立米って何?生コン屋でコンクリートを注文する方法。 | 生姜農家の野望Online

立米って何?生コン屋でコンクリートを注文する方法。

SNSで晒す(シェア)

▼ 午前の竜一さん

「草刈り機?これはライトセーバーだよ。映画のスターウォーズみたいに光ったりはしないよ?あれはCGだから。俺のはね。回る。先がもう、ぐるぐる回るよ…?えらいもんですわ・・・」

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます。

▼ 午後の竜一さん

生コン屋で、コンクリートを買ってくる

どうして俺、コンクリート練ってんの?

謎である。とにかく私は直前まで、生コン屋に出向いていたのだ。

「『生コン』って、生のコンニャクじゃないよ。生のコンクリートだよ?」

生コンの買い方(注文の仕方)

コンクリートに無縁のかたは、なかなかご存じないだろうが、コンクリート屋さんに出向いてコンクリートを注文すると、「いったいどれほどの立米(りゅうべい)が欲しいのだ?」「練りかたはどうする?」と大抵問われる。

立米?

日常では、あまり聞かない単位だが、体積を表す単位である。

1立米は、1立方メートルと同じだ。

どうしてコンクリートは体積で計るのかというと、コンクリートは水を入れて練るため、同じ量のコンクリートでも、練りかたによって重量が変わるからだ

そのため「キログラム」ではなく、「立米」で計る。

さらにコンクリートの「練りかた」は、「空練り(からねり)」「半練り」に加えて、普通に「生コンください!」と言えば通る「生コン」がある。

  • 「空練り」は水を入れずに、砂利・砂・セメントを練り合わせた状態。
  • 「半練り」は名の通り、五分ほどの練りかたになるように若干水を入れた状態。
  • 「生コン」は即座に現場で使えるように、水をたくさん入れた状態。

ですよね?生コン屋さん?(笑)

この局面、竜一の選択は「空練り」

「水を入れると、コンクリートが固まるのが早くなるから、まったりやれないんだよ。それに軽トラにコンクリートが付きまくって、永久に取れなくなるしね・・・」

軽トラに乗せて運んできたコンクリートを、田んぼの入口で運搬機に移し替える。

「空練りは、大変だよ・・・」

当たり前だが、水が入っていないコンクリートは、自分で水を加えて練る必要がある。

「水をチマチマ入れながらコンクリートを練るのがどれほど大変ことか、おわかりいただけるだろうか・・・!

山から引いてきた天然水を使い、運搬機の上でコネコネしてから、少しずつ石を積み重ねる。これがのちの「石積み建設株式会社」である。

石積み建設株式会社とは

「石積み建設株式会社」とは、石を積み重ねる最中に竜一さんが思い付きで設立した、架空の企業である。

「そんなこんなで石積み完成・・・」

要は田んぼのアゼが崩れていたのを、直していたんですな。はっはっはっ。

コンクリートが固まる、ゆえに作業終了後はすぐさま道具と運搬機を水で洗う。

ミッション・コンクリート・・・。

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

SNSで晒す(シェア)

竜一を監視(Twitterフォローなど)