喜寿・静岡伊豆放浪記! 第1話 「美容室リグレッタ」

『第2話を読む』 『第3話を読む』 『第4話を読む』 『第5話を読む』 『第6話を読む』
『第7話を読む』 『第8話を読む』 『第9話を読む』 『第10話を読む』 『第11話を読む』
『第12話を読む』 『第13話を読む』 『第14話を読む』


本日からは、昨年の「金婚・鹿児島放浪記!」以来となる、
長編シリーズが始まります!一体!第何話まで続くのか!
誰にもわかりません!それでは時間を1月21日月曜日へ戻します!


━━━1月21日(月)
午前、畑へ向かう直前。

歩み寄って来た
オバ=アが、唐突に言う。

「今度!25、26、27と!伊豆へ行くき!
アンタも行くようになっちゅうきね!」

伊豆っ!?

なにも聞かされていなかった私。
わけがわからない。
伊豆の場所すらよくわからない。

「伊豆ってどこやったっけ?」

「静岡・・・!」

その瞬間、
時が止まった気がした。

静岡!!!

瞳孔が、
開いて戻らない。

「え・・・!
いつ行くって言うたっけ?」

「25、26、27・・・!
今度の金曜からよよー!」

「今日、月曜やき・・・
火水木・・・4日後・・・?」

私とオバ=アのやり取りを、
横で聞いていたオビ=ワンが言う。

「昨日、おまんがおらんときに、
おまんのオカンが来ちょって、
オカンとオバ=アが勝手に話を決めてしもうた!」

<うぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・!
静岡ッッッ!静岡ッッッ・・・!>

脳内、
真っ白。

「俺、行くつもりしちゃぁせんかったき!
準備もなんちゃぁしちゃぁせんで!」

(行く予定じゃなかったから準備も何もしてないよ、の意)

どうやらオビ=ワンが、数え年で77歳、
いわゆる「喜寿」を迎えることを祝って、
伊豆へ温泉旅行に行こう!ということのようであったが・・・。

オビ=ワンは、
完全に出汁。

間違いなしに!
ただオカンとオバ=アが、
温泉へ行きたいだけのことである。

<金婚だ!喜寿だ!なんて祝いまくってたら、
果てがないよ!ホントに!去年の鹿児島旅行が、
喜寿の祝いを兼ねてる!ということでイイんじゃないのか!>

だが、もうすでに、
オカンは旅館を予約したらしい。
後戻りはできない。

「髪!切らんといかんかな!」

私は昨年8月以来、
5ヶ月間にわたって伸ばし続けていた髪を気にした。

「そりゃ!切らないかん!」
とオバ=アは言った。

しかし、私の面倒くさがりっぷりは
生半可な次元ではない。
切りに行くのも面倒だと思えた。

「まぁ!かまんか!」
と私はウヤムヤにしようとしてみた。

「いかん!いかん!
切ってきい!」

とオバ=アは言った。

━━━翌1月22日(火)
午後、高知市へ走る。

リグレッタ!

『美容室・リグレッタ』

<今度、りぐるなら・・・!
リグレッタと決めていたんだ・・・!>

この「美容室リグレッタ」
社長の八木さんがブログ「一語一映」を書かれていることもあり、
高知のネットサーファーのあいだでは、かなり有名な美容室である。

入店。

リグレッタ!店内

圧倒される農民。

<おおお・・・!
どこかの高級ホテルみたい・・・!>

本当にホテルのフロントみたいになっているところで、
予約していたことを伝えると、そこの椅子に座って待っていてくれと言う。

示されたほうを向くと、
これまたホテルのロビーみたいになっているところに、
いくつかの椅子が並べられていた。

この時点で、
かなりビビる。

しかし平常心を装い、
ふてぶてしい表情をわざと浮かべながら腰を下ろす。

どうも。
生姜農家で
ございます。

という雰囲気を漂わして、だ。

八木さんのブログで見たことがある顔の男性に紙を渡されて、
<おお!アナタ見たことある!>と思いながら必要事項を記入する。

見たことある!と思いながらも、
私はあくまでも<アナタ!知りません、誰ですか?>
みたいな態度を取る。

<美容室で自分がどういう風にすればいいのか!
それがわからないのだよッッッ・・・!>

テンションを上げたほうがいいのか、
どうなのかわからないとき、私は大抵、大人しい・・・。

<テンションを上げるか下げるかしかない俺の辞書に!
“自然体”などという言葉はないッッッ・・・!>

常に、
不・自然体。

必要事項を記入したあと。

「竜一さんチェックインでーす!」
みたいなコールと共に、奥へ・・・。

<チェ・・・チェックイン・・・!?>

コールがなされた瞬間・・・!
心なしか!拍手さえ聴こえる勢い・・・!

