鹿児島旅行。九州新幹線「さくら」尻が座席に張り付く低重心!快適! | 生姜農家の野望Online

鹿児島旅行。九州新幹線「さくら」尻が座席に張り付く低重心!快適!

SNSで晒す(シェア)

2011年に結婚50年目を迎えたオビ=ワンとオバ=アの金婚のお祝い」ということで、3泊4日の日程で、旅行に行っていた竜一・・・!

「去年鹿児島まで開通したという九州新幹線いうがに、おらぁ乗ってみたいよ・・・!」というオビ=ワンの希望で行き先は、鹿児島県!交通手段はリクエスト通り「新幹線」・・・!

高知から岡山まで特急列車で向かい、岡山からお目当ての九州新幹線に乗り、鹿児島まで一気に行く・・・!

参戦人数は4名。

オビ=ワン、オバ=アの主役2人に加え!ガイド兼・戦略担当でオビ=ワンとオバ=アの娘にあたる、竜一のオカン!さらにガイド補佐兼・戦略補佐担当で、超時空農家メイドの竜一が帯同する・・・!

ちなみに竜一には別の任務もある!みんなが食べ切れなかった分のご飯をすべて平らげる『胃袋担当』なる、大変に重要な任務が・・・!

「鹿児島らぁ行きたくない!だって遠いやん・・・!」
そう当初、帯同を断固拒否していた竜一!しかし頼み込まれた・・・!

「竜一!お前の代わりが出来るのは、ジャイアント白田か、ギャル曽根しかおらんっ!ただでもえぇっ!ただでもえぇから来てくれ!このとおりやっ・・・!」

「ククッ!そこまで頼りにされたんじゃ生姜ねぇな!じゃあ付いて行ってやるか!無一文でっ・・・!」(* 無一文のくだり以外、ネタ)

これがのちに伝説なる「金婚・鹿児島放浪記!」の始まりである・・・!

迎えた当日・・・!
午前8時前!高知の、とあるローカル駅に現れた参戦者達・・・!

茶ずくめ

オビ=ワンの格好を見て、せせら笑うオバ=ア・・・!
「おじいさん!えらい「茶」で決めたねぇ!全身茶色じゃがっ!ヒャッヒャッヒャッ・・・!」

駅での一コマ

がっ!せせら笑うオバ=ア本人は、全身黒ずくめ・・・!

かくして、田舎のローカル駅に全身茶ずくめで現れた「茶ずくめの男」ことオビ=ワンと「黒ずくめのお婆」ことオバ=ア!そして「選ばれしアルデンテ・ジェダイ」こと竜一の三人!(* 竜一のオカンは、わけあって岡山駅で合流する)

ホームで数分待っていると、来た・・・!
丸顔のアイツが不気味な笑みを浮かべるあの列車・・・!

そう!高知の特急と言えば『南風』!南風と言えば、アソパソマソ列車である・・・!

ア○ンパンマンの作者で漫画家の「やなせたかし」氏が高知出身であることにちなんで、アンパ○ンマンの顔が車体に描かれた子供に大人気の列車・・・!

しかし、すっかり薄汚れた大人になってしまった挙げ句、普段からこの列車を見慣れている竜一には何の感動もない・・・!

そそくさと乗り込んで早速食う!朝ご飯っ・・・!!

おべんと!

キヨスクにて購入の弁当!300円・・・!

ここで竜一!いきなり失策・・・!
<撮影する前に食っちまった・・・!俺がこんなミスを犯すとは!旅の冒頭からこんな初歩的なミスを犯すとは!どうかしている・・・!落ち着け!落ち着くんだ・・・!>

野球でいえば!1球目を大暴投してバックネットにブチ当てたのと同等・・・!
<うぐっ!何をしているんだ俺は!吐き出せ!吐き出して戻せ・・・!>

300円で買った当時の姿に・・・!

早くも竜一を襲う、圧倒的自己嫌悪・・・!
気を取り直して、さらに食う・・・!

サンド!

サンドイッチ ♪

「汽車に乗るらぁ何十年ぶりやおねゃ・・・!」
車内を見渡して、そう言うオビ=ワン・・・!

<よくよく考えてみれば、俺も特急に乗るのは10年ぶりぐらいか・・・!>

その後・・・!

「大田口・・・!豊永・・・!」
などと通過する駅名を逐一読み上げ始めるオビ=ワン・・・!

<わりと、うるさい・・・>

大歩危小歩危~阿波池田辺り のどか!

高知から岡山までは約2時間半かかる・・・!
窓から景色を見るも、見慣れた田舎の風景が続くばかり・・・!

<予想通り結構ヒマだな!だが俺のスケジュールは、いつもコンマ数秒刻み・・・!たまにはこうして、ゆったりとするのもいいかもしれない・・・!>

駅名を読み上げて楽しんでいたオビ=ワンも、その隣に座っているオバ=アも、やがて静かになって窓の外を流れる風景を見つめている・・・!

