春休みを終えて、生姜の定植を再開しました。 | 生姜農家の野望Online

春休みを終えて、生姜の定植を再開しました。

SNSで晒す(シェア)

4月に入ってから雨天続きだった高知。おかげでよもやの春休みと化した竜一。毎日、家で朝から晩まで「闇情報サイト」を閲覧するという自堕落な日々を過ごしていた……。

がっ!
久々に好天が続き、畑の土が渇いた昨今。

「たまには働くか……」
重い腰を上げて畑に向かった。

……というのはウソで、本当は働きたくてたまらなかった。心の底から働きたくて、窓から外に向かって「労働意欲全開ー!」などと叫ぶ有様だった。

オリャー!働くぞぉー!

ひとつひとつ、生姜を地道に並べ……。

花を愛で……。

弁当を食べる。

おっととっと。
すがすがしい。

「外でごはんを食べると、通常の2000%増しで美味しく感じるなぁっ……!」

「それも芝生の上、ではなく”草むら”の中で食べる!ってのがイイっ……!」

生姜を植え終わった畑は、「パオパオ」という資材で被覆する。「パオパオ」は寒がりの生姜を外気から守る役割を果たす。

このまま数週間おくことで、土の中では「ホット生姜」が完成。暖を取りたいときや、小腹が空いたときなどに、地中より掘り起こして食べるのだ。

▲ 一輪タイプの管理機兄弟。

「年代物の管理機を並べると、なんだか可愛い……」

思わず写真に収めてしまう、いとおしさ。
「薄汚れた人間たちより、機械のほうがずっと素晴らしい……」

竜一!病んでいる……!

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます。
人気ブログランキング高知

スポンサーリンク

SNSで晒す(シェア)

竜一を監視(Twitterフォローなど)