低糖質麺「ソイドル」簡単ミートソースパスタ・レシピ | 生姜農家の野望Online

低糖質麺「ソイドル」簡単ミートソースパスタ・レシピ

長年の食べ歩きと加齢により、止まらなくなった体重の増加・・・!
すっかりダイエッターと化した竜一が打った手!低糖質麺「ソイドル」・・・!

<正直、初回の「塩焼そば」は受け入れがたかった!しかし食べてみたことで見えてきた・・・!>

ソイドルの扱い方が・・・!

<ソイドルの弱点は、よくある麺の味や食感ではない新感覚の麺であるということ!濃い味で包み込めば、きっと美味しく食べられるはず・・・!>

そのとき竜一の脳裏に走る!圧倒的閃光・・・!

%e4%bd%8e%e7%b3%96%e8%b3%aa%e3%83%bb%e3%82%bd%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%b9%e3%82%bf2

ミートソースパスタにして食べると、うまい!その可能性はある・・・!

%e4%bd%8e%e7%b3%96%e8%b3%aa%e3%83%bb%e5%a4%a7%e8%b1%86%e9%ba%ba%e3%83%bb%e3%82%bd%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ab%e3%83%bb%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%81%9d%e3%81%b04

再び向き合う!冷凍庫に保存してある「ソイドル」・・・!

%e4%bd%8e%e7%b3%96%e8%b3%aa%e3%83%bb%e5%a4%a7%e8%b1%86%e9%ba%ba%e3%83%bb%e3%82%bd%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ab%e3%83%bb%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%81%9d%e3%81%b02

<味が濃いミートソースなら活きるはず!今度は頼んだぞ・・・!>

ソイドル

ソイドル・・・!

ミートソース・ソイドル(2人前)の材料

  • ソイドル 2食分
  • 市販のレトルトミートソース 2人前
  • 合い挽き肉 200グラム

ミートソース・ソイドルの作り方

  1. ソイドルを電子レンジで解凍する
  2. 合い挽き肉を炒める
  3. 合い挽き肉が炒まったら、ミートソースを入れる
  4. ミートソースが温まったら「1」で解凍したソイドルにかけて完成

ただ単に、レトルトのミートソースを使用してパスタを作る手順!そのパスタを「ソイドル」にしただけの話だが、たとえレトルトであっても、合い挽き肉を追加するのが竜一流・・・!

<レトルトのミートソースは「肉多め」みたいに書かれている商品でも、まったく肉が足りない!肉こそが正義!肉こそが力っ・・・!>

肉を追加してこその、”ミート”ソースっ・・・!

完成したそれ・・・!

%e4%bd%8e%e7%b3%96%e8%b3%aa%e3%83%bb%e3%82%bd%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%b9%e3%82%bf1

なんだか、うまそう・・・!
<「塩焼そば」のときとは、見た目からして違う・・・!>

期待を込めて、ひと巻き・・・!

%e4%bd%8e%e7%b3%96%e8%b3%aa%e3%83%bb%e3%82%bd%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%b9%e3%82%bf2

う、うごごごご・・・!
<本物のパスタ…スパゲッティと比較してはいけない!そういう味だが、前回の「塩焼そば」よりは圧倒的に上!改善された・・・!>

ミートソース、それはうまい・・・!
竜一は、そう心底実感していた・・・!

<最初は苦手だったソイドル!いまでも若干苦手なソイドルに、段々愛着が湧いてきた・・・!>

俺は知りたい・・・!
ソイドルのすべてを・・・!

(* 目標10キロ減!現在のダイエット!記念してくれ50日目!累計200グラム減・・・!)

って!段々元に戻ってきてるし・・・!

「ソイドル」との戦いは・・・まだ続く・・・!

↓ 「いいね!」の代わりに。。。
【人気ブログランキング高知に参加中!】
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1回のみ)
ボクをおしていってね!(笑)

ソイドル

スポンサーリンク

SNSで晒す(シェア)

竜一を監視(Twitterフォローなど)