やがて列車はさしかかる・・・!

瀬戸大橋内!

瀬戸大橋・・・!
四国!脱出・・・!

<外から見ると貫禄溢れる瀬戸大橋も、中から見るとどうってことはない!金属の柱がたくさん見えるっ!ただそれだけ・・・!>

岡山駅構内

到着・・・!
岡山駅・・・!

岡山駅構内2

ここで、普段はイースター島で暮らす、オカンと合流・・・!

乗り換えに許された時間は短い!話もそこそこに、九州新幹線が来るホームへと急ぐ一行・・・!

だが!JRは田舎者をおとしいれようと、幾重にも罠を張り巡らせていた・・・!

切符を自動改札に入れたオビ=ワン・・・!
しかし開かない!ゲートは無反応
・・・!

瞬間!オカンが言う・・・!
「オジイさん!手に持っちゅう3枚の切符を全部重ねて入れや・・・!」

すると先ほどの沈黙が嘘みたいに、いとも簡単に開くゲート・・・!

<切符を自動改札に3枚重ねて同時に入れるなんて!この発想!答えは思い付かない!高知県人には考えられないハイテク・・・!>

これがJR!容赦なき現代鉄道の洗礼・・・!

<1枚ずつ入れるならまだしも!3枚同時!3枚同時に入れるなんて!自動改札の中は一体どんな構造になっているんだっ・・・!>

詰みかけた・・・!

オビ=ワンもオバ=アも俺も・・・!
危うく自動改札で詰みかけたっ・・・!

そのJRの罠を、イースター島という大都会に住むオカンの支持により、なんとか乗り切った面々・・・!

ほどなくして・・・

きたっ・・・!
鉄道界のフォーミュラワン・・・!

九州新幹線さくら(岡山駅)

九州新幹線さくら・・・!

おべんと!(岡山)

昼ごはんは車内で駅弁・・・!
岡山駅にて購入のそれ!朝の300円弁当から、クオリティが一気に上昇する・・・!

<オカンの奢りだから食べられるような弁当!俺ならこの弁当は買わない!いや買う勇気はない・・・!>

おべんと(岡山) アップ

ズンッ・・・!

山田の「さかえ」でうどんが3杯食べられる値段の弁当・・・!
<大した味じゃなかったとしても、美味しいと脳内で変換せざるを得ないっ・・・!>

おべんと!(オカンの)

「オカンが食べた弁当」・・・!
<な、なんたら旅情弁当・・・!>

鹿児島ラーメンのお勉強!

その後、ガイドブックで勉強・・・!
<鹿児島ラーメンを食べる機会はおそらくないだろうが、一応予習しておこう!チャンスはいつ巡ってくるか分からない・・・!>

ついでに鹿児島の観光地の予習をするも、そこで食べられるものの画像ばかりに目が行く竜一・・・!

<やっぱり俺は花より団子・・・>
そう悟った・・・!

讃岐うどんのお勉強!

ガイドブックを見るのも次第に飽きてきて、結局!以後はうどんの勉強・・・!

<やっぱり俺はうどん依存症・・・>
そう悟った竜一!そろそろ悟りを開いて賢者になれそう・・・!

<さすがは新幹線!それも最新型の「さくら」!高知から岡山まで乗った「南風」とは全然違うフカフカの椅子!その椅子にケツが吸い付くほどの・・・>

圧倒的ダウンフォース・・・!

<ダメだっ!立ち上がれない!吸い付いたケツが椅子から離れないっ!くっ!なんて低重心!空気の力で新幹線全体が地面に押し付けられてやがる・・・!>

鹿児島中央駅 到着!

やがて到着・・・!
鹿児島中央駅・・・!

<ダウンフォースのせいで立ち上がることも出来ず、トイレに一度も行けなかった・・・!>

高知から岡山まで「南風」で、約2時間半・・・!
岡山から鹿児島まで「九州新幹線・さくら」で、約3時間半・・・!

合計6時間ほどで辿り着いた九州最南端、鹿児島県・・・!

駅から出てきたオビ=ワンは、鹿児島の空気を吸い込んで言った・・・!

「西郷どんは、どこにおらぁ・・・!」

(「金婚・鹿児島放浪記!」第1話・終。2話は下記リンクから! ↓)

* いまは「さくら」より速い「みずほ」ってのが運行しているみたいですが、それでも竜一さんは断固「さくら」派です!だって「さくら」しか乗ったことないもん…。

↓ 「いいね!」の代わりに。。。
【人気ブログランキング高知に参加中!】
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1回のみ)
ボクをおしていってね!(笑)
スポンサーリンク

SNSで晒す(シェア)

竜一を監視(Twitterフォローなど)