丸亀製麺「鴨ねぎうどん」半額!2017年2月7日~9日 夜6時~ | 生姜農家の野望Online

丸亀製麺「鴨ねぎうどん」半額!2017年2月7日~9日 夜6時~

SNSで晒す(シェア)

丸亀製麺・・・!
鴨ねぎうどん・・・!

半額っ・・・!

丸亀製麺「鴨ねぎうどん」半額の期間は、いつからいつまで?

株式会社トリドールが展開するうどんチェーン『丸亀製麺』が、このところ定期的に開催している、対象のうどんが夜だけ半額になる企画「夜なきうどん」。

今回の夜なきうどん対象商品は、限定発売中の「鴨ねぎうどん」

「鴨ねぎうどん」が半額で食べられる期間は、2017年2月7日(火)、8日(水)、9日(木)の3日間。各日夜6時から閉店までの販売とのことで、対象日でも半額になるのは夜だけなので注意

丸亀製麺各店の営業時間などは、下記リンク先「丸亀製麺公式サイト」にて。

(参考:丸亀製麺の店舗検索【公式】

竜一が実際に食べた際の食レポは以下。
(* 以前アップしていた記事とまったく同じ内容です)

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます。

丸亀製麺「鴨ねぎうどん」に迫る!

きたぜっ・・・!
カモりと・・・!

株式会社トリドールが展開する世界一のうどんチェーン『丸亀製麺』から、また新たなる期間限定商品が販売される。

その名も・・・
「鴨ねぎうどん」・・・!

「年末年始の”大海老うどん”⇒”ラフテーうどん”といった流れを経て次はこれ。このところの丸亀製麺は限定うどんラッシュだな・・・」

(参考:丸亀製麺の年末年始(正月)の営業時間と、限定発売「大海老うどん」【生姜農家の野望Online】
(参考:年始限定!丸亀製麺の「年明け ラフテーうどん」1月1日から販売【生姜農家の野望Online】

「大海老うどん」「ラフテーうどん」は短期間の販売だったが、今回発売された「鴨ねぎうどんの」販売期間は長め。

丸亀製麺「鴨ねぎうどん」の販売期間はいつからいつまで?

販売期間/2017年1月11日(水)~3月上旬まで
販売価格/[並]620円、[大]720円

1月中旬までの販売とされている、「肉たまあんかけ」の後継メニューとなる。

(参考:丸亀製麺!寒いほどにうまくなる「肉たまあんかけうどん」実食レポート

「鴨ねぎうどん」実食レポート。ついでに再度「肉たまあんかけ」

寒い・・・。
発売日、1月11日の夜。仕事終わりで早速食べに出かけた竜一。

しかしそれにしても寒い・・・!

最寄りの『丸亀製麺』に到着するなり、店内の注文カウンターへと歩く。

そのとき竜一、発見。
「あれっ!?まだあったのか・・・」

昨年11月に販売開始された「肉たまあんかけうどん」のポスターが貼られている。

「肉たまあんかけ」は、まだ存在していた・・・!

1月中旬までの提供が予定されている「肉たまあんかけうどん」。
「てっきり”鴨ねぎうどん”と入れ替わりで終了するのかと思いきや、まだ販売されていたとは…。だがおそらく数日ののちにはなくなる。店舗によってはすでに終了している可能性も否めない・・・」

次回の登場まで、これがひとまず「肉たまあんかけうどん」を食べる最後のチャンス・・・。

しかも寒い・・・!
「こんな寒い日に、あんかけ…!最適じゃないか・・・!」

盆に並ぶ、新旧・限定うどん


「鴨ねぎうどん(大)」「肉たまあんかけうどん(大)」同時発注・・・!

「常軌を逸した注文。そんなことはわかっている。だが冷えた体はあんかけで温める必要があるし、新発売の鴨ねぎうどんは外せない・・・」

「肉たまあんかけうどん」再実食

「かしわ天」「鶏天」ダブルで入れた天ぷら・・・!

黄色い海が俺の前に再び現れる・・・!

「肉と卵の組み合わせといえば、讃岐うどん界には”肉釜玉”なんて食べ方もあるが、卵あんかけに肉!これは寒い日に打って付けの仕様・・・」

別皿に娘の分を確保したあと、もうひとつの皿に盛ってきた、おろし生姜を投入。

すると、じんわりジンジャー・・・!
「生姜の刺激とあんかけの温かさで、体が湯気が上がりそうなほど、ぽっかぽか・・・」

熱を帯びた・・・!
いまの俺は、灼熱・・・!

夏の太陽と化した・・・!

冬だけど、夏!夏だけど、冬・・・!
少々ややこしい状況に陥るさなか、真打ち登場・・・!

新発売「鴨ねぎうどん」

ドンブリの中にうかがえる、褐色の湖面!そこに浸かっているはずの麺が見えないほど、太い白ネギと、無数の鴨肉が世界を席巻する・・・!

こだわりポイントも抑えつつ・・・。

いくぞっ・・・!
第1弾「鴨との対峙」・・・!

「チラシで見たのより、茶色い・・・」
チラシで見た、わずかにピンク色がかった鴨肉とは印象が違う・・・。

がっ!しかし・・・!
「食べるとやわらかい!酒のつまみにしたいほど、やわらかい・・・!」

そして第2弾は「焦しネギとの対峙」・・・!

鴨がネギをナンタラ…と言うくらいなもので、鴨といえばネギ!ネギである・・・!
「思ったほど香ばしくない気はするけれど、すべてを鴨が救っている・・・」

デフォで白ネギがのっている。それを把握していながら、セルフで盛り放題の青ネギ、さらにおろし生姜も盛った竜一。

ああっ!風流っ・・・!
「なんだか京都って感じがする・・・!」

さん!はい・・・!
「京都ぉ~大原ぁ~三千院っ・・・!」

って、なんで歌わないかんのじゃあ・・・!

褐色の湖面から巻き上げる、鴨ねぎうどん・・・!

「出汁に見た目の色ほどのパンチがないのが残念な点ではあるが、おろし生姜をのせたのが正解!生姜を溶かせば、幾ばくか攻撃力が増す・・・!」

わずかに入った柚子皮。鴨肉で巻いて食べると、これまた風流。

間違いない・・・!
これを食べれば京都大原三千院が・・・!

四千院になる・・・!
果ては五千院!六千院も可能・・・!

「そうなると、もう何が何やら・・・」

わからない・・・!
わからないっ・・・!

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます。

丸亀製麺各店の営業時間などは、下記リンク先「丸亀製麺公式サイト」にて。

(参考:丸亀製麺の店舗検索【公式】

*うどん屋めぐりに「高知うどん全店リスト」もご活用ください

スポンサーリンク

SNSで晒す(シェア)

竜一を監視(Twitterフォローなど)