焼肉のタレで作る「肉巻きおにぎり」レシピ。中身はチャーハン! | 生姜農家の野望Online

焼肉のタレで作る「肉巻きおにぎり」レシピ。中身はチャーハン!

「肉巻きおにぎり」を、家で作ろうと思ったことはありますか?

家で肉を巻くのとか、面倒くさそうだよね。ましてや中身を「チャーハン」にして作る、なんて聞くと「うぇぇ…」なんて作る気なくしちゃうよね。

実際、手軽ではないかもしれない。
けれども美味しい。きっと家族を笑顔にできる、そんな肉巻きおにぎりを今回はご紹介します。

ただ俺も作るの初めてだから、何が起きるかわかりませんが、何とか乗り越えていきましょう。

焼肉のタレを使った「肉巻きおにぎり(チャーハン)」の作り方。

1.チャーハンを作る。


▲ ただ、チャーハンを作る。

たまたまレタスが冷蔵庫にあったから、レタスチャーハンにしたけれど、普通のチャーハンでいいと思うし、キムチチャーハンでも美味しそうだよね。

このとき、とくにパラパラのチャーハンにしなきゃいけないとか、そういうのはないと思う。どうせこのあと肉の脂でパラパラではなくなるからね。

2.ラップの上に豚バラ肉を、少し重ねるようにして並べて、塩コショウする。


▲ 豚バラ肉を、少し重ねるようにして並べます。

牛肉でもいいんだろうけれど、牛肉の薄切り肉は結構いいお値段するから、豚のほうが経済的だよね。

豚だと牛より脂が出るってのはあるだろうけれど、そもそも脂が苦手な人は、普通のおにぎりを食べればいいじゃないかって極論に達する部分はある。

3.並べた豚肉にチャーハンをのせ、ラップごと奥に向けて巻く。両側の肉も内側に折りたたむ。


▲ 豚バラ肉にチャーハンのせます。


▲ 工程2で忘れていた塩コショウを、いま振ります。


▲ ラップごと、奥に向けて巻きます。両端の肉も内側に折りたたみます。

がっ!
ここで竜一、凡ミス!

チャーハン入れすぎたよ!

チャーハンが多すぎて、巻けねぇ!

フライパンで肉の全面を焼いて、焼肉のタレをかける。

フライパンに置くときに、気を付けないと、肉と肉が外れちゃう!

片栗粉とかで、肉と肉をくっ付けておいたほうが良かったのかな。

ひっくり返すときも気を付けないと、危ない!


こうなるんだよ!

全長を伸ばすと、難易度が上がる。
少し短く作っても良かったかもしれない。だがもう遅い!


▲ 焼き上がったら、焼肉のタレをかける。

油、めっちゃ跳ねる!

顔に油が散ったらヤケドしちゃうから、美人はこのタイミングで焼肉のタレをかけないほうがいいかもしれない。

皿に入れてからでもかけられるからね。

あんまり焼くとタレが焦げるから、サッと火を止める。


▲ 皿に盛ります。


▲ 味が薄そうに見えたので、焼肉のタレを追いがけします。

完成!「肉巻きおにぎり(チャーハン)」。


▲ 脇を野菜でかためてみました。

ひっくり返すのに失敗しちゃって、真ん中が割れたけれど、まあまあいい感じじゃない?


▲ 好みの大きさに切って食べる。

やわらかっ……!
力を入れなくても、フワッと切れる!


へっへっへっへ。


▲ 食べます!

美味しい……!

中身が白ごはんではなく、チャーハンだからこそ、いろんな味がして美味しい。

肉の旨味と、チャーハンの旨味があいまって……

旨さが2乗になってんだよ……!

1人1本くらい、ペロリと食べちゃえるほど美味しい。

焼肉のタレとごはん、さすがは最強のコンビ。
タレ、豚、チャーハンの一体感が半端ない。

ご家庭でも是非作ってみてください。

生姜農家の野望Online!
▼ 応援お願いします(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)