焼肉「ぷるこぎ」高知店で大盛ランチ!昼から米沢牛が食べられる! | 生姜農家の野望Online

焼肉「ぷるこぎ」高知店で大盛ランチ!昼から米沢牛が食べられる!

肉っ!肉っ・・・!
肉の大群が俺の前に現れた・・・!

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1回のみ)

「焼肉 ぷるこぎ 高知店」でランチ

この日竜一がやってきたのは、高知県の西端、土佐清水市の精肉店『肉のなかおか』が経営する焼肉店『ぷるこぎ』。その高知店。

本店は土佐清水市にあり、四万十市、高知県外は鳥取県米子市と、全4店舗が存在する。

土佐清水の肉屋さんが営み、鳥取県にも店舗がある『焼肉ぷるこぎ』の売りは、山形県のブランド牛「米沢牛」が食べられるということ。

高知、鳥取、山形、3県を股に掛けた肉の物語が、いま始まる・・・・!

「焼肉ぷるこぎ 高知店」のランチメニュー

(* メニュー画像はいずれもクリックすると拡大して表示されます)

目前の網で「米沢牛」が焼ける「焼肉セット」もあるが、このとき午後1時半。『ぷるこぎ 高知店』の閉店時間は、午後2時。オーダーストップは、午後1時半。

「って、え・・・?」

まさにオンタイム・・・!

「いまから悠長に肉を焼くのは、さすがに気が引ける。店のスタッフのかたも、これから肉を焼くのだけは、やめて欲しいに違いない・・・」

肉を焼かないのであれば、迷う余地はない・・・!
メニューに「当店人気NO1」と記載された定食・・・!

「ぷるこぎ定食」・・・!

「小」「中」「大」。同料金で選べたライスの量は「大」選択。無条件で付くドリンクは「ウーロン茶」。

ほぼすべてのランチメニューにドリンクが付く「ぷるこぎ」

メニューに「黒ウーロン茶」をあとから見つけ、若干後悔。
「せっかくだから”黒ウーロン茶”にしておけばよかった・・・」

チキン南蛮定食

初手は「チキン南蛮定食」。

注文から提供までは早く、5分ほどの待ち時間できた。

「中」でも十分に量が多いごはん。

四万十鶏のむね肉使用!チキン南蛮・・・!

褐色の衣・・・!
ギラつく脂・・・!

タルタルが・・・!
タルタルがっ・・・!

タァァァルタルしているっ・・・!

鶏のステーキ・・・!
チキンステーキ!そんな様相・・・!

焼肉屋なのに、洋食屋みたい・・・!

「ぷるこぎ」は個室、掘りごたつ!

「個室は子連れにありがたい・・・!」

しかも掘りごたつの床・・・!
床暖房が効いている・・・!

「暖かい!足の裏が暖かい、という幸せ・・・!」

噛み締めていると、くる・・・!

人気NO1「ぷるこぎ定食」

肉が織りなす世界観・・・!
竜一の脳内で壮大なオーケストラ演奏が開始される・・・!

デカい・・・!
「大」で注文したごはん・・・!

ドンブリ飯・・・!

プルコギは・・・!

山ぁっ・・・!

「なんて量!下から見上げると、山頂がかすんでいる・・・!」

迫力の大パノラマ・・・!

絶景ランチ・・・!

さらに日本の心、「味噌汁」に「漬物」まで付いている・・・!

プルコギの肉山から、肉を”飯山”に移すと結成される、最強コンビ・・・!

白飯と肉・・・!
これぞ!正義の形っ・・・!

掻き込む・・・!
「うまい!大盛のご飯とプルコギが、どんどんなくなる・・・!」

子供には「アンパンマンふりかけ」のサービス付き・・・!

帰り際、娘に笑顔で手を振ってくれる店のお姉さんに、笑顔で応える、父・竜一・・・!

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1回のみ)

「焼肉ぷるこぎ 高知店」の所在地、営業時間、定休日

所在地/高知県高知市鴨部2-6-52(地図
営業時間/11:30~14:00(L.O.13:30)、17:00~22:30
定休日/水曜日
駐車場/有
一人行きやすさ/○ わりと行ける雰囲気。
子連れ行きやすさ/○ ほぼ完全個室で、行きやすい部類!

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)