【太れる高カロリー】「ぶぶか 油そば」カップ麺。2017年版

日清食品グループの「明星」から、2002年より16年間にわたって毎年春に発売されているという、東京・吉祥寺の「らーめん専門店 ぶぶか」の看板メニュー「油そば」の味を再現したカップ麺「ぶぶか 油そば」の2017年版が4月3日に発売された。

「『油そば』って、とくに男性に好きな人が多いよね。『油そばが美味しい店、知らない?』なんて時々聞かれるもんな……」

東京・吉祥寺の高名な“あの”『ぶぶか』の油そばが全国どこでも食べられる魅力。
「『ぶぶか』いいよねぇ。やっぱり油そばは『ぶぶか』なんだよ……!」

まあ、一度も行ったことないけれど。
(* 辺境の高知県民なんですみません!)

▼ 応援お願いします(^_^) ▼
人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

明星「ぶぶか 油そば」のカロリー。

カロリー表示を見た竜一。驚愕!

圧巻の781キロカロリー!
「ええ?これ本当?」全身が震える。

がっ!
「しかし麺が130グラムあって、内容量が165グラムと大容量であることを加味して、グラム当たりで割れば大したことないんじゃない?」

テーマは「平均化」
「781を165で割れば、1グラム当たりのカロリーは、限りなくゼロに近いだろう……!」

数万円する包丁でも、毎日使うことを考えて日割りで計算すればタダみたいなもの、そういう理論で、『ぶぶか 油そば』がたとえ高カロリーであったとしても、食べて大丈夫なはず……!

明星「ぶぶか 油そば」の中身。

「かやく」「液体ソース」「ふりかけ」「マヨネーズ」が搭載されている「ぶぶか 油そば」。

先入れは「かやく」のみ。残りの3袋は後入れ。

お湯を入れて3分待ち。


▲ 必要なお湯の量が770mlとかなり多めであるため、通常の電気ケトルの場合、目一杯水を入れる必要がある。

3分待ちます!


▲ 待つあいだは、時間を有効に使うため、このように顔面のストレッチをするのがおすすめです。

3分後………。

お湯を捨てます!

ザッパァーン……!
流れるお湯!ベコベコと音を立てるシンク……!

圧倒的!湯切り……!

▲ 出来たてホヤホヤの「ぶぶか 油そば」ちゃん。

「仕上げます……!」


▲ 液体ソース投入!


▲ あとのメンバーを適当な気持ちで入れると、混ざりが悪そうなので一旦混ぜます。


▲ マヨネーズかけます。


▲ ふりかけいきます。

完成!「ぶぶか 油そば」カップ麺!

「ナルトがいいな。ナルトだけで20点くらい稼いでいる……」


▲ 混ぜてこその「油そば」。豪快に混ぜます。

OK!レッツゴー!

褐色に染まる、明星の太麺!

高速モグモグが炸裂する……!

「思ったよりも、油感があんまりない。ご家庭でゴマ油を勝手に垂らしたほうが美味しいかも?」

正直、油がもっと欲しい。
「味は結構濃いめ。タレの醤油味がガツンとくる。そしてお腹にたまる感じがすさまじい……」

いやぁ、これ……。

確実に太れそう。

筋トレがんばります……。

▼ 応援お願いします(^_^) ▼
人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top