高知の寿司店!土佐鮨処「康」本店。おまかせ握り。 | 生姜農家の野望Online

高知の寿司店!土佐鮨処「康」本店。おまかせ握り。

寿司食いてぇ……!

定期的に寿司を食べたくなる……!

それが日本人……!
大和魂ってもんだろう……!

土佐鮨処「康」本店。

普段から、止まっている寿司ばかり食べている竜一さん。

世の中には回転する寿司があるようだけれど、行ったことがないから、よくわからないなぁ。寿司が回る。そんな世界があるんだねぇ……」

カウンター席と、テーブル席にわかれる『康』の店内。たくさんの客で賑わっている。

「なにを食べようか……」
魚介類において、嫌いなものがない反面、強烈に好きなものもない竜一。

「なんでもいい!ここは大将にゆだねよう……!」

「おまかせ握り」を注文!

土佐鮨処「康」の、おまかせ握り(安い)。

たしか1000円ほどで食べられる、リーズナブルな握り盛り合わせ。

「回らない寿司にしては、安くない?」

▲ この赤い魚はなんだろう……。

なんだコイツは……!

「マグロかな?」と思ったが、食べてみると……。

「おそらくマグロではない。弾力が強い……。それともマグロの部位で、弾力が強い部位があるのかな」

マグロでないとしたら、誰なんだ!この魚は……!

竜一にはわからなかった。

▲ ほかには、アナゴ、タコ、イカゲソ、マグロの赤身などがそろう。

「サーモンが入っているのが嬉しい……!」
竜一はサーモンが好きだった。

「身の表面に入った白いラインが美しい……」

土佐鮨処「康」の、おまかせ握り(2500円版)。

▲ 先ほどの「おまかせ握り」の倍以上の値段がする、高級版の「おまかせ握り」。

うおぉっ!なんて盛り!

イクラの……!
宝石箱やぁぁぁ……!

イクラが……
イクラがもう……

パンチパーマみたいになっている!

パーマ状に盛られたイクラ。これがうまい!

粒が……!
イクラの一粒一粒が!

バァーンッッッ……!

弾け飛ぶっ……!!

そしてこれは………

エビの立体交差やぁぁぁっっ!

「最近のエビはこうなっているのか……」

太い!肉厚半端ない……!
圧倒的!エビの攻撃力……!

竜一の中で何かが目覚めそうだった。

それをのちに人はこう呼ぶ。

エビの目覚め、と……。

▲ キンメダイの握り。

▲ 清水サバの握り。

「サバって魚は、本当に美味しいよね……」

焼いてよし、煮てよし、生でよし。

「もちろん生で食べるには新鮮でないといけないけれど、『英屋』さん同様、『康』さんのサバも臭みなく、非常にモチモチした食感で美味しい

▲ ほかにも中トロや、ウナギなどが盛られている。

▲ 中でも印象に残ったのは、やはりこの「立体交差エビ」。

肉厚に感動だ……!

▲ 序盤に食べた、謎の赤い魚。

帰り際。店のかたに聞いてみると「チビキ」という魚だとのこと。

しかも赤く見えるが、白身の魚らしい。
「これが白身魚……。面白い魚だなぁ……」

海には不思議がいっぱい。

ナビゲーターは、うどんと魚を愛する農民・竜一でした。ありがとうございました。

生姜農家の野望Online!
▼ 応援お願いします(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

土佐鮨処「康」の所在地、営業時間、定休日、駐車場。

所在地/高知県高知市追手筋1丁目5-1(地図
営業時間/17:30~翌2:30(L.O. 2:00)
定休日/日曜日
駐車場/無
一人行きやすさ/○ 寿司屋さんに一人で行ける人は行ける!
子連れ行きやすさ/△ 幼児はさすがに…。だが小学生くらいの子連れは竜一が行ったときにもいたため、わりと大丈夫な雰囲気。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)