野良猫・保護(捕獲)。檻に入れて連れ去る。 | 生姜農家の野望Online

野良猫・保護(捕獲)。檻に入れて連れ去る。

ネコは魚が好き。
ネコは煮干しが、とくに好き。

こんにちは。竜一です。

約20日間に渡って続いた「生姜の定植」は最終局面。

(定植初日の記事:2017年。今年も生姜を植え始めました。

いくぞ!最終日!生姜を植え尽くす!

一輪タイプの管理機で植穴を掘り……。

植える!生姜!

▲ 昼食は恒例の、畑で食べる如月弁当

「美味しいー!」

弁当を食べ終えたあとは、心を無にして精神統一をはかる。

午後の部、開始。

▲ 地面に突き立てたiPhone7を踏み割る、ギリギリまで攻める。

「このくらい攻めなきゃダメ。これだけ危険な橋を渡らなきゃ、生姜なんて植えられない……!」

やがて終了を迎える今期(2017年)の定植。

「俺、お疲れ様……」

あとはただ……
無事に芽が出ることを祈るだけ……。

夕方の部。「田んぼをシメる」。

田んぼに乗り入れたトラクターに、ごはん(軽油)を食べさせて作業開始。

「田んぼをシメる」というと、「アイツちょっと調子に乗ってるからシメといたる!!」みたいな怖い言葉に聞こえるが、田んぼに水を張ることを「シメる」と言うのだ(全国的にはあまり使わない言葉かも)。

「調子に乗ったこの田んぼ、シメといたる!ワイがシメといたる!」

「カラスもピーチクパーチク、調子に乗って飛んどったら、シメてからに…焼鳥にしたるでぇっ……!

「ひえぇ。やめてください!」


▲ 高速で逃げるカラス。

阿呆なことを言いながらも、きっちり田んぼをシメ終える、

仕事のできる男竜一さん。

▼ シメる前の田んぼ(ビフォー)。

▼ シメる途中たあとの田んぼ(アフター)。

夕方、家に帰ると……。

夕方、オビ=ワン家に帰ると、納屋の方向から「キャー!」オバ=アの奇声が聞こえてきた。

「これがもしコナンだったら、十中八九、誰か死んでいるヤツだぜ……」

なんて躊躇(ちゅうちょ)していると、もう一度「キャー!」と、わざとらしい奇声が響いた。

渋々、見に行く竜一。

ネコが捕れていた。

「見て!見てっ!」と、目を丸くして言うオバ=ア。

ハクビシンなどの害獣捕獲用の檻に入っていたのは、ネコだった。

この1か月ほどのあいだ、オビ=ワン家には野良猫が住み着いていて、家に上がり込んでは畳の上にゲロを吐いたり、糞をしたり、非常に困っていたのだ。

(参考記事:水を張った田んぼ。トラクターは新幹線。住み着いた野良猫の3本です。

「捕れちゅうがはシマ(模様)のネコじゃ!」そう言って、オバ=アは眉間にしわを寄せる。

「ほぉ……」と言いながら、ネコに微笑みかける竜一。
「シャァァァアア!」と叫んで牙を剥く、シマ模様のネコ。

「おお……、怒っちゅう……」
「怖いで!手を持って行かれんで!噛みつかれるで!」

「まぁ捕れたき、良かったやん」と言う竜一に、オバ=ア。
「いかん!2匹おるもの。捕れたのはシマ。先に来たがはクロじゃきに」

本当は、先着順に捕らなぁ、いかんがよ。

「せ、先着順……?先着順に捕る必要はないろうがえ」
「いかん!シマより、クロのほうがタチが悪いがじゃき」

あれが畳の上へ、ゲロを吐いたがじゃきに!

「あたしゃ、掃除しながら泣きそうやった!」

怒り心頭のオバ=ア。

「散々困らせたんだ。当方としては、しかるべき措置を捕らせていただきます……」(低い声)

▲ ラップに包んだ煮干しが、軽トラ車内に乗せられている。

ネコは檻に入れたままの状態で、オビ=ワンがどこかに連れて行った。数本の煮干しと共に……。

▼ 応援お願いします(^_^) ▼
人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

SNSで晒す(シェア)

竜一を監視(Twitterフォローなど)

『野良猫・保護(捕獲)。檻に入れて連れ去る。』へのコメント

  1. 名前:ヌコヲヤヂ 投稿日:2017/04/24(月) 00:13:13 ID:4fe59c1e1 返信

    まさか川に捨てたり虐待はしてないでしょうね。そしてもし近辺で飼っているネコならばメッセージを首に付けてリリースしたほうがいいと思われ。

    • 名前:竜一 投稿日:2017/04/24(月) 11:20:24 ID:eeb106cf3 返信

      虐待???どうしてそういう発想になるのかわかりませんが、昔から私のブログを読んでくれているはずのヌコヲヤジさんには、私が動物虐待したりするタイプに見えていた、というのが何だか物凄く残念です……。

      人慣れしていないところを見ると、十中八九、捨てネコだと思います。

      ウチの地域は集落中が顔見知りで、ペットを何匹飼っているかだとか、どんな犬か、ネコか、それらをすべて把握しているので、近所で飼っているネコという可能性はゼロです。

      捨てネコ、田舎なので多いんですよね……。

  2. 名前:お母ちゃん 投稿日:2017/04/24(月) 11:20:41 ID:b32156e71 返信

    お母ちゃんも知りたい・・
    「知らない」じゃなくて「捕獲・保護」って事なら
    オビワンさんにちゃんと聞いて欲しいにゃ・・(´;ω;`)

    • 名前:竜一 投稿日:2017/04/24(月) 11:30:14 ID:eeb106cf3 返信

      不特定多数が見るインターネット上に書くと面倒くさいことが多いんで、詳細はオフラインで……。

      大した話じゃないんですけど、オオゴトみたいに捉えられている方もいるようなので、この件についてこの場に書き記しておきますが、「ネコは普通に幸せに暮らしていると思います」(^_^;)

      あと、街中では考えられないでしょうけど、田舎に捨てられるネコは、ウチの集落だけでも年間に何十匹もいます。

  3. 名前:ヌコヲヤヂ 投稿日:2017/04/24(月) 18:54:33 ID:0dbef7fc5 返信

    別に非難している訳ではないので気にしないでください。竜一さんを責めているのではなく古い世代の人は概念が異なり残酷な事を平気でする人が多いので気になっただけです。けどオビワンさんがそういう事をしていると決めつけてはいません。ヌコさんが心配なだけです気に障ったら申し訳ないです(=^・^=)

    • 名前:竜一 投稿日:2017/04/24(月) 20:07:06 ID:eeb106cf3 返信

      仲良くしてもらっていると思っていたヌコヲヤヂさんに「虐待」などという言葉を使われて正直悲しかったです。

      その辺でペットとして飼われているネコとは話が違い、ほぼ野生化していて、たとえば家で飼ったり、誰か飼ってくれる人を探せるレベルのネコでなかったということはご理解ください。80歳を超える高齢者が住む家で幼児も遊びにくる家ですので……。

      元々は誰かに捨てられたネコ。そんなことをする人がいなくなればいいのですがね。

      ネコは元気にしているはずだということだけ、お伝えします。