【高知市】一人飲みにおすすめのBAR(バー)「ラストチャンス」 | 生姜農家の野望Online

【高知市】一人飲みにおすすめのBAR(バー)「ラストチャンス」

一人飲みが苦手だ。
しかし、よく一人で飲みに行く。

矛盾した話だが……。

私は普段、得意なことしかしていない。「好きなことで、生きていく」なんて言葉が流行る前から、好きなことしかしていないし、得意なことしかしていない。

だから時々、苦手なことがしたくなる。

よく一人で飲みに行く、と書いたが、正確には“よく一人で飲みに行っていた”、である。子どもができてからは、ほとんど飲みに出かけることがなくなった。

久しぶりの一人飲み。

たどり着いたのは、顔なじみのBAR「ラストチャンス」。

高知市帯屋町アーケード街、『金高堂書店』向かいにあるBARで、『ひろめ市場』からも近いため、県外のお客さんも多く訪れる。

がちゃ場放浪記 ラストチャンス

顔なじみのBARではあるが、いまだに一人で行くのはドキドキする。おそらく7年は通っているのに、いまだにドキドキする。

「上手く話せるか、怖いのだ」。

世界はこれをコミュ障」と呼ぶ。

この夜、ラストチャンスにとって一人目の客が“竜一”

つまり店内は、マスターと竜一、二人きり。

還暦を超えた、大人のダンディズム光るマスターからも、若干の「どうしよう感」が垣間見える。

マスターも、竜一のコミュ障っぷりを知っているからだ。

「おおおっ」と驚くマスター。「久しぶりだねぇ」。

そして「何飲む?ビール?」と聞いてくる。

私はこのBARでビールを飲んだことが、ない。

久しぶりだから忘れていたのではない。

マスターは私が週4ほどのハイペースで通っていた頃から、ずっとそうだし、誰に対してもそんな感じなのだ。

テキトー。
いい意味でテキトーなのが、ラストチャンスのマスターだと思う。

「何飲む?ビール?」に、「ハイボールを濃いめで……」と答える私。

作っていただいた、ハイボール。

写真に撮ると、無駄に雰囲気がいい。

飲みながら、テキトーなマスターとする、テキトーな話。終着点が見つからないまま、夜が更けていく。

一人で行っても、マスターがテキトーな話をしてくれる。それがいい。

常連さんも一人で来る人が多く、変わった人が多い(笑)。

コミュ障の竜一でも、一人行けるBAR『ラストチャンス』。

是非、一人で行ってみてください。

今回の竜一のように、単純に一人で飲みたいかたにはもちろん、出会いが欲しいかたにも、おすすめです。

カウンターのみのBARです。横のつながりができる機会も多く、通っていると様々な人と出会えると思います。

かつて私は、ここ『ラストチャンス』で、一人の女性と出会いました。

「ハイボール」を注文する際に、「マスター、ハイボ~ルゥ~」などと、当時放送されていた吉高由里子さん出演の「トリスハイボール」のCMを真似して注文する、変わった人でした。

それから数年……。

その女性は、我が家に帰ると「おかえり」と迎えてくれます。

生姜農家の野望Online!
▼ 応援お願いします(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)

『【高知市】一人飲みにおすすめのBAR(バー)「ラストチャンス」』へのコメント

  1. 名前:土佐モリソン 投稿日:2017/08/29(火) 13:05:44 ID:9c8785abf 返信

    龍一くん お疲れ様でございます。
    今回の内容は夏の終わりに、しっとりさらりとまるで自分の敬愛してやまないユーミンさんの歌詞の様なラストにうっとりしております(笑)
    そういえば数週間前に、某K市Y町で龍一君運転手らしき軽トラと遭遇、私の横の奥方がサンスタで拝見したイメージが強いらしく普段は女装やないのやねと真顔でいうてました。僕も真面目に私服も女装なんて人はテレビなんか出れんぞねと老夫婦なやうな会話をしながらヘイポールで巨腹を満たしました。
    これからもショウガ栽培もプログ執筆も頑張ってつかあさいね

    • 名前:竜一 投稿日:2017/08/30(水) 17:43:05 ID:cad5520b2 返信

      ラストチャンスの話のラストがすごかったですよね?我ながら、文章書くの上手いなぁと思いました(…なぁんて笑)

      K市Y町……香南市夜須町だったらたぶん違いますよ。でも……夜須ではなく、あっちだったら……そうかもしれません(^_^)

      本当は普段から女装しているんですけど、そのときはたまた”よそ行き”の服だったんですね。

      生姜&ブログ、がんばります。
      ちなみに、龍一君ではなく「竜一君」ですので、よろしくお願いします!(笑)