2017年はタケノコの裏年。いま一攫千金を狙うならタケノコだ! | 生姜農家の野望Online

2017年はタケノコの裏年。いま一攫千金を狙うならタケノコだ!

標高5000メーターの畑からこんにちは。竜一です。

……なんて言うと、まれに信じる人がいるので一応記述しておきますが、標高5000メーターは冗談です。本当はもっとあります。

▼ ほら。ごらん。標高が高過ぎて、大地には何も生えていないよ。

冗談はさておき……。
先日「土壌消毒」を終えた畑から順次、生姜を植える態勢を整えている。

そんな中、一気に暖かくなってきた高知。

高知、もうほとんど春だよ!

「いままでが何かちょっと肌寒かった。この暖かさで一気にタケノコも生えてくるに違いない……」

皆さん!ご存知ですか!
いまタケノコの卸値がすこぶる高いんです!

一攫千金狙うなら!タケノコだ!

『大阪中央卸売市場』の市況でも、高値が4kgで7,000円代、安値でも3,000~4,000円と「4月になろうとするこの時期に、これほどの高値が付くことが近年あったかな?」なんて2時間ほど考え込んでしまうほど高い!

しかし今年はタケノコの「裏年」。さらに高知の桜の開花も遅れたようなもので、気候の関係で、タケノコも遅れているのではないかと推測。

「モノがないから高い。まあ当たり前の話なんだけれど……」

例年、4月に入って気温の上昇とともに数が出回り始めると、急激に値崩れを起こすタケノコ。けれども今年は値崩れのタイミングが遅そう。

ウチの山にも、まだなさそうだもんな……」

(* 高知のかたで、現在タケノコがたくさん生えているよ!というかたはご一報ください。手伝います!!)

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます。
人気ブログランキング高知

スポンサーリンク

SNSで晒す(シェア)

竜一を監視(Twitterフォローなど)