ヌードル協会からの使者(なんのこっちゃ編) | 生姜農家の野望Online

ヌードル協会からの使者(なんのこっちゃ編)

『前回の話を読む』


見てもいないのに、黒ずくめの男が黒ずくめの男だとわかったのは、黒ずくめの男が自ら「黒ずくめの男だ」と名乗ったからだった。

「お前、さっき、ぐぁー!ってなっただろ?」
と電話越しに黒ずくめの男は言った。

「なった」
私は答えながら髪の毛を触った。緊張したときに出る癖だ。

「どうしてそうなったのか教えてやろうか」
そう言って、黒ずくめの男はフッと鼻で笑った。

「教えてくれ!どうして俺は、ぐぁー!ってなったんだ!」

「うどん食べてねぇからだよっ!」

黒ずくめの男が、被せ気味に大きな声を出したので驚いた。
“なったんだ”の、”た”すら言い終っていなかった。

黒ずくめの男は、さらに語気を強めた。
「うどんに限らず、麺自体を食べていない!だから発作が起きたんだ!いいや”起こさせた”んだ!」

「起こさせた?」

「そうだ!」

「あんたは何者なんだよ」

「私か!?答えてやろう!”日本ヌードル協会”から派遣された、”謎の黒ずくめの男”だ!」

カッコ良くそう言ってから、黒ずくめの男は「わっはっは!」と笑った。「あの発作は組織が意図的に起こしたものだ」

「なにっ!」

驚きを隠せない私に、黒ずくめの男はよく通る声で言った。
「ぐぁー!ってなっちゃうような発作が起きたのは、お前が麺を食べないからだ」

自分の眉間に皺が寄るのを感じた。
「なぜ俺が麺を食べないと発作が起きるんだよ!それも意図的に発作を起こしただなんて…」

「いいか。お前は麺を食べないと、これからも発作に見舞われる。いや見舞う。発作攻撃をお見舞いする。定期的にな」

「なんだよそれ!」
私は遺憾の意を述べた。

受話器越しに、黒ずくめの男が大きく息を吸い込む音がした。
「つまり……」

西遊記方式さ。

「西遊記で孫悟空が悪いことをすると、三蔵法師の力で悟空の頭の輪っかが締まって、頭イタイイタイになっちゃうだろ。あれと同じだ」

「悟空みたいな輪っかなんて俺の体の何処にも付いてない。それなのにどうやって発作を起こすんだよ」

「それは言えない。組織の秘密だ」
そう言って黒ずくめの男はフゥーと息を吐いた。「だが約束しよう。きちんと麺を食べていたら何もしない」

「本当だな?」

「ああ、本当だ。それから…」

「それから?」
私が訊くと、黒ずくめの男は声高らかに宣言した。

「次回から新キャラが登場する!」

『次の話を読む』

↓ 次回、も、生姜農家の野望Onlineは怒涛の急展開!
生姜ミッ○ーを押していってね!

【人気ブログランキング】

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)

『ヌードル協会からの使者(なんのこっちゃ編)』へのコメント

  1. 名前:さぬきちゃん 投稿日:2014/11/15(土) 19:04:58 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: 2c7a5a6bfa4b5baee3b981b7803c3747
    おもしろwwっうぃ。尊敬します。

  2. 名前:竜一 投稿日:2014/11/27(木) 08:00:58 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: 46fef4e99b689715eaa1e3488c10c762
    コメントありがとうございます!嬉しいです!