囲い生姜(ひね生姜)の芽は食べられる!2017。生姜の芽をむしる | 生姜農家の野望Online

囲い生姜(ひね生姜)の芽は食べられる!2017。生姜の芽をむしる

タイヤに水をかけて、遊んでるよぉ……。

竜一です。

突然ですが………。
「生姜の芽」が食べられるのをご存じでしたか?

俗に言う「芽生姜」ではなく、普通の「生姜」から出た芽です。

▲ 白く見えているのが「生姜の芽」だよ!

* ちょうど1年前にも同じ趣旨の記事を書いています。
関連記事:生姜の芽は食べられる。芽の出た生姜は食べればいい!


▲ 生姜の芽が伸びきれば、こんな感じの緑色した「茎」と呼ばれる状態に育つんだけれど……。

▲ 今回は、横穴に貯蔵しておいた2016年産生姜。こちらの芽をむしります。


▲ 去年の12月頭に横穴に入れてから、約8ヶ月。だいぶ芽が生長してきていますね。

畑に植えられた「畑組」の芽は、すでに先述のような「茎」と化しているわけだけれど、横穴に入れておいた生姜の芽は、まだ数センチメートルといったところ。

外気温が30℃を超える、7月でも、横穴の温度は十数℃しかないから、芽があんまり生長しないんだよね。

それでも多少は生長してくる。

伸びた芽をむしっておかないと、芋(生姜本体)が芽に養分を吸われちゃって傷みの原因になるから……。

いま、このタイミングで芽をむしっておこう。
そして、むしった芽を食べよう。……というわけです。

生姜の芽をむしる。


▲ むしるよぉ……。へっへっへ。


▲ 右のコンテナに入った生姜の芽をむしり、左のコンテナに移します。

要は、ビフォーが右で、アフターが左ね。そういうルールでいきます。


▲ ほら!中にはこんなに芽が伸びた生姜もある……!


▲ ふごっ……!

ひたすら生姜の芽をとること、数十分……。


▲ いっぱいとれたねぇ……。


▲ ラッキョウ、みたい。


▲ 伸びたやつは、小さいタケノコのようでもあるねぇ……。

むしった芽は、酢漬けにして食べます。

なかなか一般のご家庭で、大量の生姜の芽を用意することは難しいかもしれませんが、道端に生姜の芽がたくさん落ちていた!……なんてことがあったら、是非お試しください。

生姜農家の野望Online!
▼ 応援お願いします(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)