「石丸製麺」うどんのアレンジレシピ。卵を使って「メレンゲ釜玉」に | 生姜農家の野望Online

「石丸製麺」うどんのアレンジレシピ。卵を使って「メレンゲ釜玉」に

「釜揚げ鶏玉うどん」に続く「ぼくのかんがえた、さいきょうのうどん」第2弾!

(参考:簡単アレンジレシピ「釜揚げ鶏玉うどん」の作り方。卵と鶏肉で極旨!

メレンゲ釜玉うどん・・・!

「メレンゲ釜玉うどん」のレシピ

【材料(1人前)】

  • うどん(麺のポテンシャル重要)
  • 卵 1個
  • カマボコ 適量
  • 冷凍枝豆 適量
  • ネギ
  • 砂糖、塩(メレンゲ用)
  • 釜揚げうどん用のつゆ(付属品がなければ、市販のめんつゆで作成)

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます。

メレンゲを作る

まずはメレンゲを作るところからスタート。

卵白をツノが立つようになるまで、またひたすら混ぜる。ハンドミキサーがあれば楽なのだが、腕に筋力を付けるため、あえて手作業で混ぜる。

「手ぇ、痛ぁぁぁ・・・」

具材の用意

カマボコは、ウサギちゃんの形に。

冷凍枝豆は、サヤから出してバラバラにしておく。

麺は例の「石丸製麺」

いっぱいあるんだよ!家に石丸製麺が・・・!

「賞味期限が長いし、その辺の『ゆでうどん』や『冷凍うどん』とは次元が違う。家にあると『うどん禁断症状』回避に重宝する・・・」


香川県産。石丸製麺半生讃岐うどん包丁切りつゆ付 1ケース(2人前×6袋) 【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

「メレンゲ釜玉うどん」の完成です

中央に配したメレンゲ、そして卵黄。「雲がかかる山」をイメージした、シェフ竜一の素晴らしい表現力が垣間見える一皿。

麺は釜揚げ状態。水で締めず、鍋からそのままトングで抜いている。

「盛った麺の中央に”卵ポケット”を作ったのは失敗だったな。本当はメレンゲの上に卵黄がのっている感じにしたかった・・・」

しかし、そのことが結果的に「ただのうどん山」を「火山風味のうどん山」に仕立て上げた。

「楽しいねぇ。うどんってのは。盛り付けるだけで生け花みたいな歓びが得られる・・・」

山の裾野には、ウサギが4羽。

ぴょんぴょん!ぴょんぴょん!

うーん。

ぴょんっ!

「かわいい。俺みたい・・・」

全体的に、かわいいうどんができました。

うどんに付きものの、きざみネギ。大抵は器の中央や脇に一塊にして盛られているが、今回シェフ竜一、枝豆と共に周囲に散らす方式を採用。

「枝豆やネギで、富士山みたいな標高の高い山に転がる、岩や草花を表現しています・・・」

ちなみに枝豆が岩で、ネギが草花設定。

皆さんも、春は「うどん山」に遊びにおいでませんか?

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)