珍しい!ジンジャーではない!食用栽培「生姜の花」画像! | 生姜農家の野望Online

珍しい!ジンジャーではない!食用栽培「生姜の花」画像!

「長いこと生姜を作りゆが、花が咲いちゅうがを見るがは滅多にない」

50年以上・・・!
半世紀を超えて生姜を栽培する男でも、なかなかお目にかかれない花・・・!

image

生姜の花・・・!

image

溝に落ちた土を株元に土をかぶせるため、立つ!生姜畑・・・!

image

<めっきり涼しくなったと思いきや、まだまだ暑い・・・>

image

「溝が隠れるくらい葉が茂ると良い」とされる生姜栽培終盤・・・!
<8月の乾季を抜けて、だいぶ良くなってきたけれど、もう少しか・・・>

image

11月の収穫まで、あと2か月弱・・・!
詰めの作業が続く・・・!

そんな中・・・!
オビ=ワンが言う・・・!

「おい、見たか!生姜の花が咲いちょったが・・・」
「ん?見てない・・・」
「気が付かんかったかや?ピンク色の花を付けちょったが・・・あればぁ綺麗に咲いちゅうがは珍しい・・・」

『ジンジャー』と名が付く花があるが、あれと食用の『生姜』の花はまったく別物・・・!

「どこにあった?」
「アゼから3畝目ばあのく(3うね目くらいのところ)じゃ」

オビ=ワンのあとを付いていく・・・!
がっ!しかし・・・!

「ありゃ?この辺やったはずやが、ないのぉ・・・」
オビ=ワンが見かけたという生姜の花は見当たらない!おそらくこの時期、茂ってきている生姜の葉に隠れて見えなくなっている・・・!

2人でしばらく探すも、見つからない・・・!
「ないねゃ・・・キツネに騙された・・・」

さらに捜索を続けるも、花らしきものはない・・・!
「わからんなった・・・まあ、その内出てくるろ・・・」

幻の花は、本当に幻だったのか・・・!

残念そうにするオビ=ワン・・・!
だがずっと花を探していても仕事にならない・・・!

また同じように、溝に落ちた土を鍬(くわ)で生姜の株元にかけていると、再びオビ=ワンの声がする・・・!

「あった・・・!」

<見つかったがやろうか・・・>
見に行く竜一・・・!

「さっき言いよったがとは違うけんど・・・」
そう言うオビ=ワンのそばに咲いた、可憐な花・・・!

image

生姜の花・・・!

「さっき言いよったがのほうが、もっと咲いちょったが、これもなかなか咲いちゅう・・・」

image

つぼみから朱色の花びらが覗く・・・!
「つぼみは、ようあるけんど、いまじぶん(この時期に)花が咲くがは珍しい・・・」

image

「気候の関係で、急にひよう(寒く)なったら咲きやあせんろうか・・・」

image

「家へ持って帰って、水に挿しちょってみようか・・・」
「挿しちょってみいや・・・」
「挿しちょったら、もっと咲くがやないろうか・・・」
「咲くかもしれなぁ・・・」

生姜が花芽を付ける時期は9月以降・・・!
10月下旬から収穫を始めて11月中には収穫を終えるため、9、10、11月と約3か月間が花見どきとなるが、実際に花が咲くことは滅多にない・・・!

↓ 「いいね!」の代わりに。。。
【人気ブログランキング高知に参加中!】
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1回のみ)
ボクをおしていってね!(笑)
スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)