トラットリア「ノンナ」高知市本町に移転したイタリア料理店でランチ | 生姜農家の野望Online

トラットリア「ノンナ」高知市本町に移転したイタリア料理店でランチ

元々は高知市帯屋町、時々行くアーケード街のBARにして名店『ラストチャンス』の裏手にあったイタリア料理店『ノンナ』

2016年末より高知市本町、俗に言う「県庁前」に移転されている。

高知・県庁前に移転したイタリア料理店、トラットリア「ノンナ」でランチ。

電車通り。県庁前の交差点、南西の角にある「本町深田ビル」。その2階に移転した『ノンナ』。

平日。ちょうどお昼どき。入ると『ノンナ』の店内はほぼ満席。周りに企業や官公庁が多い立地。いかにも仕事の昼休みに抜けてきた、そんな人々。マダムで賑わう。

おしぼりが「皿」にのって出てきた。

お水はワイングラスに入っている。

一気に高まる、貴族感!
「空気に飲まれてはいけない。俺は貴族。そう毅然とした態度を取る必要がある……」

▼ 応援お願いします(^_^) ▼
人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

イタリア料理「ノンナ」ランチのメニュー。


(*メニュー画像はクリックすると拡大して表示されます。…が、角度悪くて見づらいです。申し訳ない)

ランチメニューは一番安いもので1,000円。あとは大抵1,600円以上する構成。
「ランチの価格としては、ぶっちゃけ安くはない……」

しかし、すべてのメニューに「自家製のパン」「サラダ」「デザート」が付く料理は満足できる内容となっている。

とくに、パンがヤバい!

イタリア料理「ノンナ」の自家製パンは、かなり美味しい。

焼きたてで、あっつあつ!

「パンが美味しい……!」
普段から朝食はご飯派だし、パンを滅多に食べない竜一。

うまさに驚いた!
これは美味しい。小麦の香りが口に広がる。うどんみたいだ……

非常にうまい。
「世界2,000億人のパン好きのかたにおすすめしたい。『ノンナ』の自家製パンはかなり美味しい……」

さらにサラダ!

イタリア料理「ノンナ」のサラダ。

「見てこれ……」

皿がアンティーク!

丁寧に皮が剥かれたトマト。卵好きに嬉しいゆで卵。そして……。

オリーブが丸ごと1個入る状況!
「このオリーブ1個でワイン50杯余裕……!」

そんな中!現れた……。

イタリア料理「ノンナ」の「軽くスモークしたサーモンとホウレン草のクリームソースリングィーネ」。

棒がのっている……!

「リングィーネ!棒がィーネ!」

洒落ている……!
これが噂の
オシャレ棒かっ!

棒の味はもちろん……。

棒の……!
(ボーノ……)

リングィーネ(リングイネ)とは、断面が楕円形になったパスタのこと。

そのリングイネは、軽くスモークしたサーモンや、クリームソースと好相性を魅せる……!

「さすがは軽くスモークされているだけのことはある……」

軽やかなスモークの味がする……!

イタリア料理「ノンナ」の「春の土佐地魚と水菜の自家製生パスタ」。

「土佐地魚」「生パスタ」の文言に惹かれて注文した一皿。地魚は活き締めの「ヒゲダイ」とのこと。

皿の上限一杯まで、なみなみ入ったスープ。
「意外!スープパスタみたいな仕様なんだな……」

そして……。

ここにも「棒」が……!
棒がのっているんです……!

食べてみると、この棒……。
「高級なプリッツ!そんな味……!」

この棒1本で、ビール50杯余裕……!

皿を縦断する棒。

棒に反応しすぎな竜一。
「棒が素敵だ……」

生パスタは平打ち麺!
「日本語でフェットゥチーネ、あるいはフィットチーネなどと呼ばれる麺の系統か……」

食べてみると……。

スープの出汁感!半端ない!
イタリアを丸ごと絞った!そんな味……!」

が凝縮されてんだよ!

イタリア料理「ノンナ」のランチは、食後に「デザート」付き。

うまいんだよ!このデザートが!
「甘さ控えめで、上品な……」

大人のイタリアの味がするんだよ!

お昼休みに、ちょっとそこまでオシャレランチ。

『ノンナ』イタリアの味を体感だ……!

▼ 応援お願いします(^_^) ▼
人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

イタリア料理「トラットリア ノンナ」の所在地、営業時間、定休日、駐車場。

所在地/高知県高知市本町5丁目6-48 本町深田ビル2階(地図
営業時間/11:00~15:00、17:00~22:00
定休日/不明
駐車場/無
一人行きやすさ/○ カウンター席少しだけあり。オシャレ女子なら行けるが、竜一さんみたいなおっさんは…(笑)
子連れ行きやすさ/△ 大人の雰囲気でどうか。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)