とんかつ源三!高知・朝倉のトンカツ専門店で「四万十豚」を食べる | 生姜農家の野望Online

とんかつ源三!高知・朝倉のトンカツ専門店で「四万十豚」を食べる

  • 家で揚げものをすると、油が散って床がベタベタになる。
  • そもそも家で揚げものをすると、油がもったいない。

油、めっちゃ使って、めっちゃ余るやん・・・!

そんなのエコじゃないよ・・・!

突然ECOに目覚めた竜一。トンカツ屋に行く。

高知市朝倉にトンカツの新店「とんかつ源三」オープン!

2017年1月にオープンした、トンカツの新店『とんかつ源三』。場所は高知市朝倉、土佐道路沿いにある『ジーンズファクトリー土佐道路店』のとなり。

「トンカツ専門店…。『かつれつ亭』以来だな。味噌カツラーメンならよく食べるんだけれど、トンカツ単体で食べることってあんまりない。そもそも高知はトンカツ専門店がロクにないからな・・・」

来たぜ!来たぜ!新店・・・!

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます。

とんかつ源三のメニュー

『とんかつ源三』。メニュー数はそれほど多くない。

これくらい少ないほうが迷わなくていい。いっぱいあると2時間くらい迷っちゃうんだよ、俺はよぉ・・・」

選べる3種の豚

「三元豚」「天恵美豚」「四万十豚」の3種から豚を選べる『とんかつ源三』。

「『三元豚』と『四万十豚』は見かけるけれど、『天恵美豚』というのは初めて聞いた・・・」

「天恵美豚」。調べてみると「天恵美豚」と書いて「てんけいびとん」と読む模様。

「ヴィトン…。バッグ的な?

「天恵美豚」は、どうやら鹿児島の豚らしい。

「さすがは鹿児島!豚の本場・・・!」

米は仁井田米

メニューには、こう書かれている。

「ごはんだけでもおいしい」最高級仁井田米

ご飯だけでも美味しい?むしろトンカツ、いらないのですか・・・!

「じゃじゃじゃ、じゃあ、ご飯だけ注文しちゃおうかな・・・」

揚げ足を取っていく竜一・・・。

とんかつ源三は、座敷有り

子連れ、行けます!バンボ!あります!

掘りごたつにテーブルが3卓。その内の一つは8人ほどが座れそうな、大きなテーブルになっている。ただテーブル同士の間隔は狭く、混雑時は注意。

卓上には、各種調味料が揃う。

「伯方の塩」があるよ・・・。

「伯方の塩といえば、愛媛の有名な、あの『伯方の塩』ですよ!俺も家では絶対『伯方の塩』!…と言いたいところだけれど、普通の食卓塩を使っていますよ!家では何でもいいかなって・・・」

とんかつ源三は、コミュ障にも安心の「押しボタン」完備

「伯方の塩」のとなりにある「押しボタン」。これを押すと店員さんが駆けつけてくれる。

「押しボタンさえあれば俺は無敵。普段は蚊の鳴くほどの声量しか声が出なくても、最終最後…声を出さずとも店員さんを呼ぶことが可能なのだ・・・」

はっはっはっ!押しボタンを得た!我は無敵なり・・・!

押しボタンを押して、すぐさま来てくれた店員さんに言う・・・!

「あ、あああ、あの…これと、こここ…これ・・・」

一口カツ御膳(天恵美豚・130グラム)

でーん・・・!

現れた「一口カツ御膳」。噂の鹿児島豚「天恵美豚」使用御膳!

おおう!おおう・・・!

一口サイズで食べやすそう・・・!

「食べやすそうな『天恵美豚』だこと・・・!」

特上ヒレカツ御膳(四万十豚・150グラム)

豚だよぉ!俺たちの高知!四万十の豚だよぉ・・・!

「マヨネーズ」「青じそ」「ごま」、3種類用意されたドレッシング。

「どれをかけようか迷うけれど、ゴマで!」

ゴマちゃんでいこう・・・!

ゴマドレッシング!かける!キャベツ山にかけおおすっ・・・!

ああっ!お肉・・・!

トンカツ・・・!

脂ぁっ・・・!

「肉の中から!脂がっ!あふれてきている・・・!

風呂場の湯船から、お湯があふれるように・・・!

トンカツソースは2種

甘口と辛口があるよ・・・!

「酒だったら辛口でいくしかないけれど、ソースにおけるこの2択は迷うな。やはり辛口でいきたいが、甘口も捨てがたい気がする・・・!」

そのときソースが入っていた容器に発見する、文言!

お好みで甘口・辛口のミックスもおすすめです

ミックス?

「そんなことが許されるのか・・・」

オーケー。それでいこう。

ざぶーん!ソースに浸けてトンカツを食べる!

おおっ!濃厚・・・!

四万十豚の強い味に、源三オリジナルソースが絡む!絡む!

「トンカツにおけるソースは重要。 焼鳥屋のタレみたいなもの・・・」

ソースに浸けたトンカツを一口食べ、トンカツがまだ口の中にいる内に・・・

ご飯!

トンカツ、からの素速く、ご飯!

トンカツ!ご飯!トンカツ!ご飯!トンカツ!ご飯!

幸せぇ~!

メェ~!

なんかもう幸せすぎて、ヤギになってきた。豚を食べているのにヤギって変な話だけれど、メェ~って言いたくなって、ヤギになってきちゃった!」

ビブラート効かせる感じで・・・。

メェェェェェ・・・!

ていうか失敗しちゃったなぁ…。メニューに「ライス」は「大・中・小」から選べると書かれていて、ダイエット中だからと最初は「中」を注文していたんだけれど・・・。

「ご飯が足りなかったらイヤだ。トンカツにご飯は重要だ」と、あとから「やっぱり、ご飯・大で!」なんて変更しちゃったんだよ。

そうしたら御膳が来てから「『キャベツ』と『ご飯』は、お代わり自由」だって言うじゃない・・・。

食べすぎたぁぁぁ。ご飯「中」でよかったぁぁぁ。「中」を頼んでおいて、足りなかったらお代わりするパティーンでよかったぁぁぁ。

『とんかつ源三』は、キャベツとご飯、お代わり自由・・・!

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます。

「とんかつ源三」の所在地、営業時間、定休日、駐車場

所在地/高知県高知市朝倉己144−1(地図
営業時間/11:00~15:00、17:30~21:00(LO 20:30)
定休日/月曜日
駐車場/有
一人行きやすさ/○ 行ける人は行ける雰囲気
子連れ行きやすさ/○ 座敷有り

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)