「はなまるうどん」痺れ汁なし担々うどん+追い飯を食べた感想

濃厚豆乳担々うどん」に続く『はなまるうどん』の“担々うどんフェア”第2弾「痺れ汁なし担々うどん」が発売された。

スポンサーリンク

痺れ汁なし担々うどんの値段と販売期間

「痺れ汁なし担々うどん」の値段は・・・。

  • 小580円
  • 中680円
  • 大780円

+100円で「追い飯」ができる。

販売開始は、2017年2月14日。バレンタインデーより全国の『はなまるうどん』各店にて発売されている。

痺れ汁なし担々うどんを食べる

同時に「かけうどん(中)」も食べる

2食同時注文!全部食べる・・・!

トッピングは「唐揚げ」と「鶏天」。どんだけ鶏が好きなんだセット

「無粋なことを聞くな・・・」

鶏になりたいくらい、鶏が好きなんだよ・・・!

わたしは~とりになりたい~♪

おにぎりも食べるよ

「鮭おにぎり」でございます。

「『昆布』だの『辛子明太子』だの、『はなまるうどん』のおにぎりもいろいろあるけれど、やっぱ鮭でしょう。冬は北海道イメージで鮭だよ・・・」

で、ここからが本番。「かけ」や「おにぎり」は前菜でしかない。

痺れ汁なし担々うどん(中)+追い飯

「俺、本当は『汁なし担々うどん』だけで良かったんだ。でもプラス100円で『追い飯』ができるって店先のポスターに書いてあったんだ。なんか誘われている感じがしてね・・・」

え?追い飯しないの?追い飯しないと後悔するよ、そんなふうに言われている感じがしてね・・・。

します!追い飯しますむしろ追わせてください・・・!!

そう申した次第。その竜一の申し出は、のちの伏線だった・・・。

想像通りとはいえ、赤い!地獄みたいな色してんなぁ・・・!

年間に大量のうどんを食べている竜一。自分自身も、いったいどれだけの数のうどんを食べているのかわからない。

「数多のうどんを相手にしていても、これほどの亜種系と戦う機会はそれほど多くない。いったいどのような地獄を見せてくれるのか・・・

「近年『サラダうどん』をレギュラーメニュー化したりして、ヘルシー路線を明らかに意識している『はなまるうどん』。なのに『汁なし担々うどん』は恐ろしくジャンクな見た目。このギャップ・・・」

それがいい・・・!

麺上には、うどんの具材として近年すっかりお馴染みとなった「温泉卵(温玉)」がのる。

「温玉がのっていると、いつもどのタイミングで温玉を崩そうか、迷うんだよな・・・」

とりま・・・。

温玉には手を付けずにいく・・・!

白いはずの麺が、赤い!うどんが赤い・・・!

赤い!赤い!赤胴鈴之助・・・!

麺を持ち上げると、香りも上がる。
「すでに凶悪な香りが漂っている・・・!」

って、干しエビ、どんだけ入ってんだよ・・・!

大量に盛られた干しエビ。エビの大群・・・!

「うどんを食べると、バリバリバリッ!麺の食感を邪魔することしかしない、干しエビたち・・・!」

だがそれがいい・・・!

途中で温玉を崩す。

「見た目の印象ほどは辛くない。意外と辛くない・・・」

痺れ担々、痺れない・・・!

「辛さの度合いでいうと、普通の『カラムーチョ』ほども辛くないのではないだろうか・・・」

追い飯でシメ

「途中で俺は気が付いた。『これ、このままだと最終最後、ご飯だけ食べる羽目になるぞ』って。だからわざと具を残し気味にしておいたんだ・・・」

残し気味にした具に、「ご飯」投入・・・!

痺れ汁なし担々うどん!第2形態・・・!

追い飯エディション・・・!

見た目は・・・。

せぇの・・・。

キモっ・・・!

お世辞にも、良いとは言えない見た目。だがそれがいい・・・!

「俺は、ほぼすべて『だがそれがいい…!』で解決していく・・・」

それがいいってことにすれば、いいんだよ・・・!

悪いことなんて、何にもないんだよ・・・!

幸せを2倍に、つらさを半分にする魔法の言葉。「だがそれがいい…!」

追い飯、1口目・・・。

「うまっ!これうどんより、ご飯のほうが合うんじゃね?」

そう思ったが、中盤以降・・・。

「何だろう。言ってしまえば、味が単調というか。食べ飽きる・・・」

そこで竜一。「追い飯」の合間に「かけうどん」をつまむ荒技を展開。

「『かけ』をつまむと、口の中がリセットされて、また『追い飯』を食べる意欲が湧いてくる・・・」

しかし考えてみると・・・。

「『追い飯』を『俺が追っている』、妙な構図になっている。たしかに俺は序盤に「追い飯、むしろ追わせてください」と言いはしたが、本当に追わせるのか追い飯よ・・・!」

むしろ、俺を追えよ、追い飯・・・!

「んー。『追い飯』を半盛りできたら、ちょうどなのにな・・・」

まとめ

  • 「痺れ汁なし担々うどん」は、そんなに辛くない
  • 「追い飯」の半盛りが欲しい
  • だがそれがいい

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます。

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top