「手打ちうどん かめや」バリカタしょうゆうどん | 生姜農家の野望Online

「手打ちうどん かめや」バリカタしょうゆうどん

とあるうどん屋のうどんがえらく美味しくて、いわゆる”女麺”と呼ばれるような、軟らかい麺にハマった今年。

その年末。突然硬い麺が食べたくなった。

<硬い麺を出してくれるうどん屋といえばどこだろう>考えた。こういうときの処理速度は速い。頭の中にはうどんデータベースが入っている。

<『かめや』行こうか>『かめや』の麺は硬い。硬いといっても土佐山田の『さかえ』のようなゴム麺とまた違う、ゴチッとした硬さがある。

手打ちうどんかめや6

年末。各地の洗車機も混み合う中、
「『かめや』、入れんのかっ!」高田総統風に言いながら乗り込んだ。

予想外。
十二時台。店先に四台分だけある駐車場。二台分も空いている。

手打ちうどんかめや1

L字型のカウンター席。一番奥に腰を下ろす。

壁に貼られた大きなメニューのほうを振り向き、見渡す。
<釜玉か醤油やな>

今年の十二月は暖かい。冬でも『かけ』が食べたくならない。むしろ釜玉すらも暑い。釜揚げ麺の熱で汗ばみそうだ。

「冷たい醤油、大盛で!」店のお姉さんに注文する。

店の隅の壁にかけられたテレビ。知り合いが出ていた。
「おおっ」と小さく呟き、身を乗り出して観る。

テレビのすぐ下の席で食べていた親子連れ。お母さんがいったい何事かとこちらを見返す。

<いやいや私はあなたを見ているのではなくて、テレビを観ているのだよ。テレビを観るためにはどうしても、あなたのほうを向かなくてはならない。すまぬ。だが知り合いが出ているので、どうしても観たいんだ。むしろこの際、あなたを見ましょうか>

手打ちうどんかめや2

うどんが出てきた。冷たいうどん。醤油を数周回して食べる。

手打ちうどんかめや3

箸で持ち上げると、ずっしり重い。
噛むと硬い。さすがは『かめや』。まさに亀。亀の甲羅みたいに硬い。

手打ちうどんかめや4

うどんズドン。力強い喉越し。喉を押し広げながら通っていく、亀。

あまりの攻撃力に白眼を剥きながら二口目。やはり硬い。噛み切れないくらい。
『かめや』が放つ、亀の弾力。噛めへん。かめ、かめへん。かってぇー!

手打ちうどんかめや5
(画像=かめうどん)

よいお年を。

ボクをおしていってね!(笑)
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1クリックのみ有効)。
人気ブログランキング高知に参加中!

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)

『「手打ちうどん かめや」バリカタしょうゆうどん』へのコメント

  1. 名前: 投稿日:2016/01/04(月) 20:13:58 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    明けましておめでとうございます(゜▽゜)
    かめやのうどんは硬いですよねー。かめや、年末までやってるんですか。根性だ…ww

    ここの近くのうどん屋(名前)も美味しいですが、あちらは柔らか目の麺ですからこの周辺の方はどちらでも対応出来て羨ましいです。
    と、言いつつ食べたくなったら御座どころか香川までいくんですけどね自分(笑)