晩ごはんレシピ「鮭のムニエル」と「チンゲンサイの生姜卵炒め」 | 生姜農家の野望Online

晩ごはんレシピ「鮭のムニエル」と「チンゲンサイの生姜卵炒め」

主婦(主夫)最大の悩み!それがこれ・・・!

「きょうの晩ごはんのおかず、何にしよう・・・」

毎日、朝から考えて憂鬱。
そんな人々の悩みを、シェフ竜一がマルッと解決・・・!

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます。

きょうの晩ごはんは「サケのムニエル」と「チンゲンサイの生姜卵炒め」にしましょうよ

まずはチンゲンサイを適当な大きさに切る。生姜は千切り。

サケには塩コショウを振っておく。

あとはそれぞれを炒めたり、焼いたりして終わり。

世界の主婦たちよ、見てくれ!これが日本!庶民の食卓だっ・・・!

消せない生活感・・・!
「仕方がない!生活してんだから・・・!」

生姜が効いた「チンゲンサイの生姜卵炒め」・・・。

ごはんに合う「サケのムニエル」が食欲をそそる・・・。

日本人は、ムニエルにライス!ムニエルに味噌汁・・・!

「最終、ごはんと味噌汁があれば何とでもなる・・・!」

「チンゲンサイの生姜卵炒め」だの、「サケのムニエル」だのゴチャゴチャと紹介したが・・・。

最終、味噌汁があれば、おかずは何でもいい!それが日本人だろう・・・!

「しかし『何でもいい』が一番困るのが主婦なのでね・・・」

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます。

「サケのムニエル」のレシピ

材料(量は適当に加減)

  • サケ
  • 小麦粉
  • コショウ
  • バター(なければマーガリン)

作り方

  1. サケに塩コショウを振って、10分ほど放置
  2. キッチンペーパーで水気を拭き取り、小麦粉をまぶす
  3. 油をひき、熱したフライパンにバターを入れてサケを置き、中火で焼く。30秒くらいしたら弱火にする
  4. サケのまわりが白っぽくなってきたら裏返し、もう片面を焼いて完成

「チンゲンサイの生姜卵炒め」のレシピ

材料(量は適当に加減)

  • チンゲンサイ
  • 生姜(千切り)
  • 鶏ガラスープの素(顆粒)
  • コショウ

作り方

  1. 卵を割り、塩を少々加え、サラダ油を熱したフライパンで大きくかき混ぜ、半熟のやわらかい状態で一旦取り出す
  2. 同じフライパンに油を少々足し、生姜を入れ、香りが出てきたらチンゲンサイを投入。中火で炒める
  3. 炒まったら鶏ガラスープの素と水を加え、蓋をして1分ほど蒸し焼きにする
  4. 蓋を取って、「1」の卵を戻し、塩コショウで味を調えて完成。
スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)