ラーメン食堂 黒まる 「つけまる & 天津飯」

生姜を植える作業が、ようやく終わろうとしていた。
思い起こせば、この1ヶ月ほどのあいだ、生姜を植え続けていた。

<ラーメン食べに行きたい……>

いつもは疲れて外出する気になんてならないのに、今日は少しだけ余力がある。夕方から雨が降り始めて、仕事を早めに切り上げたからだろうか。

『ラーメン食堂 黒まる』

テーブル席に座り、メニューを眺めていると、「つけまる」という記載を見つけた。「つけまる」とは、いわゆる「つけ麺」のことのようだ。

<”黒まる”の…つけ麺……>

通常のラーメンも好きだが、つけ麺も好きだ。つけ麺には通常のラーメンとはまた違った魅力がある。

『つけまる』は、麺と、つけダレだけでなく、トッピングも別盛りにされていた。

小さな器に集結した、様々なトッピングたち。

<可愛い……!>
私はときめいた。

煮玉子が、チャーシューが、ネギが、そこら辺の子犬より可愛い。

<麺も可愛いなぁ……>
生姜を植えすぎて疲れているのだろうか。何もかもが可愛く見える。

可愛いトッピングを可愛いつけダレの中に沈め、そこに可愛い麺を浸けて食べる。

そして、さらに。

『天津飯』も食べる。

<炭水化物を食べながら、炭水化物を食べるこの至福っ……!>

ありがたいっ!

私は食べれる幸せに感謝しながら、お腹をさすった。お腹がわずかに出てきている気がした。

しかしこれは何かの間違いだろう。
私は腹筋に力を入れた。<よし!引っ込んだ>

腹筋の力を抜けば、またお腹は元のように膨らむ。そんなことはわかっている。いいんだ。

「つけまる」も「天津飯」も食べたのだ。これで明日からも頑張って生姜を植えられそうだ。

食べ終えて駐車場に出ると、静かな春の夜に少し肌寒い風が吹いていた。

↓ ゆっくり押していってね!
【人気ブログランキング】

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top