「ハッセルバックポテト」アレンジ。「ハッセルバックナス」のレシピ | 生姜農家の野望Online

「ハッセルバックポテト」アレンジ。「ハッセルバックナス」のレシピ

「ハッセルバック」作るよ!

え?ハッセルバックを知らない?

ご存じ、ないのですか?

あの有名な「ハッセルバック」……。

まあ、俺も最近知ったけれど。

ハッセルバックとは。

薄くスライスしたポテトをオーブンで焼いた、スウェーデン発祥の料理で、「ハッセルバックポテト」といって、本来はジャガイモを使用して作る料理である。

がっ!
今回作るのは、「ハッセルバックポテト」ではない。

「ハッセルバックナス」である!

要は、ハッセルポテトの「ナス版」です。

では早速作っていきます。

ハッセルバックナスの作り方。

【材料(2人前)】

  • ナス/2本
  • スライスチーズ/5枚くらい
  • 大葉/6~7枚
  • ベーコン/6枚くらい
  • ケチャップ/適量
  • 塩コショウ/適量

レシピは「クラシル」様のサイトに掲載されているものを参考にしていますが、冷蔵庫に材料がなかったので、洋風のアレンジに変えました。

1. ナスの両端に割り箸を置き、5mm幅に切り込みを入れ、電子レンジで温める。


▲ ナスの両サイドに割り箸を置きます。


▲ 包丁で5ミリ幅に切り込みを入れます。

これ、すごいでしょ?

ナスを切り離してはダメ。ちょっとだけ繋いでおく必要がある。そこで生まれたアイデア。割り箸を置いて切る……!

頭いいっ……!

まあ俺が考えたアイデア、ではないけれどね。


▲ 切り込みを入れ終えたら、ラップをして、一旦レンジで温めます。

これは本来のレシピにはないやり方で、竜一が勝手にやっているだけ。

オーブントースターで焼いただけだと、何か、かたそうな気がしてね……。

俺、かたいナスとか食うの絶対イヤだもん。


▲ レンジに入れて温めます!にゃっはっはっはっは。

2. ベーコンは3等分、スライスチーズは6等分に切り、大葉は4等分に切る。


▲ ベーコンを3等分に切ります。

ベーコンうまいよねぇ。焼いただけでも、すこぶるうまい。


▲ スライスチーズは6等分に切ります。

チーズもうまいよねぇ。ワイン飲みながらかじったら、欧米人になった気分が味わえるよねぇ。


▲ 大葉は4等分に切ります。

どう見ても6等分に切っているけど、気にしない。

……等分ですらないか。

等分とは……。
等しい分量に分けること。また、その分量や割合。(コトバンクより引用

3. 「2」で用意した具材を、ナスのあいだに挟み、塩コショウして、ケチャップをかける。


▲ ベーコンを挟みますよ!


▲ うっへっへっへっへっへっへ。

結構、指先の器用さが求められる……。


▲ んんん!いい感じ!


▲ 残りの具材、スライスチーズ、大葉も挟んでいくよ!


▲ 挟み終わったら、塩コショウを振ります。

具材を挟み終えるまでに、そこそこ時間がかかっちゃうから、時間がなさそうなときは、先に仕込んでおいたほうがいいかもしれない。

それで、あとは「焼くだけ」にしておいたら、職場から帰ってきて、風呂にも入らずに「おい!飯!」と言う、夫あるいは妻にも対応できます……!


▲ ケチャップをかけます。

ちょっとホットドッグみたいになったねぇ……。

言われなかったら、ホットドッグと間違えて食べちゃって「えっ!これナスじゃん!」ってなるかもね(ならない)

4. オーブントースターでおよそ8分、全体に焼き色がつくまで焼く。


▲ オーブントースターで、8分ほど焼きます。


▲ 8分後……。

いい感じぃっ……!

さっき「ホットドッグみたい」って言ったけれど、焼き上がってみると「ピッッッツァッ!」……もとい「ピザ」みたいだね……!

言われなかったら、ピザと間違えて食べちゃって「えっ!これナスじゃん!」ってなるかもね(ならない)

5. 焼き上がった「ハッセルバックナス」を盛り付ける。

にゃっはっはっは……!

こんな上手く作れると思わなかった。難易度高そうだったから、今回は失敗するかもな、という予感があったんだけどね。

まあ考えてみると、切り込みを入れたナスに、具材を詰めて焼くだけだからね……。

てなわけで……!

完成!「ハッセルバックナス」!


▲ いただきます!

ナイフとフォークを手に、欧米人気取りで食べ始める竜一。

がっ……!
これ、思いのほか食べづらいね……。


▲ ナスの皮、切れてないし!

ナイフじゃ、なかなか皮切れねぇ!


▲ 困ってしまう、竜一……。

果物ナイフが欲しい……!

あっ!でも結構美味しい。

本当に、ナスのピザだ。
ナスにチーズ、ケチャップの味が加わることで、ピザ風の……

ハッセルバァァァック!

……って味になっています。

具材を詰める工程が、ちょっとだけ面倒ですが、ご家庭でも是非作ってみてください。

生姜農家の野望Online!
▼ 応援お願いします(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)