休耕田「ソルゴーのすき込み」

image

トウモロコシに似た植物、ソルゴー!
近年は「障壁栽培」という栽培方法にも用いられているそれ・・・!

<いろんな栽培方法が出てくるものだな・・・>
「障壁栽培といえば…」でお馴染みナス栽培においての理屈は・・・!

  1. ナス畑の周囲をソルゴーで囲む
  2. ソルゴーのことが大好きな「アブラムシ」がソルゴーに付く
  3. そのアブラムシを食べに超強い虫(アブラムシの天敵)が来る
  4. 超強い虫はアブラムシを食べた返す刀でナス畑に侵入して、ナスに付いた弱い虫を食べる
  5. 結果、殺虫剤の量を減らせる

ざっくり説明すると、そんなノリ・・・!
だが竜一家では、昔ながらのソルゴーの使い方で、休耕田に雑草が生えるのを防止するために植えている・・・!

image

植えている稲、スレスレを通って、休耕田へ・・・!

image

<なかなか伸びたな・・・>

image

人の背丈よりも、トラクターよりも高い・・・!
巨大植物と化したソルゴー・・・!

それを地中にすき込む・・・!

image

中に入ると種や埃が飛んできて、こむらさらしい・・・!
(こむさらしい=おそらく土佐弁でもなく田舎言葉で「汚らしい」の意)

image

そこで外周に沿って四角を描き、徐々に四角を狭くしていくやり方を採用・・・!
2時間ほどにわたって四角を狭め続けた結果がこれ・・・!

image

ビフォー(↑)

image

アフター(↑)

image

すっかり日が暮れた田舎道をトラクターで走り、帰路に着く・・・!
<さすがはヤンマートラクター!フロントパネルのライティングが美しい・・・!>

東京の夜景にも負けない光が、そこにあった・・・!

↓ 「負けとるわ!」の代わりに。。。
【人気ブログランキング高知に参加中!】
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1回のみ)
ボクをおしていってね!(笑)

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top