なか卯「うな玉親子重」持ち帰り。親子丼+うな重の新メニュー! | 生姜農家の野望Online

なか卯「うな玉親子重」持ち帰り。親子丼+うな重の新メニュー!

うな重と、親子丼が合体……!
あっていいのか!そんなこと……!

2017年7月27日、『なか卯』から「うな玉親子重」なる、とんでもないメニューが登場した(税込990円)。

最寄りの「なか卯」ドライブスルーにて。

なか卯32号高知葛島店
(*店舗画像は最近のものではありません)

「あれ?ないぞ……」

店頭の持ち帰りメニューに……

「うな玉親子重」がない……!

持ち帰り不能なのか……!?
「いや、そんなはずはない。なか卯の公式サイトにも持ち帰り可能だと書かれていた……!」

ドライブスルー用の窓越し、店員さんに聞く。
「あ、あの…うな丼と親子丼が一緒になった、みたいなメニューってありますか?」

すると店員さん、合点した表情で言う。
「ありますよ」

「て、ててて、テイクアウトできますか?」
「できますー」

よかったー!

かくして竜一は、「うな玉親子重」を家まで持ち帰ることに成功したのだった……!

なか卯「うな玉親子重」持ち帰り(テイクアウト)。

家に持って帰った「うな玉親子重」。

マジだった……!

なか卯は本当に「親子丼」「うな重」を合体させてきたっ!

親子丼うな重が共存する、圧巻の光景……!

これ考えた人、すごいな……。

「『なか卯』に元々あった、親子丼と、うな重を合わせただけのメニューではあるが、常人ならばそんなことをすると、バチが当たるのではと恐れる禁断の組み合わせ。しかしそれでも合わせてくる……」

そこが、並の開発者ではない……!

▲ 付け合わせには「季節の味噌汁」(税込100円)。

味噌汁は、日本人の心……!
大昔から育んできた、家庭料理の源流!

『なか卯』のドライブスルーで、手軽に昼食を済ませてしまうときも、俺は常に「和(わ)」を、「和み(なごみ)」を感じていたい……。

味噌汁を飲むと、心が和む。

“心が和む”と書いて「和の心」……!
日本人である、ということなんだよ……!

味噌汁をたずさえ……!
いざ!挑む……!

親子丼……! 

うな重!

異形のコンビネーション……!

ウナギ!やわらかっ……!
鶏肉も……溶けるっ……!!

贅沢の極み……!
極まってるよっ……!!

元々、美味しさに定評があり、『なか卯』の主力商品である「親子丼」に、ウナギがのってしまった驚愕のメニュー。

なんでも「うな玉親子重」の発売日と同日の2017年7月27日より、『なか卯』の「親子丼」そのものがリニューアルされているらしい。

以前より……

鶏肉が25%増量……!

……されたんだって!

そのため「うな玉親子重」においても……

鶏!鶏!鶏……!
どこを取っても鶏がいる……!

圧倒的……!
鶏のフォーメーション!

そこにいた!そこにも鶏がいた!
そういう状況で、スペースがない、つけいる隙がない!

▲ 「季節の味噌汁」は、“オクラ”の味噌汁。その時々の具材は、『なか卯』の公式サイト”みそ汁”のページで確認できる模様。


「オクラがたくさん入っている……」

うな玉親子重(990円)に、味噌汁を付けると(1090円)。

『なか卯』で1000円超えか、という気持ちに当初はなったけれど、食べてみると、わりと満足度が高いというか……結構美味しい。

ウナギと親子丼が、驚きの好相性。
「考えてみれば、”う巻き”で、ウナギと卵の相性のよさは、ずいぶん前から証明されているんだよね……」

* 生姜農家の野望Onlineでは、「うな玉親子重」を家でも作ってみたいため、「ウナギ」を募集しています。近くなら取りに行きますので、よろしくお願いします(←ガチやん!)

生姜農家の野望Online!
▼ 応援お願いします(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

「すだちおろしうどん」が今年も販売開始されていたよ!
昨年の記事:「なか卯」夏の風物詩!限定「すだちおろしうどん」親子丼を持ち帰り

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)