桜井町2丁目食堂 テンゾーネ 「高速ピカタ」

テンゾーネ1

<サーモンピカタ!>
高知市桜井町にある洋食のお店「テンゾーネ」
そのメニューに、「サーモンピカタ」と書かれていた。

テンゾーネ10

私はサーモン、つまり鮭が大好きだ。

回転寿司の「スシロー」に行った際には、通常の「サーモン」はもちろん、「とろサーモン」「焼とろサーモン」「炙りサーモンバジルチーズ」と、未曾有のサーモンメドレーを開始してしまうほど大好きだ。

そんな愛するサーモンが、テンゾーネではピカタスタイルで提供されるというのだ。
さすがのスシローでも、サーモンのピカタ寿司は回ってこない。

そもそも私はピカタという料理自体、ロクに食べたことがない。

以前、豚肉を使って「ポークピカタ」を家で自作したことがあった。
しかし、あれはピカタといえるものだったのだろうか。わからない。私はピカタを食べたことがなかったのだから。

<ピカタが食べたい>
私は強く思った。<俺の好きなサーモンが、よくわかっていない料理、ピカタになった姿を見てみたい>

メニューの記載によると、サーモンピカタが組み込まれた「本日のランチ・C」

これには「豚ロールカツ」「煮サバ」、さらに「和風スープ」「サラダ」「ごはん」まで付いてくるらしい。

<いっぱい食べて大きくなれそう!>
自分の目が、汚れを知らない少年のように輝くのを感じた。

テンゾーネ3

「サーモンピカタ」という料理を、生まれて初めて見たのは十数分後だった。

テンゾーネ8

おそらく本来の主役だと思われる「豚ロールカツ」が存在感を放つ中、脇にチョコンと載せられている。

テンゾーネ7

鮭弁当においてはもちろん、今回だって私の中では主役であるサーモン。それがこの皿というスクリーン上では、豚に主役を譲り、脇役に回っている。

こんなに能力のある魚が、他にいるだろうか。

テンゾーネ4

「いや、いない」

<なんて器用な魚だろう>
私はサーモンの魚としてのポテンシャルの高さに惚れ惚れした。

自分がサーモンの立場だったら、同じことができるだろうか。

「いや、できない」

ご飯や味噌汁、煮サバなどをつまみ、散々焦らしておいて、いよいよサーモンピカタに手をつける。

「おおっ!美味しい!」
私は率直な感想を述べた。「サーモンも去ることながら、上にかかったタルタルソースがまた…!」

私はタルタルソースも好きなのだった。
好きな魚に、好きなソースという組み合わせ。

うどんも美味いが、ピカタも美味い。

むしろこのピカタを、うどんの上に載せて食べたい。
なんだか「釜玉」に合いそうな気がする。

名前の響きだっていい。
「ピカタ」だ。パ行の響きが堪らない。

ピカタ光ねっと。

みたいな………。

言いたかった……。
どうしても、ピカタ光ねっとって言いたかった……。

テンゾーネ6

ピカタは1ギガbpsの超高速で、全身に旨味を駆け巡らせた。

テンゾーネ1

◆ 桜井町2丁目食堂 テンゾーネ
(高知県高知市桜井町2丁目1-5)
営業時間/
11:30~14:30
17:30~22:00(火曜日は夜のみの営業)
定休日/月曜日
駐車場/有

↓ 納豆を押していってね!
【人気ブログランキング】

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 小豆もなか

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    【ピカタ光ねっと】(笑)(^-^*)

    美味しそ~★★★★

  2. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    高速旨味回線!(笑)

コメント投稿

*

Return Top