」や「生姜」を入れた。

上へ、上へ、山のように小皿に薬味を盛ってゆく。

<釜玉は・・・薬味をテンコ盛りにして食べたほうが・・・絶対に美味しい・・・!
小皿が小皿である理由はわからないでもないけれど・・・!
私とて・・・うどんファイターだ・・・!譲れん・・・!譲れはせんぞっ・・・!>

先に会計を終えて、席で待つ。

意外に広い「さぬきや」店内。
近隣で働く人々が昼食処として利用しているようで、作業着姿の男性が多い。

セルフうどんさぬきや 釜玉うどん(大) & ちく天

『釜玉うどん(大) & ちくわ天』

数分後、店のおばちゃんが持ってきてくれた、釜玉。
タマゴは、あらかじめ割り入れられているものの、混ぜられていない。

いわゆる、「目玉スタイル」(なんだそりゃ)である。

早速、グルリグルリと混ぜる。
すると、タマゴは魔法をかけられたみたいに、良い具合の半熟になりおおす!

セルフうどんさぬきや 釜玉アップ

<ぐやぁっ・・・旨そうじゃ・・・旨そうじゃ・・・!>

小皿に目一杯盛った薬味を、
混ぜおおし、半熟になりおおした釜玉の上に乗せたとき、私の人格は崩壊した。

<ふぉぉぉぉ・・・!
結構シコシコ系なんじゃのぉっ・・・!>

そのとき、釜玉が喋った。

「ワシ・・・最近・・・出番少ないねん・・・!
このごろ暑くなってきたやろ・・・!?
みんな、ぶっかけばっかり頼んで、たまに違うのきたと思ったら、かけやで・・・!」

「ほうほう・・・!」

「ワシ、すごい疎外感よ、俺もメニューに載ってんで・・・?
やのに・・・みんな、かけ、ぶっかけ・・・!竜ちゃん、どう思う・・・?」

「せやなぁ、俺がお前を頼むときも、スリーぶっかけ寸前の局面やったからなぁ・・・!」

釜玉は、なおも興奮気味に言った。

「やろ?やろ?ぶっかけとかフィーバーしまくり・・・!
釜玉さん、フィーバーどころか、ちょっと時間がかかるけどええか?言うたら、
じゃあいいです言われる始末よ・・・!可愛そうやろ・・・!?」

私は、懸命に釜玉の興奮を鎮めようとした。

「まぁ・・・みんな仕事の合間やったりして、時間無いやろしな・・・!
しゃあないでそれは・・・!」

一瞬、二人のあいだに沈黙の時が流れた。

「竜ちゃん・・・そこは、”しゃあない”やのうて、
“しょうがない”、もとい”生姜無い”言うて欲しかったな、アンタ生姜農家やし・・・!」

「あぁ・・・そうか・・・すまんすまん・・・!」

「せやけど、ワシ・・・やっぱり忙しい人からは敬遠されるんや・・・
生タマゴ嫌いの人からも・・・暑がりの人からも敬遠されて・・・うっ・・うっ・・・!」

私は、釜玉の目を見て語りかけた。

「なぁ、釜玉・・・!
たとえ他の誰もがお前に見向きもしなくても・・・
俺はお前のこと、注文するぜ・・・!」

「竜ちゃん・・・!」

セルフうどんさぬきや かけうどん(大) & ちく天

『かけうどん(大) & ちくわ天』

ちょっぴりフテクサレ気味の釜玉との会話を楽しんで、
外に出ると、雨は少しだけ小降りになっていた。

セルフうどん さぬきや

◆ セルフうどん さぬきや
(高知県高知市神田1073-1)
営業時間/11時~15時
定休日/月曜日
営業形態/セルフ
駐車場/12台

(釜玉300円、かけ250円、大[2玉]は100円増、ちくわ天80円など)
『さぬきや』の場所はココ・・・!

押していただけると励みになります!
【人気ブログランキング】
押してでふ!

 

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By おりがみ

    SECRET: 0
    PASS: 4c0d9a46c1e18bbb14e2bd0c76f5dcf8
    うどんと話せるスーパー農民竜ちゃん!すごい。
    娘が一足先に高知へ帰省してます。
    ああ・・私も早く来週の月曜日に・・・うどん喰いにいきたい!!!→帰省の意味変わってますから!!!!!

    で・・・どこいく?
    もっかいこのブログさかのぼって読まねば・・・。

  2. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    いろんなうどんを食べていたら、
    段々、うどんの話す言葉がわかり始めました・・・。

    高知に帰ってカツオ食べたい!っていう人は多くても、
    高知に帰ってうどん食べたい!っていう人は珍しいですよー!
    (よしよし、洗脳の成果が・・・・・・黒笑い)

  3. By サインファクトリー

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    めっちゃ近所でよく行ってるのに竜一さんに会えなくて残念・・・(/_;)

  4. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    あら・・・・・・!
    竜一を見つけて、「竜一か?」と直接言っていただけると、
    「ちくわ天1本奢りますキャンペーン実施中!」でしたのに!(*´σー`)エヘヘ

    さぬきやさん、値段も安めで良い感じなので、
    自分も近所に住んでたら週8回は通うと思います・・・!

コメント投稿

*

Return Top