高知の史跡「山田堰(やまだぜき)」土地改良区で歴史を学ぼう | 生姜農家の野望Online

高知の史跡「山田堰(やまだぜき)」土地改良区で歴史を学ぼう

高知の小学校に通っていた人なら、おそろく社会科の授業で習ったはずである史跡「山田堰」

「山田堰」とは……。
かつて土佐藩執政だった「野中兼山(のなかけんざん)」が水田に水を引くため、寛文4年(1664年)、高知県香美市土佐山田町の「物部川(ものべがわ)」に完成させた堰のことである。

学校によっては社会科見学で訪れるという。だがこれまで『山田堰』に一度も行ったことがなかった竜一、不安よぎる。

「俺はこのままでいいのか……」

山田堰に一度も行ったことがないようで、いいのか?

高知県民として、いいのかよ……!

「いいや、よくない。山田堰も知らないようで、生粋の高知県民を名乗れるはずがない!

俺は、いま、山田堰にゆく!

「ここが山田堰……?」 
じつは竜一、このとき『山田堰』の大まかな場所はわかっても、正確な場所を知らない。

到達したのは、高知屈指の人気うどん店『まるしん』店先の歩道橋がある交差点を南に入った地点。

▲ 大岩!発見!

「山田堰ナンタラと書かれた石がある。読めないけれど、きっとここが山田堰に違いない……」

▲ 流れる水!圧倒的水量……! 

「思ったよりも幅が狭い。オリンピックの『走り幅跳び』に出場できる次元の人ならば、おそらく飛び越えられる川幅だ……」

案外、ショボいな山田堰……。


▲ 脇に立っていた看板で、しばし歴史の勉強……。

それを読んでいた竜一。違和感を覚える
「おかしくね?山田堰の工事には26年もの年月を費やしたと書かれている……」

この川幅で「26年」はないだろう……。
「土佐の偉人、野中兼山が、この川幅に対して堰をこしらえるのに、26年もかかるほど仕事のできない人であるはずがない……」

竜一の違和感は、やがて確信へと変わる。

もしかして、ここ「山田堰」じゃない?

「碑があったりするから、山田堰に何か関係している場所なのかも知れないけれど、少なくとも“山田堰本体”ではない感じがする……」

当初の地点から、さらに東進してみる。

▲ また「山田堰」と書かれた碑があった。

「ええ?どういうこと……?」

山田堰、いっぱいある?

▲ 小さい碑の脇には、大きな碑がある。

碑と碑が、親子みたいだね。
「仲良く並んでらぁ……」

だが、謎は深まるばかり。
「ここも山田堰って感じじゃないな……」

どこにあるんだよ!山田堰!
碑だけ、やたら建ちまくってんだけど!

発狂寸前に陥りながら、すぐ東側にあった一級河川「物部川」へとフラフラ歩いていく。

▲ 物部川の脇には、広場があった。

広場では、小学生に見える子供たちが走り回って遊んでいる。
「元気だなぁ。俺はその元気があったら、帰って酒が飲みたいよ……」

って……!
ちょっ!待って!

「あれ………」
驚いて、指差す竜一。

▲ これ、山田堰じゃね?

そこにあったのは、間違いなし!

山田堰……!

正真正銘の「山田堰」っ!

▲ 山田堰に設置された看板の記載によると……

約300年にわたって活用され、役割を終えた堰の大部分はすでに撤去済みで、東岸に20メートル、西岸に70メートルだけ、山田堰の歴史を後世に残すために保存されているとのこと。

このとき竜一が立っていたのは、西岸。

▲ さすがは山田堰本体……。

圧倒的!史跡感っ!
「誰が見ても私は史跡ですよ、そんな顔をしている……」

▲ いかにも『堰』!そんな様相の石積み。

さらに石積みの隙間には、コンクリートが詰められている。
「西暦1664年にコンクリートを扱うとは。野中兼山・未来人説が急浮上だ……」

山田堰で記念撮影

▲ 往年の昭和スター風に。
(撮影中、周りにいた知らないおじさんや、子供たちにガン見されてゆきました……)

▲ 山田堰から見た物部川。

「向こう側…東岸に20メートル残されているという山田堰は見えないか……」

山田堰「中井第三水門放水口」

山田堰の見学を終えて帰ろうとしていると、また碑があった。
「碑、多いな!碑、多いね!この辺り、碑だらけだよ……!」

▲ 碑の脇で、謎の穴、発見。

「なんだろう、この穴……」

謎の穴の正体は……!

中井第三水門放水口……!

▲ 碑に書かれていた。

「ああ!あの中井さんの水門か!あんたがあの中井さんか……!」(知らんけど)

▲ それにしても碑がいっぱい。

碑っ!ヒッ!ヒッ……!

「山田堰に来るまで、俺は高知県民でありながら高知県民ではなかった。ここに来て、俺はやっと本当の高知県民になれた気がする……」

それにしても、野中兼山は偉大だ。
「先日の『手結港』にしても、山田堰にしても、高知の水にまつわる場所には野中兼山の仕事あり、だな……」

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます。
人気ブログランキング高知

山田堰(西岸)がある「物部川緑地」の場所。

住所/高知県香美市土佐山田町山田島(地図

スポンサーリンク

SNSで晒す(シェア)

竜一を監視(Twitterフォローなど)