神様トンボ | 生姜農家の野望Online

神様トンボ

草刈り機を片手に私有地の斜面を登る。
山の木々は砂利道までせり出してきて、空を隠している。

エンジンを始動させようと
スターターに手をかけようとしたとき、
神様トンボが飛んできた。

正式名称をハグロトンボというらしいそのトンボは、
黒い羽を広げて宙を舞い、
目の前に置いてある古いシイタケの原木に止まった。

撮影しようとiPhoneを構えると、
神様トンボは撮られることを拒むように、
どこかへ羽ばたいていった。

「私の姿を撮ってはいけない」
と言うように。

「神様トンボは神様の遣いなんだって」
昔、同年代の女の子がそんな話をしていたなと、うっすら思い出した。

「神様の遣いだから、捕まえちゃダメだよ」

<あの頃はたくさんいたけど、
最近あんまり見ないんだよな、神様トンボ…>

fc2blog_20150808130455315.jpg

草刈り機は今日も快調。

fc2blog_20150808130634c84.jpg

暑い……暑いよ………
でも暑いのがイイっ……!

天然サウナで汗を流す。
毛穴が開いてお肌にも良さそうだ。

fc2blog_20150809072310c9d.jpg

草の上はまだしも、
畑の中は土からの照り返しもあり、さらに灼熱。

もうかなりのあいだ雨が降らない。乾季だ。

夕方になると黒い雲が出て、
場合によっては雷も鳴って、夕立寸前くらいまではいく。

だが降らない。

生姜畑の土を触る。暖かい。
砂風呂の砂くらいに暖まっている。

砂風呂は健康に良いらしい。
きっと生姜も健康的に育っていることだろう。

山沿いにまた黒い雲が出始めた。
周りの高い山の近辺で強い雨が降っていることは、
iPhoneから気象庁のレーダーを確認し把握している。

<もっと来い!雨雲!
もう少し来い………!>

念力で雲を引っ張ろうとしたが来ない。
まだ乾季続行の模様。

「神様トンボに、雨、頼んでおけば良かったな…」

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)