中華そば 平八 | 生姜農家の野望Online

中華そば 平八

中華そば平八8

高知市大津、『中華そば平八』
(※店舗画像は退店後に撮影しています)

中華そば平八7

裏手に回り込んで車を停めた。裏口がある。中に入れそうだ、ここからも。

中華そば平八2

小上がりに座って眺めるメニュー。『PM2:00オーダーストップ』とある。時刻を確認。まさに午後二時ちょうど。しかしギリギリセーフ。大丈夫。そんな雰囲気。

中華そば平八1

店名には『中華そば』と付いている。しかし聞いた話では豚骨ラーメンが美味しいらしい。そこで『とんこつ』を注文。

中華そば平八6

クリーム色のスープ。ネギが載り、キクラゲが載り、紅生姜が載る。脇にチャーシューと煮卵。

中華そば平八15

しっかりした弾力、ゴマと共に口の中で弾ける真っ直ぐな麺。

中華そば平八4

デフォで唐揚げが付いている。どういう理由で付いているのかはわからない。
その衣、カリカリ。噛むと中から脂。脂が溢れ出る。豚と鶏の共演。

当然のことながら鶏が全力で羽ばたいてくる唐揚げ。対照的に豚骨スープは豚の雰囲気控え目。豚臭さなどは感じない。

中学生の頃、一人で参加したツアーで福岡県に行ったことがある。ツアーで知り合った須崎市在住の母と息子と一緒に、夜の屋台街で本場博多の豚骨ラーメンを食べた。その味をいまでも覚えている。

当時の高知には豚骨ラーメン店が少なく、豚の香りが強烈なそのラーメンに驚きはしたが、とにかくすこぶる美味かった。豚の臭さがまた良かった。臭いさえも旨味だったのだ。

以後、豚骨ラーメンに完全にハマってしまい、高知に帰ってからはインスタントの豚骨ラーメンをよく食べていた。学校で好きなラーメンの味は何かという話になると、豚骨だと迷わず答えていた。

しかし以前、高知の某所で食べたラーメンは圧巻の臭さだった。食べると臭いが口の中に広がり、胃に収めると体内から異臭が込み上げた。あまりの臭さに反射的に鼻をつまむと、体内にこもった臭いが毛穴から出てくる感覚に襲われた。それほど臭かった。

そのとき初めて思った。臭い、臭いのがいい、とはいえ臭すぎるのは考えものだと。

あれが豚十頭分だとすると、『平八』の豚骨ラーメンは豚一頭分くらい。いうなれば、豚と人のタイマン。一対一の対決。

中華そば平八3

勝つのは豚か、人か。

どっちだろう。

ボクをおしていってね!(笑)
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1クリックのみ有効)。
人気ブログランキング高知に参加中!

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)

『中華そば 平八』へのコメント

  1. 名前:慧竿 投稿日:2015/12/10(木) 18:07:53 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    なんで あぁ ラーメン屋の炒飯は
    旨いんやろネェ(^O^)/