商店街の魚屋で買った「クエの刺身」と「カツオのタタキ」がうまい! | 生姜農家の野望Online

商店街の魚屋で買った「クエの刺身」と「カツオのタタキ」がうまい!

いつもの魚屋の店先に達すると、女将さんが言う。
「いらっしゃい!きょうはクエが、なかなか脂がのっちゅうよ」

クエ?
「クエって、クエ鍋の……」

そう聞く私に、女将さんは何度かうなずく。

「そうそう」
「クエの刺身って珍しくないですか?鍋にはよくするけれど……」

「そうかねぇ?」と首をかしげる。「ほかは、カツオのタタキとかもあるけど……」

私は微笑した。
「じゃあタタキも……」

商店街の鮮魚店の良さのひとつが、悩まなくてもいい、という点である。

あれにしようか、これにしようかと頭を捻らなくても、客の好みを覚えておいてくれて、ほとんど勝手に決めてくれる。

私の場合は、初回に「ブリが欲しい」と言ったがために、おそらく女将さんの頭の中に「この人は、脂がのった魚が好き」とインプットされているのだろう。毎回、脂が…脂が…と、やたら脂ののった魚を薦めてくれる。

恐ろしいことに、「竜一、脂好き説」は当たっている。

魚の脂を抽出して、コップで飲みたいくらいだぜ……。

鮮魚店で購入してきた「クエの刺身」と「カツオのタタキ」を食べる。

買って帰ってきた、クエの刺身とカツオのタタキ。

タタキは店で藁焼きされている。なぜそんなことがわかるのかというと、店先を車で通る際、一斗缶に入れた藁に火をつけて、大将が藁焼きしている姿を何度か見かけているからだ。

圧倒的!脂で輝くタタキ!

タタキにしたあと、サラダ油かけてるんちゃうか!

……そんな勢い。
「これで値段は、420円だからね……」

大枚はたかなくても、美味しい刺身やタタキは食べられる!

クエは淡泊なのかと思いきや、身がモッチリしていて噛むとジワリ、旨味が出てくる。

クエ、結構クエる。
「青魚みたいに強い味はしないけれど、結構クエる」

カツオのタタキからは、香ばしい藁の匂いや脂とともに、大将と女将さんの優しさがあふれていた。

▼ 応援お願いします(^_^) ▼
人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)