讃岐うどんの名店「がもううどん」行列の人気店おすすめの「うどん」 | 生姜農家の野望Online

讃岐うどんの名店「がもううどん」行列の人気店おすすめの「うどん」

香川の讃岐うどん店「ならでは」が凝縮されている、坂出市の人気店・・・!

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1回のみ)

がもううどん(蒲生)

『がもう』は高難度。
まず、店舗がどこにあるのかわからない・・・!

カーナビを頼りに駐車場らしき場所に降り立って、店舗を探す。

『がもう』の「お土産うどん」を販売しているふうな建物は、すぐに見つかるけれど、肝心の『がもううどん』本館が見当たらない・・・。

「駐車場はわかるが店舗がわからないうどん店なんて、なかなかない!逆はあるにしてもだ・・・」

迷っていると「お土産うどん」を販売する店舗の反対側で人の声がする。それが『がもううどん』の本館だった。

平日の午前10時半頃。中途半端な時間帯ゆえに、「いつもの『がもう』」ほどではないにせよ、多少の行列はできている。

「がもううどん」のメニューはシンプル

  • うどん 小(1玉)150円
  • うどん 大(2玉)250円
  • うどん 特大(3玉)350円

のみ。あとはトッピングで・・・

  • 天ぷら(1個)100円
  • あげ(1枚)100円
  • 温泉たまご(1個)100円
  • 生たまご(1個)50円

そんな構成。
出汁は・・・

  • 温かいかけ出汁(あつあつ、ひやあつ用)
  • 冷たいかけ出汁(ひやひや、あつひや用)
  • 濃い口出汁(「ぶっかけ」や「釜玉」用)
  • 醤油(「醤油うどん」用だが「釜玉」にかける人も多い)

以上が用意されていて、すべてセルフシステムにて進行する。

セルフシステムは難易度高め

注文はうどんの大きさと温冷、「あつい」「ひやい」のみ。その後の流れはこう。⇒  秒速でうどんの提供 ⇒ セルフで「天ぷら」や「卵」「きつね」などをトッピング ⇒ 先に会計 ⇒ 食べたい食べ方に合わせて、出汁や醤油をかける(温かい出汁は鍋から、冷たい出汁は蛇口をひねってかける) ⇒ 店内およびその辺で適当に食べる食器返却(勢いあまって食器を持って帰ってはいけない)

と・・・。

讃岐うどん初心者には、かなりの高難度・・・!

だが近年の香川における人気うどん店は、おおよそ観光地のようになっていて、店の人々も初心者の対応に慣れている。『がもう』においても客側が戸惑う以前に、大抵は上手に誘導してくれる。

わからない場合は聞けばいい。
それは恥でも何でもない。むしろ他の客にとってはシステムを知れる、ありがたい行為。

竜一さんほどの達人になると大丈夫だが、一見の観光客が多い『がもう』。

わりとみんな、わかっていない。

わからないことを聞くのは、ある意味正義。聞けば、恥ずかしいどころか大衆の心のヒーローになれる。

「とはいえ、コミュ障の俺なら絶対に聞けないがね・・・」

うどん小(1玉)あつあつ

温かい麺に、温かい出汁をかけ、それにセルフで「ちく天」をのせている状態。

食べるのは、野外・・・!
店内にも座る席はあるが、狭小。ほぼ常に満席。

『がもう』は、店の外で食べるのが、デフォ!普通のこと・・・!

行列ができる人気店「がもう」の「駐車場」で、冬の寒い中食べる「あつあつ」は至極のうまさ

この絶景・・・!
しびれるっ・・・!

店の外観、うどん、ロケーション・・・!
讃岐うどんの原風景のすべてがここにある・・・!

かたすぎず、やわらかすぎない、絶妙のかたさを誇る麺。

滑らかな舌触り・・・!
抜群のアルデンテ・・・!

「恐ろしい喉越し!麺が胃に滑り落ちる・・・!」

通常、うどんは噛んで飲む。それが当たり前。
しかし『がもう』のうどん。

「まだほとんど噛んでいない内に、うどんが勝手に喉を通っていく・・・!」

どこの手打ちうどん店の大将も言う。「うどんは生き物だ」と。

『がもう』のうどん!本当に生きている・・・!

「麺がいいだけじゃない。かけ出汁もコクがあって、圧倒的ハイレベル・・・!」

そのとき竜一は心底安心していた・・・。
「『がもう』の近所に住んでいなくてよかった。こんなのが近くにあったら毎日通って、うどんニートになっていたところだ・・・」

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1回のみ)

「がもううどん」の所在地、営業時間、定休日、駐車場

所在地/香川県坂出市加茂町420−1(地図
営業時間/平日8:30~13:30頃、土曜・祝日8:30~13:00頃
定休日/日曜、第3、第4月曜、体育の日

*臨時休業の場合などもあり、その都度、下記リンク先の「営業カレンダー」にて確認するのが無難。
(参考:がもううどん【公式】

営業形態/セルフ(詳細は本文にて)
駐車場/有
一人行きやすさ/○ その辺で適当に食べる感じで…。
子連れ行きやすさ/○ 幼児連れは車で食べると、楽。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)