香川名物!骨付鶏「一鶴」土器川店(丸亀市)で美味しい鶏を堪能! | 生姜農家の野望Online

香川名物!骨付鶏「一鶴」土器川店(丸亀市)で美味しい鶏を堪能!

「うどん県。それだけじゃない香川県。」

香川といえば「うどん」だが、うどん以外となると何だろう。いろいろあるが「骨付鶏」、これも香川名物のひとつと言える。


「香川発のうどん店『たも屋』の東京・有楽町の店舗では、昼はうどん、夜は骨付鶏を主体に営業されているというくらいなもので……」

骨付鶏、食べたいな。

骨付鶏、食べたいな!!!

というわけで、やってきたのは「骨付鶏と言えば…」の有名店、香川県丸亀市『骨付鶏 一鶴 (いっかく)土器川店』

▼ 応援お願いします(^_^) ▼
人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

骨付鶏 一鶴 土器川店

すぐ近く、同じ丸亀市に『一鶴』の丸亀本店もあるが、無料駐車場がない模様だったため、あえての土器川店。

「おおっ!あれ丸亀城じゃないの……?」
駐車場から見える、ライトアップされた丸亀城に感激する竜一。

「骨付鶏 一鶴 土器川店」の店内は座敷あり。

広い店内。テーブル席もあるが、座敷もある。
「子連れも多い……!」

大広間もある模様で、いくつかの宴会が行われている雰囲気だった。

「骨付鶏 一鶴 土器川店」のメニュー。

▲ 看板メニューの「骨付鶏」は、「おやどり」「ひなどり」の2種。

▲ 一品料理もいくつかあるが、多くはない。

▲ アルコール飲料も、もちろんある。

「ここは行くしかないでしょう……」

キンキンに冷えた、生ビールっ……!

(* 以下、寸劇いきます)

「Ikkaku」のロゴが入ったビールジョッキ。

あ、ありがてぇっ……!
涙が出る……!

うまい!うますぎる……!
うどん巡りで疲れた体に染み込んでくるっ……!

ぐっ!溶けそうだ……!

(*以上です)

もつ煮付け

先に提供してくれたのは、鶏のモツを煮た料理「もつ煮付け」

竜一、無類の内臓好き。
「これをアテにビールを飲んでみろ!昇天確定!本気で溶けること間違いなし……!」

きざみ生姜がたっぷり入った「もつ煮付け」。一口食べておいてビールで流し込む。すると訪れる絶頂期……!

たまりませぇぇぇん!
タマランチン会長が大挙して押し寄せる……!

そんなさなか……。

主役、登場。

ひなどり

「焼鳥屋さんみたいに、デフォでキャベツが付くんだな……」

何気に骨付鶏専門店初体験の竜一、「一鶴スタイルの骨付鶏の食べ方を熱心に読む。

一鶴スタイルの「骨付鶏の食べ方」。

  1. 骨付鶏がやってきたら、紙ナプキンで骨の部分を包み込むように巻いて、豪快に食べる。
  2. キャベツやおむすびは、鶏のタレにつけて食べる。


「なるほど。そんなに難しくはないんだな。要は豪快に食べればいいと……」

▲ 対峙するは、大きな「ひなどり」。

「この紙ナプキン入れすごいな。近未来的な形状をしている……」

▲ ビールジョッキと同じく、紙ナプキンも「一鶴」のロゴ入り。

「純正感、半端ない……」

『一鶴』の紙ナプキンで包んで食べる「ひなどり」……!

炸裂する!肉の味……!
圧倒的濃度
……!

「肉の味がとんでもなく濃い!鶏肉の中にすべての旨みが閉じ込められている!そんな雰囲気……!」

それでいて……。
「鶏肉自体は『ひなどり』とはいえ、ただただやわらかいわけではなく、程よい弾力がある。”肉食ってる感”がすさまじい……!」

これはビールが進む……!

▲ 「それでこのキャベツは、鶏のタレにつけて食べればいいんだよね……?」

つける!言われたとおり、キャベツをタレにつけて食べる!竜一……!


「あっ!すごくキャベツの味がする……」

これは本当に「キャベツ」です!
「キャベツじゃなかったら何なの?ってくらい、キャベツだわ……!」

タレの味がそれほど濃くないため、キャベツの味が直接的に感じられた。

とりめし(スープ付き)

“鶏の旨みが凝縮した、醤油味の炊き込みご飯”。
メニューにそう書かれた1品。

ご飯の上に「錦糸玉子」が大量にのり、脇には「紅生姜」。錦糸玉子の上には「グリーンピース」が添えられている。

「グリーンピースが可愛いな……」

「とりめし」。食べてみると……。
「うまい!メニューに書かれている通り、鶏の旨みがパタパタパタパタ!羽ばたいてくる……!」

隠れ人気メニューの「スープ」が只者ではない。

鶏皮が浮かぶ、鶏ガラスープ。『一鶴』に通う人々のあいだでは「このスープがうまいんだ!」と評判らしい。

飲んでみるとたしかに……!
「味が深い!俺の闇くらい深い……!

おやどり

最後にやってきたのは、「おやどり」
おやおや、おやどりは切られている……」

おそらく噛み応えが強いからだろう。「おやどり」は切って提供された。

酒飲みには絶対これ!

親、間違いない!すこぶるビールに合う!きっと日本酒や焼酎にも合う!合わないわけがない次元……!」

シンプルなメニュー構成。
シンプルに、ただただうまい。

『一鶴』が、長いあいだ人気店として君臨しているわけだ。

帰る頃には、待機客も出始めていた『骨付鶏 一鶴 土器川店』。
「平日の早い時間帯に行くのがベストだな……」

▼ 応援お願いします(^_^) ▼
人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

「骨付鶏 一鶴 土器川店」の所在地、営業時間、定休日、駐車場

所在地/香川県丸亀市土居町2丁目12−33(地図

【営業時間】
平日/11:00~14:00(L.O.13:45)、16:00~22:00(L.O.21:30)
土日祝/11:00~22:00(L.O.21:30)

定休日/無
駐車場/有
一人行きやすさ/△ 広い店内。賑わいに耐えられるなら…。
子連れ行きやすさ/◎ 座敷有り。賑わっているため居心地いい。

スポンサーリンク

SNSで晒す(シェア)

竜一を監視(Twitterフォローなど)

『香川名物!骨付鶏「一鶴」土器川店(丸亀市)で美味しい鶏を堪能!』へのコメント

  1. 名前:スマトサから 投稿日:2017/05/09(火) 00:58:27 ID:026739b70 返信

    一鶴のお吸い物は、かいだ屋の肝吸い並の美味……!

    • 名前:竜一 投稿日:2017/05/11(木) 10:53:17 ID:c6e0a3ef0 返信

      一鶴のスープは、鶏の出汁が出て美味しいですね。
      水筒に入れて持ち歩きたいレベル(笑)