くいしんぼ如月「ぶっかけ豚辛うどん」ピリッと辛い夏季限定メニュー | 生姜農家の野望Online

くいしんぼ如月「ぶっかけ豚辛うどん」ピリッと辛い夏季限定メニュー

高知にはたくさんある。けれども高知以外には1店舗もない、高知がほこる弁当チェーン『くいしんぼ如月』。

夏季限定メニュー!豚辛うどん!

ちなみに『くいしんぼ如月』における、“夏季”は6月~10月頃まで、とのこと。価格は390円(税込)。

くいしんぼ如月「豚辛うどん」を食べた感想。

ブワァァァァン!

生ワサビ付き!

「わ、ワサビ……。意外な気がしたけれど、まぁ…ぶっかけうどんにワサビとか、わりとありがちだもんね」

結構な豚肉量!
「ハクサイも入っている……」

具の構成が、ジャン麺に似てるね!!

%e3%81%8f%e3%81%84%e3%81%97%e3%82%93%e3%81%bc%e5%a6%82%e6%9c%88%e3%83%bb%e3%81%98%e3%82%83%e3%82%93%e9%ba%ba%e3%83%bb%e7%84%bc%e3%81%8d%e9%a3%af5
▲ 参考画像:くいしんぼ如月の「ジャン麺」。

(関連記事:高知の弁当店「くいしんぼ如月」じゃん麺&焼きめしセット

「『豚辛うどん』以外にも、俺が勝手に名付けた、如月の”豚辛シリーズ”には『豚辛丼』や『豚辛弁当』があり、違いは、ごはんにのせるか、別々にするか、その程度ではないかと見受けられるのだが……」

よくいろいろ思い付くなぁ!
……と、それぞれの弁当を食べるたびに感銘を受けて感極まり、トイレで泣きたくなる。

そんな如月の「豚辛うどん」を食べてみると……。

ぬめっ!と冷たい!

「なにか冷たいうどんに見えなくて、温かいうどんと錯覚して食べてしまって、“つめたっ!”ってなる。でもうどん屋さんのそれみたいに冷たくはなくて、正確には、ぬるい

で。
「豚を炒めた油の影響で、麺の表面が、ぬめぬめ!

けれども、うどんは「焼うどん」があるくらいなもので、油と合うんだよね。

だから、美味しい。

“ぬめり”がうまい。

油でヌメヌメっ……!
ぬめるよ!すっごくぬめるよ……でも……!

ぬめってるのがイイッ……!

油っこいけれど、サッパリしている。でも食べ進めると徐々に“油っこい”が勝ち始めるから、そのタイミングでワサビを投入すると、いい感じに救援してくれる……」

豚が入ったうどんもあれば、牛肉が入った「肉うどん」ももちろんある。「鶏天うどん」など、鶏肉を使ったうどんもあるわけで……。

肉とうどんは、合う。
肉がうどんを求めているのか、うどんが肉を求めているのか……。

どちらだと思う!

「その答えにたどり着いたなら、エンドロールが流れて、最後に“fin”と出るんだろうけれど、こればかりは正解がない」

うどんとの対話を繰り返すことしか、僕たちにはできない。

うどんの心に触れ、また己の心をうどんと通わせたとき、豚辛うどんの真相にたどり着けるのだ。

▼ 応援お願いします(^_^) ▼
人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)