黒いラーメン「丸醤屋」期間限定「丸醤ブラック」 | 生姜農家の野望Online

黒いラーメン「丸醤屋」期間限定「丸醤ブラック」

黒い・・・!
なんて黒さだ・・・!

コイツは丸醤屋の「富山ブラック」・・・!

株式会社トリドールが展開するラーメンチェーン『丸醤屋』。その期間限定ラーメンを『イオンモール高知』のフードコートにて見かけた竜一。

そのとき午後4時を回っていたが、衝動を抑えきれない。
「丸醤ブラック!黒い誘惑にあらがえない・・・!」

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1回のみ)

「丸醤ブラック」実食レポート

同じく「トリドール」が展開する、うどん店『丸亀製麺』と違い、限定メニューが発売されても公式サイトでのアナウンスがまったくない『丸醤屋』。

以前食べた「肉醤油ラーメン 濃いめ」同様、情報は皆無で高知県以外の店舗でも販売されているのかは不明・・・。

丸醤ブラックの姿は?

凶悪っ・・・!
黒い!どす黒い・・・!

現れた「丸醤ブラック(税込890円)」を前に竜一!フードコートで1歳児の娘を抱きながら、息を呑む・・・!

「わかるか娘よ。お父ちゃん、いま…ラーメン相手にビビってんだぜ・・・」

中央に温玉・・・!
それをチャーシューの壁が支えている・・・!

チャーシューは堤防・・・!
「温玉が黒い海に落ちてしまわないように支える、堤防・・・!」

「丸醤ブラック」は、昨年も同時期に発売されていたようだが、昨年の仕様は若干違い、よくあるラーメンみたいに、味玉が脇に添えられる仕様だった模様。

しかし今年は「味玉」に代わり「温玉」。温玉は脇ではなく中央に鎮座している。

上空から見下ろせば、ジャンク・・・!

男らしい世界観・・・!
具材がドサドサと、計算された乱雑感で盛られている・・・!

「こういうのを若い女の子が食べていたりすると、魅力的に見えるんだよな。ギャップ萌えというか・・・」

そのとき「丸醤ブラック」に手を伸ばそうとする、1歳児の娘・・・。
「いやいやいや、たしかに若い女の子だけれど、アナタまだ若すぎるから・・・!」

ジャンクなラーメンを食べていなくても、十分魅力的だよ・・・。

ネギは大盛・・・!

注文時、店のお姉さんに聞かれた。
「ネギはどうされますか?」

あとから考えると、入れるか否かという質問だったのだろうが、竜一瞬時に判断できず・・・。

「多めで・・・!」
量を指定してしまう。

がっ・・・!
ちゃんとネギを大盛にしてくれたお姉さん・・・!

「お姉さんの優しい心遣いを無にしないためにも、俺は攻略しなければならない・・・」

この黒い海・・・!
悪びれた山をっ・・・!

丸醤ブラックを食べる

漆黒の闇から取り出す、麺・・・!

「麺まで黒くなっている・・・!」

食べれば意外・・・!
「濃くない!もっと濃くて胃がやられる感じかと思いきや・・・」

濃くない・・・!
「もちろん薄くはない!どちらかといえば濃い。だがすごく濃いわけではない!以前食べた『肉醤油ラーメン 濃いめ』のほうが、遥かに濃かった・・・!」

焦がしニンニクが香ばしい匂いが口の中を漂い始める頃・・・。

温玉を崩せばマイルド・・・!

荒々しかった世界が、卵の優しさに包まれていく・・・!

「鶏卵ってのは優秀なんだ。卵焼きや目玉焼き、単体で勝負することもできれば、パンにも使われるし、パスタにも、うどんにも、ラーメンにも、何にでも合う・・・!」

卵なら、この黒い世界を変えることさえ可能・・・!

『丸醤屋』の富山ブラック!「丸醤ブラック」!堪能・・・!

まとめ

  • 「丸醤ブラック」は見た目ほど濃くない。
  • 卵は世界を変える。

*『丸醤屋』各店の所在地や営業時間などは、下記リンク先を参照ください。
(参考:丸醤屋【公式】

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1回のみ)

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)