セルフうどん 麦笑(むぎわら) 釜バター・リベンジ

「釜バター・・・!」

「少しお時間がかかりますが・・・!
出来たらお席までお持ちしますので・・・!」

「や・・・やっぱり醤油うどんで・・・!」

「ちょっと待っていただけたら釜バター出来ますけど・・・!」

「いや・・・醤油うどんで・・・!」

「数分だけ待っていただけたら釜バター出来ますけど・・・!」

前回、その店を訪ねた際、
店主さんと私は、そんなやり取りをした。

店主さんは、どうしてか私に釜バターを食べさせたい雰囲気だった。
けれども、私は一旦高ぶり始めた醤油への気持ちを止められなかった。

釜バターの出来上がりを待つ時間なんていくらでもあったけれど、
私は釜バターから醤油への注文変更を押し通した。

だが、それからずっと気になっていたし、知りたかった。

記憶が定かならば、
たしか釜バターはその店のメニューの中で最も値の張るメニューだったはずだ。

店主さんがやたらと釜バターを推してきたのは、
単純に客単価を少しでも上げたかっただけなのかもしれない。

しかし、もしかすると、
すごく味に自信があるメニューなのかもしれないし、
ただ単に、たまたま推してみただけだったのかもしれない。

とにかく、ずっと気になっていた。
知りたかった。

釜バターの真相が・・・!

「さぬきや」さんで釜玉を食べたあと、
私は釜バターの真相を探るべく、その店へ向かった。

夜も眠れない・・・。
あの釜バターを食べないと・・・9時間しか眠れない・・・。

セルフうどん 麦笑
(店舗画像は、いつものように初回の使いまわしです♪)

『セルフうどん 麦笑』

雨は上がったが、
空は相変わらず灰色した分厚い雲で覆われていた。

入口の戸を開けると、
前回も見かけた口髭を貯えた店主さんがいた。

「いらっしゃいませ、ようこそいらっしゃいました」
と白い歯を見せて笑顔で丁寧に歓迎してくれる。

<”いらっしゃいませ”のあとに・・・!
“ようこそいらっしゃいました”で包み込んでくるこの感じ・・・!>

嬉しいっ・・・!

なんだか嬉しいっ・・・!

そしてカウンター越し。
当然、私は因縁の「釜バター」を発注した。

今回は、20分でも30分でも待つつもりだったけれど、
この局面、運よく茹で上がりのタイミングに遭遇したのか、
待ち時間ゼロで、すぐさま提供してくれた。

セルフうどん麦笑 釜バター(2玉) & アジフライ

『釜バター(2玉) & アジフライ』

セルフうどん麦笑 釜バター(2玉)

<これが因縁の釜バター・・・!>

セルフうどん麦笑 釜バター(2玉) アップ

麺にバターを絡ませて、ブラックペッパーをかけた一品。
卓上の出汁醤油を垂らして食す。

セルフうどん麦笑 釜バター 麺アップ

<ふぉぉっ・・・!
バターがフワッと香って・・・麺・・・ニュオーン・・・!>

その後に小麦が大挙して押し寄せてくるっ・・・!

全身にバターを纏った麺は、
圧倒的な滑らかさで喉の奥に吸い込まれ・・・吸い込まれ・・・吸い込まれおおす・・・!

どこかカルボナーラ的なイタリアンパスタを彷彿させる味。

「カマバターノ!カマバターノ!うどんオイシカッタッツェ!」
などと、すっかりイタリア語もペラペラになって麦笑をあとにした。

セルフうどん麦笑 しょうゆ・温(1玉)  ちく天

『しょうゆ・温(1玉) & ちく天』

セルフうどん 麦笑

◆ セルフうどん 麦笑
(高知県高知市本町2丁目2-4)
営業時間/11時~15時
定休日/不定休(月2回程度)※ほっとこうち6月号情報
営業形態/セルフ
駐車場/無

(しょうゆ2玉400円、かけ2玉380円、[1玉の場合は100円安くなる] ちく天100円、アジフライ80円など)
『麦笑』の場所はココ・・・!

押していただけると励みになります!
【人気ブログランキング】
押してでふ!

コメント投稿

*

Return Top