<なんかすごい!なにこれ!
俺・・・!エライ人みたい・・・!
本当はただのエロイ人なのに・・・!>

断髪!

リグレッタにて!
(上の画像と以下の2点の画像は、八木社長のブログから拝借しています!)

早速、切っていただく!
染めてもいただく!

担当は!
田鍋さん!

「眉は染めないの?
眉だけ黒かったらおかしいでしょ!」

という話に、なるほど!そりゃそうだ!と納得して!

リグレッタにて!2

眉も染める!

切り終わって、
染め終わって、お会計!

お会計が終わったとき、
八木社長の姿は見えなかった。

私は思った。

<このままソソクサと逃げ帰ろう・・・!>

がっ!

八木社長!現る!

<あらららら・・・!どうして・・・!
どうして俺のお帰りに・・・!
お気付きになられたのッ・・・!>

逃亡に失敗して、
戸惑う私。

「えへっ・・・!
呼んできちゃいましたー!」

と笑いながら言う田鍋さん。

<ちょっ!呼んできちゃわなくて
よかったんですけどぉぉぉ!笑>

そして!

「では・・・!
お約束のアレを行きましょうか・・・!」

みたいに言い始める八木さん。

キタッ・・・!

「は・・・はい・・・!」

観念した私に、
田鍋さんが流暢に言う。

「では!竜一さん・・・!
右手をカメラのほうへ向けて!
人差し指と親指で!L(エル)!をお願いします!」

まるで!
観光地っ!

田鍋さん!
完全に言い慣れている!

ウケた。
心の中で。

<もう覚悟は決めた・・・!
それでは・・・!>

イクぞぉー!

イチッ!

ニッ!

サンッ!

リグレッタにて!3

ジョジョ立ち!
りぐれたね・・・!

八木さんのキメポーズと・・・!
竜一のキメポーズを合体させた最強のポーズ!

<俺はこれをやってやろうと・・・!
何日も前からずっと考えていたんだ・・・!!>

だが!
初めてのリグレッタで
恥ずかしさの呪縛を祓いきれず!

反り具合で・・・!
八木さんに負けた・・・!

<うぐぐっ・・・!
こんなはずでは・・・!>

次回はもっと反るぞ・・・!
ジョジョォォォォォッッ・・・!

やることはやって、任務終了!
というわけで帰ろうとしていると、
八木さんに呼び止められる。

写真を1枚撮ってくれ、と言う。

私も数年ブログを書いていて、
「撮っていいですか?」と断って撮ることは多々あっても、
「撮ってよ!」と言われたのは始めてである。

めっちゃ!
出たがりじゃないですか!社長!

心の中でウケながら、
カメラのシャッターを切る。

リグレッタ!3

この2人・・・!
ノリノリである・・・!

(※ この記事の話を八木社長の目線から見ると、
また違った感じになっていて面白いと思うので!是非是非!
八木社長のブログ → 「生姜王子、りぐりにくる」

【次回予告】
突然の静岡行き決定に!リグレッタで慌ててりぐった竜一!
次回!ついに!伊豆がどこにあるのかも知らなかった男と!
爺さん婆さんとオカンが!アンパンマン列車で旅立つ!お見逃しなく!

(第2話へ続く!)
『第2話を読む』 『第3話を読む』 『第4話を読む』 『第5話を読む』 『第6話を読む』
『第7話を読む』 『第8話を読む』 『第9話を読む』 『第10話を読む』 『第11話を読む』
『第12話を読む』 『第13話を読む』 『第14話を読む』

押していただけると励みになります!
【人気ブログランキング】
押してでふ!

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top