「丸源ラーメン 南国バイパス店」(後編) | 生姜農家の野望Online

「丸源ラーメン 南国バイパス店」(後編)

『前編を読む』


丸源ラーメン南国5

数分後―――。
来た、『醤油豚骨ラーメン』……!!

<おい……見た目…普通のラーメンっぽいじゃないか。チェーン店でありがちなビジュアルというか……。大体このパティーンで旨いのって、万に一つもないぜ……>

期待などしない。そんなもの、クソみたいな配牌から国士無双を狙いに行くようなもの。あるいは、たった一通だけ来た年賀はがきから、お年玉の一等に本気で挑戦するようなものだ。

がっ!しかし…!
食べたそれは衝撃!

<随分前に潮江店で食べたのとは…だいぶ印象が違う……!どうってことなかった子が、いっとき見ないあいだに美人になっちゃった!そんな雰囲気!>

丸源ラーメン南国7

牛が進撃して来る。
「最初は牛が食べたいと言っていただろうモウー!豚骨って、豚じゃないかモウー!オイラの永遠のライバル、豚に行きやがってモウー!」

牛はそんなことをモウすが、黙って牛の言いなりになるわけにはいかない。
「うっせー!肉ならなんでも良かったんだよ…!そんなことを言っていたら、なんとなく牛丼にされるぞっ!」

「牛丼!?牛丼なんかイヤだ、モウー!」
悲しげな表情を浮かべる牛。私は言った。

だったら………。

「俺と一緒に暮らそう」
「竜ちゃん!」
「牛っ………!」

このとき私は、この牛めらを大きく育てて焼肉にしてやろうと思っていた…。

丸源ラーメン南国2

卓上の『どろだれラー油』に気が付いたのは、『醤油豚骨ラーメン』を、あらかた食べ終えてからだった。

<こんなものがあったとは…!気が付かなかったな………>

『どろだれラー油』は持ち帰りの販売もされているようで、他に並べられた数種の調味料とは一際違う異彩を放っていた。なのに気が付かなかっただなんて。

「申し訳ありません」ラー油に謝った。

<ていうか、せっかく来たんだ!これを載せたパティーンのラーメンを食べて帰りたいな…>

相まみえる以上、ただでは済ましたくないし、未練を残してこの対局を終えたくはない。丼の中にはまだスープがある。

再び、卓上の呼び出しボタンを押した。
<替玉……倍プッシュだ………!!!>

しかしそのとき実際には、こう。
「す……すすす…すんません!すんません!替玉お願いします…!」

子供の頃、いまはなき回転寿司屋にて、オカンに言われた。
「すんませんって……、なんかあんた謝りゆう人みたいやね」

丸源ラーメン南国8

てっきり替玉は店員さんが入れてくれるシステムかと思い、スープだけが残った器をテーブルの縁に寄せて待っていた。すると歩み寄ってきた店員さん。麺が入った器を置き、去って行く。

<あら恥ずかしい!セルフ替玉システムだったか!>
店員さんの背中から、「甘えんじゃないわよ」というオーラを感じた。

麺をスープにポチャンと投入してモグモグ食べる。
<替玉すると、どこの店も最初のより麺が硬めで美味しいな。そもそも最初から替玉みたいなクオリティの麺が食べたいな…>

そしてラー油を入れるのをまた忘れた。結局、ラー油、喰わず仕舞い。

丸源ラーメン南国4

セットで頼んだ『鉄板玉子チャーハン』に手を伸ばしたとき、腹の中から何かがこみ上げてきた。

豚だ。今度は豚だ。きっと豚骨ラーメンを馬鹿みたいにたくさん食べたからだ。

「ラーメンだけでやめておけばいいものを、チャーハンまで食べるから貴様は豚になるんだブー」

「うるせえ!」
豚に指摘されて頭に来たので、『担々麺』も食べる。やけ食いってやつだ。

丸源ラーメン南国6

<おお!これ結構バランスがいいぞ!適度なゴマ感でなかなかだブー!辛さもほどよい辛さだブー>

そのとき飛行機に乗った豚がやってきた。豚はサングラスをかけている。

「紅の豚か!?」豚に訊くと、豚は怪訝な表情を浮かべた。
「残念ながら、ただの豚さ」
「ええっ……普通の豚かよ」
「いいから乗れ」

豚に言われるがまま後部座席に座ると、飛行機は飛び立った。飛行機は風をバシバシ切って飛んでゆく。

「これからどこへ?」
「アテはない。飛んでブーリンさ。…ってことで、ブーリン共和国へでも行くか?」
「ブーリン共和国って?」
「豚による、豚のための豚だけの国さ」
「ほうほう」
「ブーリン共和国は楽しいぞ!」
「わー。楽しみーー!!」

このとき私は心の中で、ブーリン共和国の豚で作った豚骨ラーメンが食べたいと思っていた。

ボクをおしていってね!(笑)
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1クリックのみ有効)。
人気ブログランキング高知に参加中!

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)

『「丸源ラーメン 南国バイパス店」(後編)』へのコメント

  1. 名前: 投稿日:2016/01/22(金) 12:57:31 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    紅の豚wwとんでブーリンww
    竜一さん、それ紅はともかく後者は今時の読者には分からない気もしますよ。
    …まあ、自分 分 か っ ち ゃ い ま し た け ど ww

    丸源ラーメンも良いですよね。
    自分は初めていった時に(←念のため補足しておきますが下ネタじゃないですよ(笑))オーソドックスに肉そばを頼みましたが、他には無い独特な旨味のラーメンだと思いました。
    鍋とラーメンの中間みたいな旨味で「そういうのもあるのか…」と、孤独のグルメみたいな感想してました。