「丸源ラーメン 南国バイパス店」(前編) | 生姜農家の野望Online

「丸源ラーメン 南国バイパス店」(前編)

<牛が食べたい!焼肉に行こう!>
国道五十五号線、漠然と車を走らせていた。

<んー、でも三十過ぎたら肉の脂で胃がもたれるんだよなぁ。焼肉食べて太田胃酸を飲んでいたら、いったい肉が食べたかったんだか、胃薬を飲みたかったんだか、よくわからなくなっちゃうし…>

けど牛じゃなくてもいいから、肉が食べたいんだよなぁ……!

そのとき意表を突かれる。
<おいっ!大きな麻雀牌みたいな看板に、『肉そば』って書いてあるぞ!!>

肉そばですって???
肉が食べられるのかしら…!

早速、その店に昼下がりの主婦みたいな足取りで、そそくさと入る。入りながら余裕のない口調で言う。

<肉そばだってよ…!これなら焼肉よりも胃がもたれなくて済むんじゃねぇか…?ククク…きっと”そば”が中和してくれるはず…!近所の癒し系のおじさんみたいによぉ……!!>

丸源ラーメン南国1

『丸源ラーメン 南国バイパス店』という店だった。雨上がりのため、辺りには水蒸気が立ち込めている。

<三十過ぎてから…俺は胃もたれするだけじゃなく…肌も乾燥してんだ……!乾燥肌にこの水蒸気……!効かぬわけがなかろう……!!>

ありがたい……!

丸源ラーメン南国3

以前行った別の店舗の印象で、当たりの強い接客、という先入観があったのだけれど、そんなことはない。熟女が丁寧に対応してくれた。お姉様好きの私、このときすでに二億点を加算。

たくさんあるメニュー(公式HP参照)

<当然、ここは肉そばだ…!肉そばで上がりたくて肉そばをテンパイしに来たんだ…!他に何が切れる……!肉そばでのアガリを目指してこそ初志貫徹というもの……!!>

fc2blog_201601200009540a2.jpg

<しかしこの手…!考えようによっちゃ、いかようにでも曲げられる……!肉そばでアガるのが本当に最善だろうか……!いや…違う……。ここはあえて野菜ラーメン……そういう手もある……>

だがっ………!

<ラーメンにヘルシーさ。そんなものが必要なのか!?ラーメンとは本来、不健康なもの。健康に気を使う人が食べるものではない。健康に気を使うなら、ラーメンスープよりも青汁、あるいは生姜汁だろう…。ならば野菜ラーメンは消える…>

とすれば、なにか!?塩ラーメンか……!?

<いや…ダメだ……。塩だと肉感が薄い……。そもそも俺は肉を食べたいんだ……>

じゃあ、なにか!?豚骨ラーメンか………!?

<それだっ!豚骨ラーメンにしよう!それだと豚が適度に補える……!!>

牛、それだけじゃない!牛丼県!
豚だって肉だよ!トントロだってさあ!いまや焼肉の定番なんだから……!!!

狂気の表情を浮かべて、卓上の呼び出しボタンを押す。
すると来た来た店員さん。

<あれ?さっきの熟女じゃない……!>
結構残念。若いお姉さんだ。意気消沈して、お姉さんに言う。

「すすす…すいません……。醤油豚骨ラーメン…」

「ご注文は以上でよろしいでしょうかー?」

「えっ……ええと……担々麺をチャーハンランチにすることってできます?」
「はい、できますよー」
「じゃじゃじゃ…じゃあそれで……!」

「ご注文繰り返します。醤油とんこつラーメンと、担々麺のチャーハンランチ!以上でよろしいですか?」
「ははははは……はい………」

恐縮しながら、やりおおした注文。しかしこのとき竜一、意外に冷静。

<もう肩の荷は下りた……!あとはただ……黙って無言で待てばいいっっっ…!!!>

喋らなくてもいい……!
それは私をとても愉快にさせる……!!

<待っているだけでラーメンが現れる。そんな狂った状況が他にあるかね…。とどのつまり、黙っていても幸せが転がり込むのだよ>

(後編に続く!)
『後編を読む』

ボクをおしていってね!(笑)
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1クリックのみ有効)。
人気ブログランキング高知に参加中!

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)