リンガーハット「牛・がっつりまぜめん」牛肉・肉盛り150gの絶景 | 生姜農家の野望Online

リンガーハット「牛・がっつりまぜめん」牛肉・肉盛り150gの絶景

長崎チャンポンの『リンガーハット』が2017年4月3日より提供を開始している「牛・がっつりまぜめん」。(*上記画像は通常の「長崎ちゃんぽん」)

  • 価格/720円(税抜)
  • カロリー/980キロカロリー(!)

「ポスターで見かけた画像がすごく迫力あって、食べてみたいなぁ、と思ったんだよね……」

次の瞬間には……

注文していた。

リンガーハット「牛・がっつりまぜめん」を食べた感想。

現れる……!
肉盛り150グラムの絶景……!

「ヤバいな!肉が器の上にあふれてきている……!」

でも器、意外と小さい。
「『長崎ちゃんぽん』の器と比較すると、2/3くらいしかない。リンガーハットのレンゲ1個分、iPhone7、1個半くらいの直径だね」

▲ 脇には紅生姜。

見た目は「牛丼」だが……。

食べてみると「すき焼き丼」!

すき焼き丼の、ごはんが麺、みたいな……」

そんな味!

「ちょっと、一味唐辛子を入れてみよう……」

リンガーハット「牛・がっつりまぜめん」は、一味唐辛子を入れると美味しい?

このとき竜一、イオンモールのフードコートにある『リンガーハット』で「牛・がっつりまぜめん」を食べていた。

店員さんが「牛・がっつりまぜめん」に付けてくれた、「一味唐辛子」を食べる途中からかけてみる。

あ゛あっ……!
ああ゛ぁっ……!

一味唐辛子、かけたほうが美味しい!

「牛がっつりまぜめん自体が甘めの味付けだから、対局の味……辛さを追加すると、甘かったり辛かったりして、すごく美味しくなる!

当初、器の小ささから余裕で食べられると踏んでいた竜一だったが……。
「肉盛り150グラムは半端ない……」

体が牛肉になりそう。

「歯応え強めの肉と、極太のチャンポン麺、両者噛み応えがあって、お腹が張る……」

途中から追加した、「一味唐辛子」は救世主だった……。
「正直、甘くて食べ飽きる部分もあるんだけれど、一味唐辛子を入れることによって、パンチが出て、食べるペースに勢いが付く

今回、「牛・がっつりまぜめん」で改めて感じた……。

うどんもチャンポンも、攻撃力!

客を叩き潰すくらいの勢いで来ていただきたい!

「やるか!やられるか!」
食べるってことは、そういうことだろう……!

べつにそんなのはいいから、普通にチャンポン食べたい!って人は、一味唐辛子を入れなければいいし、俺みたいに「むしろ殴ってくれ派」の人は、一味唐辛子を入れたほうが絶対いい。

大食漢の人は「ライス」を注文して、「牛・がっつりまぜめん」の終盤に“追い飯”するのもありだと思う。「すき焼き丼」みたいな味だから、ごはんにも確実に合うはず。

▼ 応援お願いします(^_^) ▼
人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)