麺屋こぶし 愛宕商店街に移転オープン!

帰りに買ってきた小説をめくりながら、私は焼酎を煽っていた。
<ラーメン屋・・・と一言で括ると違和感があるな・・・>

そう思うぐらいに感じた、
独特の雰囲気や新鮮さ━━━━。

麺屋こぶし

『麺屋こぶし』

夜の高知市・愛宕商店街。
以前、一ツ橋にあった頃には行けないままでいた、こぶし。
その前に私は立っていた。

<たしか3月の頭に移転されてきたばかりなんだよな!
初めての店・・・店自体に人見知りしちまうぜ・・・!>

麺屋こぶし 店内

入店。

<おおっ・・・想定外・・・!
変わった造りッ・・・!>

入ってすぐの位置にテーブル席が二組ほどあって、
ずっと奥にカウンター。さらにその奥に六人掛けのテーブル席がある。

<うぐッ・・・こうきたかッ・・・!
テーブル!テーブル!カウンター!テーブル・・・!
手前と奥のテーブルでカウンターを挟み込む方式・・・!>

麺屋こぶし メニュー

メニュー!熟考!

<どうする・・・何を食べる・・・!
フニャフニャの書体・・・味がある・・・!
ラーメンを食べる前にすでに味がするぞッ・・・!>

初めてなので安全策。メニューの一番上にある、
“中華そば”あるいは“塩中華”を選択するのも手だと思えた。しかし!

<”あえそば”に”つけそば”・・・!
この未知なる攻撃力は魅力的・・・!食べたことがないから!
食べたい・・・どんなのかわからないけれど・・・食べてみたい!>

麺屋こぶし ぶたしゃぶつけそば セット

謎のつけそばを注文。
鍋敷きとタレ、登場。

<ぬっ!よくある”つけ麺”を想像していたが!
これは明らかに違う展開・・・ツケダレが・・・!
つけ麺のツケダレとは明らかに違っている・・・!>

麺屋こぶし ぶたしゃぶつけそば

数分後・・・鍋敷きの上に・・・!
未曾有の一杯・・・!
ぶたしゃぶつけそば大盛、乗る・・・!

麺屋こぶし ぶたしゃぶつけそば アップ

鎮座・・・熱々・・・!
グツグツ・・・沸騰・・・!

土鍋・・・!
圧倒的!土鍋ッ・・・!

<気を付けろ俺・・・!フチに触っちゃダメだ・・・!
フチに触るとヤケド確定の超絶熱気・・・!>

麺屋こぶし ぶたしゃぶつけそば 麺アップ

立ち昇る湯気の中から現れた黄色い麺は!
魅せる!魅せる!魅せおおす!マグマ的!高火力・・・!

麺屋こぶし ぶたしゃぶつけそば タレ

タレにつけて食べる。

<なんだろう・・・これ・・・麺が旨い・・・!
味がする・・・!麺の味がすごくする・・・!>

麺をタレにどれほど”つける”かで、また雰囲気が変わる。

<麺全体をつけるんじゃなくて、
麺の一部をほんの少しつけたほうが、
麺の味と土鍋の中のスープに溶けた出汁の味がしていい感じ・・・!>

「鍋焼きラーメン、ツケダレ仕様」

そんな風にも思える、一杯。
初めて食べるそれは新鮮で、私は食べ終わるまで終始ワクワク。楽しかった。

麺屋こぶし ゆずのあえそば(温)大盛

『ゆずのあえそば・温(大盛)』

器のフチに添えられた、ゆず味噌?で味の調節ができる。

麺屋こぶし 店内2

さらに・・・!
卓上に置かれた“ゆず酢”で、“追いゆず”も可能!

<これもこれで・・・!
高知の他のラーメン屋では見かけない仕様の一杯・・・!
新感覚・・・新幹線ッ・・・!>

麺屋こぶし ぴり辛とりそばろごはん

『ぴり辛とりそぼろごはん』

麺屋こぶし ぴり辛とりそばろごはん 上方

卓上に置かれた、ナンプラー?
それをかけると、さらに攻撃力が上がる雰囲気!

前述の「ゆずのあえそば」も、
ナンプラーをかけると、同じく強さが増す感じがした。

麺屋こぶし ぴり辛とりそばろごはん アップ

ぶたしゃぶつけそばの土鍋の中のスープも、
全部飲み干して、完食!

<帰りに小説を買って帰ろう・・・
小説を読みながら焼酎を煽ろう・・・>

麺屋こぶし 麺屋こぶし 駐車場の場所

◆ 麺屋こぶし
(高知県高知市愛宕町1-9-13)
営業時間/11時~21時
定休日/月曜日
駐車場/有(店舗北隣コインP東側に2台、店舗北隣のコインPに停めた場合でも40分100円分の無料券をいただける)

「麺屋こぶし」の地図!

押していただけると励みになります!
【人気ブログランキング】
押してでふ!

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top