喜寿・静岡伊豆放浪記! 第15話 「河津バガテル公園」

『第14話を読む』
(* 第14話を書いた約13ヶ月後にこの第15話を書いています。この物語はざっくり説明すると、オビ=ワン、オバ=ア、オカン、竜一の4人が2013年1月に行った静岡県旅行記です)


━━━2013年1月26日(土)午後3時頃
静岡県賀茂郡河津町にて━━━

「人が誰っちゃあ…おらんやいかー」
駐車場に降り立った私はそう言って辺りを見渡した。

「いまシーズンオフで、ひょっとしたら…なんちゃあないかもしれん」
オカンが苦笑した。

伊豆半島南部の町、下田市をあとにした我々は高級なレンタカーを駆り、北東に進んだ。

『河津バガテル公園』

公園の入口に看板があった。
フランスがどうじゃらと書かれている。

「フランスにもおんなじような名前の公園があるが?」と私はオカンに訊いた。「高知でいうモネの庭の…静岡版みたいながか…!」

「なんでそれっ!」
オカンが笑うとオバ=アも笑った。

オビ=ワンはまったく話を聞かずに、一人で入口へズンズン歩いていく。

立派な門だ。さすがは超一流の門、凱旋門がある国の門だ。

<いかにも本気で作った門!って感じ…!門に対する情熱のこめ方…その次元が違う…!>

圧倒的!門柱っ…!

大きな水溜り。夏なら泳いでいるところだが1月だから泳がない。

私は水溜りをぼんやり眺めた。
水溜りを眺めていると無心になれる。

どれだけ眺めていただろう。
ふと周りを見ると、他3人がいなくなっていた。

<ちょっ…おまっ…!置いていくなし…!>
慌てて園内を捜索。すると喫茶店みたいな建物の中に他3人を発見。

いやぁ寒いときに、このナントカっていうカタカナのお茶!五臓六腑に沁み入るぜ!

4人でお茶を飲んだ。
そのあとトイレに行った。

バガテル公園、終了。

それからすぐ近くに、桜を観れるスポットがあるというので行ってみた。

がっ…!

1月に桜は咲いていなかった。

「なんぼ言うたち…まだ桜が咲くにゃぁ早いわや!」
オビ=ワンがもっともなことを言った。

(満開時にはこんなになるんだって!綺麗だね!綺麗だね!)

「なんでも時期というもんがあるきねゃ!」
オビ=ワンの訓示を聞きながら河津町をあとにした。

(第16話に続く…!)
『第16話を読む』

↓ ケツプッシュお願いします!
【人気ブログランキング】

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top