【高知】深夜営業のラーメン店「神」豚骨つけ麺 & 塩ラーメン。 | 生姜農家の野望Online

【高知】深夜営業のラーメン店「神」豚骨つけ麺 & 塩ラーメン。

ああ……俺のラーメンがそこにある……!

高知市繁華街にて、飲んだあとの締めにラーメンを食べるとなると、思い付くのはグリーンロードの「屋台街」、あるいは『蔵木』『ソライロ』しじみラーメンの『呑兵衛屋台』などだが……。

1人でも、フラッと入りやすいのがこの店。

とんこつラーメン 神(JIN)1

本場博多とんこつラーメン『神(JIN)』。
(*店舗画像は、2015年に撮影したものです)

本場博多とんこつラーメン「神(JIN)」のメニュー。

「本場博多とんこつラーメン」と屋号に付く通り、豚骨ラーメンを主体に営業されるお店だが、塩、味噌、醤油ラーメンも存在する。

▲ 塩ラーメン、いいねぇ……。

▲ 「つけ麺」もある……!

▲ 飲み屋街の真っ只中という立地にある『神』。つまみもそろう。

前回は「豚骨ラーメン」と「黒こげラーメン」だったが、今回は「塩ラーメン」「つけ麺」を注文。

前回の記事:【高知】深夜営業のラーメン店「神」(JIN)本店。豚骨ラーメン。

豚骨ラーメン店「神(JIN)」の塩ラーメン。

おおっ……!
シンプル……!

白鳥みたいに、白い器……!

白濁した豚骨スープとは一線を画す、透き通ったスープ!

塩分っ!塩気っ!
それらはいったい全体、いかほどのものだろう!

高鳴る胸……!
期待!
乙女心……!

ほっそーい!
絹糸のように細いストレート麺に、澄んだ塩スープが絡んでくる……!

ボタッ……!
ボタッッ……!

アルコールに疲れた胃に、塩のしずくが落ちてゆく……!

ガツンとくる塩気。強いパンチ。

スープの透明度は、仁淀川に匹敵!

「神(JIN)」の、つけ麺。

つけ麺、きたっ!

具材は小皿に別盛。そういう仕様。

▲ ちょっとした絨毯のように広げられた、チャーシュー。

▲ 「塩ラーメン」と対照的に、太い麺。

驚いた。
「このつけ麺、“あつもり”だ……!

よくある「つけ麺」は、ほとんどが「ひやもり」。麺を水で締め、冷たくして提供される。

「デフォは”ひやもり”だが、注文すれば”あつもり”で出してもらえる。そのパティーンはよくある……」

しかし『神』のつけ麺……!

デフォで、“あつもり”!

熱い麺を、熱いつけダレに浸けて食べる。

ああっ……!
あったけぇ……!

しかも、つけダレ、結構濃い。

熱くて濃厚なタレが、熱い麺に絡み……!

荒くれ者の男たちが集う……!
鉄火場のごとき、ぽっかぽか状態……!

▲ 別皿に盛られた、メンマ、キクラゲ、半熟煮卵。

この子たちを、途中から投入する。

すると一気に華やぐ、褐色のつけダレ。

役者は揃った……!

さあ!いこう……!
具材と共に……!

あつもりの底へ……!

熱いからこそ、麺同士が絡まる。
つけダレでほぐし、具材と共に口へ運ぶ。

分厚いメンマ……!

この厚さ……!
ほとんど、メンマ大王だよ!

大王級に厚いメンマ。熱い麺。熱いタレ。
酔いで火照った身体が、さらに熱せられる……!

湯気が出そうだ……!
いやむしろ出ている……!

いまの俺は、ひとり桜島……!

高知市繁華街で、よもやの桜島観光ができました……!

ありがとうございました……!
ありがとうございましたっ……!!

生姜農家の野望Online!
▼ 応援お願いします(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

「神(JIN)」の所在地、営業時間、定休日、駐車場。

所在地/高知県高知市追手筋1丁目1−5(地図

【営業時間】
日~木曜 ⇒ 18:00~28:00(OS)
金・土・祝前日 ⇒ 18:00~29:00(OS)

定休日/無
駐車場/無
一人行きやすさ/◎ 壁に面したカウンター席あり。
子連れ行きやすさ/△ 飲み屋街ということで、どうか。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)